FC2ブログ

カンボジア・アンコールトム(南大門~バイヨン寺院)

2018/04/07 (4日目) 続き

9:20 南大門をくぐります。アンコール・トムを囲む12㎞の城壁は高さが約8mもあります。

アンコール・トムの城壁


南大門の裏側です。一番上は観世音菩薩が四面にあり四方を見つめていますが、その下、門の右の所には象の像があります。言われてみないとよく分からないのですが、体は1つ、頭が3つあり、よく見ると、上に雷神が乗っています。

南大門裏側


9:25 バスに乗ってバイヨンまで移動します。
9:30 バイヨンに到着です。ここからはしばらく歩いて見学です。バイヨンの見学は東側から、入口付近は修復工事中で、これは1994年から続く日本国政府アンコール遺跡救済チームによる修復工事の第五フェーズと現地の看板に書かれていました。

バイヨン東門前テラス


バイヨンはアンコール・トムの中央に位置する12世紀末の仏教寺院です。これまでの寺院はヒンドゥー教でした。時の王ジャヤヴァルマン7世は、アンコール朝でも最も栄華を極めた時代の王として有名です。

バイヨン寺院


このバイヨンは至る所観世音菩薩を四面に配置した塔があり独特の世界観があります。遠目に見ると、その顔には気付きませんが、寺院を後世する石のあちこちに顔があるのはズームすればすぐ分かります。

観世音菩薩の四面塔


そうした石造りの寺院ですがズームで見るとあちこちにサルがいるのに気付きました。
多くのサルが住んでいるようです。

バイヨンにはサルがいっぱい


東門のあたり、デバターや、薄っすらとしたアプサラの彫刻が見られます。

デバターとアプサラの彫刻


ガイドさんが最初に説明を開始したのは、こちら第一回廊の東面の壁画彫刻です。
チャンパとの戦いの行軍が描かれています。巨大な彫刻です。

第一回廊の壁画彫刻


かなり細かく彫り込まれています。この辺りは食料配給部隊ですかね。

クメール軍の行進


生贄にされる水牛も確認できます。水牛の血の入った酒を飲むと戦いに勝てると信じられていたようです。

生贄の水牛など


第一回廊の内側に入ります。バイヨンの遺跡には順路のようなものがありません。迷子にならないよう注意してとガイドさんは言います。ちょうど正月前で学校も休みだし地元の人も多く、観光客でいっぱいなのです。

バイヨン第一回廊内


バイヨンは須弥山を象徴とするようなピラミッド型をしているものの、複雑な構造になっていて、この先は階段を上って第二回廊内に入ることになります。所々デバターなど彫刻が見られます。

階段で中心部へ


観光客が気軽に腰を下ろしている石もよく見れば修復待ちの遺跡の破片です。
元々どんな構造の寺院だったのか、謎の感じの建造物ですが、おそらく最初から今の形を設計したのではなく、増築して複雑になったのではという背景もあります。

遺跡の破片に座る観光客


階段を上がって行ったら近くにサルがいました。人の近くにいる割りにはそんなに悪さをするサルではないようです。

バイヨンに暮らすサル


既に自分がどこを歩いているかわかりませんが保存状態のいいきれいなデバターを発見。前の人を見失わないように先へ進みます。

美しいデバター


そして第二層のテラスを歩きます。どこを向いても観世音菩薩の四面塔だらけです。
まず少し歩けば、方角を見失うこと間違いないです。

四面の観世音菩薩だらけのバイヨン第二層テラス


次回は続きからバプーオンをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわです。

これ、すごいですね!!!
いやあ!ほんま、
ええもん見させていただきました。

こんなもんが、残っているんですね。
目が洗われましたです。

Re: No title

こんにちは!

天気がどよーんな感じだったので、写真的にはイマイチですが
すごい空間ですよ。さすが宇宙の中心と表現されていただけあります!

こんにちは♪

初めまして!
5年くらい前にベトナム・カンボジアに行きました。
とても懐かしく拝見しております。

以前のアメブロが、その日の過去記事をお知らせしてくれるので、ちょうど思い出して見ているところなんですよ!

Re: こんにちは♪

はじめまして!コメントありがとうございます♪

自分の行った場所を他人の目で見るのも面白いですよね!
いろいろなエピソードを思い出したり。
私の場合、また行きたくなってしまうという誘惑に駆られてしまうのが難点ですけど(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR