FC2ブログ

カンボジア・プノンペン(シルバーパゴダ~国立博物館)

2018/04/05 (2日目) 続き

10:15 シルバーパゴダの敷地内に入りました。まずは周壁に注目、壁には美しいフレスコ画が延々と続いています。

シルバーパゴダの回廊


題材はラーマーヤナ、あらすじしか知らなくても十分見応えがあります。しかし、現地係員の説明を聞いている間に、立っているのがしんどくなってきました。体調の悪化をはっきり認識した瞬間です。

フレスコ画の題材はラーマーヤナ


先に見える白い塔のようなものはお墓です。このパゴダを建立したノロドム王のものだそうです。

ノロドム王の墓


シルバーパゴダは中心の建物、内部は靴と帽子を脱いで入場見学できますが、写真撮影は禁止です。寺院と言うよりは、宝物殿といった感じで、純金でできた何かとかがたくさん置かれています。パゴダの本当の名前の由来であるエメラルドの仏さまも見ることができます。

シルバーパゴダ


このパゴダの見学中でした。室内にも関わらず、私は気持ちが悪くなってしまったのです。何度も体験しているので分かりますが、熱中症です。母が暑い国に行けるかを試すという目的もありましたが、それ以前に私がダウンです。まだ遺跡見学をしたわけでもないのに、情けない話です。パゴダを出て正面にはノロドム王の騎馬像があります。

ノロドム王の騎馬像


出口の近くにあるこちらの墓はシアヌークの墓と説明されました。元々はシアヌークの娘の一人、カンタ・ボパの墓です。シアヌークの遺言で、新しい墓を造らず娘と一緒にとのことだったそうです。この説明を聞くころにはもう立っていられず、地べたにしゃがみ込む始末です。

シアヌークと娘の墓


10:50 シルバーパゴダの出口で、水ボトルを無料でもらえます。王宮ブランドです。どうせくれるなら先、もしくは途中で欲しかったと思いましたが、飲物をバスに置いてきてしまった私はなんとか一口飲みます。

バスに乗り、ほんの5分ほどで近くの国立博物館へとやってきました。赤い印象的な建物です。バスの中で一息ついた私ですが、外で出たら、やはり立っていられないし、吐気がしてきました。入場して、イヤホンガイドが配られる間に、具合悪いのでトイレを教えて欲しい、しばらく休憩してから追いかけますと現地ガイドさんに言いに行こうとしますが、もう我慢できないため、近くにいた方に伝言を頼みグループを離れました。

国立博物館


トイレは入口近くの階下にありました。せっぱ詰まった感覚としてはお腹ピーピーでもうダメ、と思うのと同じ感じです。ただお腹ピーピーと違って、簡単に吐いてすっきりするというのも難しいので、落ち着いて対処するしかありません。

その後マイペースで何とかピークを乗りきったら、入口のガルーダ像の脇で一休憩です。
国立博物館内、ガイドブックでは撮影禁止と書いてあり、あちこち禁止マークもありますが、現地ガイドさんが写真撮影OKと言いました。

ガルーダ像


少しよくなってから皆の後を追いかけます。当然、最初の部屋にはもういません。年代ごとに展示されていて、最初は青銅の美術品などが展示されています。

ブロンズ作品


プレ・アンコール朝の作品群の所で、皆を見つけました。
こちらは9世紀の逸品、8本腕のヴィシュヌ神です。

8本腕のヴィシュヌ神


国立博物館はそう広くはなく、中庭を囲むように建物があり、時計周りに一周する形になっています。中庭側にもたくさん芸術品が置かれています。このように吹き抜け状態なので、室内も涼しい訳ではありません。

国立博物館の中庭


この博物館はクメール朝の芸術品の宝庫です。ですが、おもしろいものもあるなぁ、まるでサルがチュ―しているみたい、そう思ったのは真ん中の作品です。ガイドさんの説明によれば、ラーマーヤナに出てくるサルの喧嘩がモチーフだと。チュ―と喧嘩じゃえらい違いです。芸術を見る目がないことを改めて認識します。

ラーマーヤナの猿の喧嘩


こちらは横たわるヴィシュヌ神の胸像。実際はかなりの大きさです。
元々胸像だった訳ではなく、胸から下は浸食で修復不可能だったということです。

ヴィシュヌ神の胸像


こちらも有名なジャヤヴァルマン7世像、12世紀のもので、アンコールトムで見つかったものです。なかなか端正なお顔立ち、賢そうな王様ですね。

ジャヤヴァルマン7世像


そしてカンボジアと言えば、やっぱりナーガですね。見応えのある芸術品が盛りだくさんです。
遺跡に現存するものはこんなにきれいではないので、保存する意味でもこうした博物館の存在は大事です。

ナーガ


次回は続きからトゥールスレン博物館をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR