FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(梅浜の午後~成年園~14号別荘)

2018/05/04 (6日目) 続き

13:30 幼年園のランチタイムを見た後、朝からパンダを渡り歩いてきた私たちもやっと休憩の時間です。この時間までは体がひとつでは足りないと思えるほど、成都パンダ基地内では見所が多いのです。他の日本人の方たちと解散し、太陽産室近くの休憩スポットで持参の栄養調整食品など食べながら足を休ませます。

14:45 休憩中に再合流した、今回初めて成都パンダ基地にいらした浜家ファン(白浜生まれのパンダのファン)の方と再びパンダを見て周るためにベンチを立ちます。ダンナはもういいというので、置いて行くことにしました。最初に、亜成年園の梅浜(めいひん)の所へと来ました。午後は寝ているパンダが多いですが、運よく梅浜は起きていました。

梅浜


台に登った梅浜、残っていたタケノコを食べます。ここはパンダ基地の中で奥まった所なので、お客さんは少なく、パンダの前に人がいないこともしばしばある場所です。自分の前から動かない人間を見て、自分のファンだと気付いたのでしょうか?いい顔をして食事シーンを見せてくれます。

タケノコ食べる梅浜


そんなにお腹が空いていた訳ではなかったのか、またはタケノコがあまり残っていなかったのか、食事の手を止めのんびりと体を掻いたりしています。梅蘭(めいらん)はママの梅浜によく似ているという人が多いですが、まじまじと見るとどうでしょうか?娘は顔がはち切れんばかりに丸くて、まだ子供顔ということもあり、なんとも言えません。

体を掻く梅浜


やがて台を下りて茂みの中に消えた梅浜を追いかけ階段通路を上ります。梅浜の暮らす庭は傾斜地になっていて、庭に沿った通路は階段になっているのです。蚊なども多く、山にハイキングに来たような気になる場所です。草むらの中からこちらを見る梅浜、自分の庭を案内しているかのようです。

草むらの中から顔を出す梅浜


あちこち散歩する梅浜、私たちは休憩後だからいいものの、それでも階段を上ったり下りたりするのはしんどいので、梅浜の行く先を推測しながら追いかけます。時々立ち止まってちゃんと顔を見せてくれます。

庭中散歩する梅浜


梅浜はついに自分の庭の上の端まで来ました。壁の右側には喜蘭(しーらん)が住んでいます。
梅浜が住むこの庭は広いのですが、食べ物が設置されているのが下の方なので、今まで上の方でパンダを見た事はありませんでした。広い庭を隅まで散歩している姿を見て、やはり飼育下で生まれたパンダでも、ある程度の広さのこうした自然がある成都基地はパンダにとっていい所だろうと思いました。

喜蘭との壁まで来て引き返す梅浜


やがて梅浜は茂みの中で座り込みました。草を食べています。これが本当の道草?
そう言えば、娘の梅蘭もよく庭で草食べています。食べ物を自分で選べるというのも良いことのような気がします。

道草する梅浜


そのうちまた茂みの奥に消えて梅浜が見えなくなりました。通路からの奥行きがそんなにある訳ではないのですが、人間から隠れるのには十分容易な程の庭です。階段を下りて下の方へ行って、ようやく見つけました。この写真の中央付近、壁の前にいるんですが、あの大きくて目立つパンダがほとんど見えませんね。

森の中に隠れている梅浜


ズームで確認します。今度は細い木の枝を食べているようです。この庭をエンジョイしているようで安心しました。なので、まさかこの4日後に地方動物園に行ってしまうとはこの時は思いもしていませんでした。第一子を産んだ後に次の繁殖に参加せず地方行きになるとは、多くのファンがショックを受けたことでしょう。まだ若いので、また基地に戻ってきてくれる事を期待します。

木の枝を食べていた梅浜


15:10 梅浜がパンダ舎の裏側の方へ行き見えなくなってしまったので、次は今日まだパンダを見ていない成年園へ行くことにしました。

成年園には4つの庭があります。これは多分成年園で撮った写真だと思うのですが、果たしてあなたはどなた?娅韵(やーゆぃん)だったかな…。上級者なら木を見てどの庭と分かるのでしょうが、私はまだ精進が足りません。娅韵だったら、この後6月5日に初めての出産をしています。

娅韵か


そして次はお食事中のパンダです。科琳(くーりん)かな?午後になって疲れてくると、どうしてもパンダのアップだけ写真を撮ってしまい、どこで撮ったか分からなくなります。私から見ると娅韵と似てるので、時間が経つとどこで撮った写真か分からず見分け困難です。科琳だったらこの後、6月16日に出産しています。

科琳か


繁殖に参加すると産室に行き、お見合いをするのですが、その後出産の兆候が現れるまで、産室以外の成年園などで暮らすこともあります。その隣と思われるパンダは見える所にはいましたが、ひどい格好で寝ています。かなりお腹が黒いパンダですが、これでは誰だか分かりません。ネームプレートもないので、見分け不能とメモします。

判別できないパンダも多い


成年園最後の庭には迎迎(いんいん)がいますが、散歩中でブレブレ写真しか残っていませんでした。動きの速いパンダを撮るには私にはテクニックが足りません(というか皆無)。
15:30 迎迎の対面、幼年園にパンダの姿がないので、室内を覗いてみたら、もう部屋に戻っていました。今日はパンダには気温が高いので、早めに収納したようです。皆昼寝タイム、福順(ふーすん)は、食事中にそのまま倒れこみましたという格好で寝ていました。

食い倒れ福順


さて、もう一か所まだ行っていない所が残っています。14号別荘です。ここは狭い室内がそのまま展示用になっています。寝ています。勇勇(よんよん)を見たとメモしてありましたが、果たしてこれだったか…。

14号で寝てるパンダ


他にもこんな格好して寝ているパンダもいます。誰だか判別できるヒントは全くありません。

14号で寝ているパンダ


外にも庭があるのですが、一番端以外はほとんど見えません。14号別荘は設備も古くて狭いので、パンダファンからは環境が悪いと評判です。外のパンダをズームで撮りましたが、唯一ネームプレートのあった二丫頭(あるやーとぅ)でしょうか?自信はありません。名前が分からないと、ただのパンダですが、名前が分かればいつどこで生まれ誰の親戚とか分かるので見る時の食い付きが全然違ってきます。正しいネームプレートを全部に付けてくれるか詳しい人と見ないと、楽しさ半減です。

14号外で寝ているパンダ


次回は続きから夜の成都などもレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR