FC2ブログ

カンボジア・ロリュオス遺跡群プリアコー

2018/04/06 (3日目) 続き

8:50 アンコール遺跡群の観光はまずこのチケットセンターで入場券を作ることから始まります。
新しいチケットセンターは前より遥かに立派なもので、待ち時間も少ないです。

アンコール遺跡群の新しいチケットセンター


ここで写真を撮って入場券を作ってもらいます。遺跡に入る度にチケットチェックがあるので、シェムリアップ滞在中は失くさないようにしなければなりません。カードケースをガイドさんから1ドルで買うこともできます。

写真入りの入場券を造ります


9:00 チケットが発行されたら、ロリュオス遺跡群へ向けて出発です。東の方へ向かいますが、町を離れると、すぐに何もない大地が広がっています。ロリュオス遺跡群は前回のアンコール訪問に含まれていなかったため私も初めて、期待しています。

シュムリアップの町の東


9:25 最初の遺跡、プリアコーに到着です。ここはアンコールの遺跡の中でも最古の寺院、879年創建、最初に見るのにふさわしい場所かも知れません。

プリアコー正面


遺跡脇でバスを降りると、お土産屋の辺りから小さな物売りたちがいっぱい出てきます。
小さい子は2歳くらいから、みんな裸足です。スカーフやバナナを売っているようですが、最初から馬鹿みたいに安い値段です。ここはアンコールワットなどに比べると訪れる人が元々少ないのか、観光客の数より土産売りの子どもの数の方が多いです。

プリアコー遺跡の端にお土産屋が少しある


元々は城壁のようなものや、堀があったそうですが、今はそうしたものもなく、門なども崩れています。そしてこの遺跡には立ち入り禁止区域のようなものはなく、遺跡の中を好きに歩くことができます。

プリアコーの東楼門付近


遺跡が一番綺麗に見える角度はここかな?正面から見たら3つと思っていた祠堂ですが、裏側にもう一列あり、6つありました。手前の祠堂が王のためのもの、奥が王妃のためのものらしく、この寺院を建てた王が先王に捧げたものと言われています。

プリアコー遺跡


寺院の名、プリアコーの由来、聖なる牛の像です。シヴァ神の乗り物聖牛ナンディンの像が祠堂と対になるように並んでいます。

聖牛ナンディンの像


それでは基壇に上って祠堂をじっくり見てみましょう。まぐさの彫刻が素晴らしいですよ。
細かいので近付いて見れるのはいいいですね。

まぐさの細かい彫刻


この寺院は、焼きレンガ、ラテライト、砂岩で造られています。そして、漆喰で装飾されていたそうですが、ほとんどは残っていません。所々残っています。

漆喰はほとんど残ってない


祠堂の中を覗いてみます。壊れていますね。元々は、男性の象徴と女性の象徴をかたどったものがあったそうですが、現在は女性の象徴の台座のようなものが残るだけです。この中央祠堂以外の建物もほとんど壊れていて、一番の原因は木ですが、後は戦争や盗掘などもありました。

祠堂の中


祠堂の壁には、まるで書いたばかりのようにくっきりと文字も残っています。石に文字を刻むというのが後世に何かを残す方法として最も有力な手段のようですね。

文字はきれいに残っている


祠堂は正面側だけ穴が開いていて、後は偽の窓や扉のような装飾があります。レンガが剥きだしになったような場所はきっと木の枝や根に寝食されていたのでしょうね。

祠堂の周りの装飾がきれい


元の姿を想像するのはちょっと難しいですが、時代が古い割りには、その荘厳さを残していると思います。気ままに祠堂の間を歩き回ると古代ロマンに浸れると言いたい所ですが、現実はちょっと違います。とにかく蒸し暑くて汗ダラダラなのです。

6つの祠堂が残るプリアコー遺跡


熱中症に最大限の注意をしながら、見るべきものを見るので精一杯。暑さは体力だけでなく、気力も奪うので、これだけは見たいというものをある程度絞って見る必要があるかも知れません。

細かい彫刻が見所


9:50 プリアコーの見学は終了です。遺跡観光中自分たち以外の観光客はほんの数人だけでした。じっくり見れるし、穴場の遺跡のようです。しかし見学が終わり次第、我先に争うようにバスに戻ります。

次回はバコンをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

^^

1600年前後。多くの日本人が海外へ流出していたらしいので。そこらに。ちょんまげ姿の人が歩いていたかもしれませんね^^

Re: ^^

そういえば、最初にアンコールワットに落書きした日本人は1600年代の人ですね~。
この辺りはアンコールワットよりも300年以上古い都の跡なので、当時は密林だったかも知れませんからどうかなぁ。


プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR