FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(一号別荘~月亮産室)

2018/05/04 (6日目) 続き

11:40 一号別荘最後の庭に来ました。ここには2016年生まれのパンダ5頭が一緒に暮らしています。幼年園の1班、2班、に続き、ここのチームは3班と呼ばれています。さぁ、どこにいるかな?
子パンダたちを林の中の木の上に発見しました。見えますか?3頭います。

一号別荘の林の中に隠れる子パンダたち


肉眼で難しいのでズームで確認、手前の木にいるのはちょっとアイパッチの間が離れた特徴的なお顔、雅竹(やーじゅー)ちゃんです。日本のパンダファンからは「ブヒ」と言われ、中国のファンからも中国語でブタを意味する猪の字を使って呼ばれます。奥の木を2頭が争っているようです。

雅竹


残りの子はどこかな?とても見やすい木の又で寝ている子がいました。成実(ちぇんすー)くんです。赤ちゃんの頃は黒い部分が薄い灰色ではかないイメージでしたが、もうすっかり普通のパンダです。

成実


後はどこ行った?広い庭をあちこち探すと、パンダ舎前で2頭が並んで寝ていました。
文文(うぇんうぇん)くん、雅竹ちゃん、雅韻(やーゆぃん)ちゃんのうちの2頭です。雅竹と雅韻は双子姉妹で、3頭はパパが乔乔(ちゃおちゃお)、ママ同士が双子のため、3頭ともよく似ています。正面から見れば見分けられますが、これだと自信を持って判別できません。

乔乔の子たち


ということで、奥の木の上にいた片方が残る園月(ゆぇんゆぇ)ちゃんだと判明しましたが、顔は見えません。園月は都江堰パンダ谷にいた園満(ゆぇんまん)と双子です。この時間パンダはもうお昼寝の時間なので、次は月亮産室へと向かいましょう。2号別荘に戻る途中にある吊り橋コースで向かいます。

月亮産室に行く吊り橋


11:55 月亮産室に来ました。吊り橋コースから来た場合は、室内展示場から周ります。4つある室内展示場の両脇はその横にある中庭とセットです。吊り橋側の中庭も室内展示場も使われていませんでした。内側の2つの室内展示場はセットになっています。こちらは福福(ふーふー)かな?

福福


福福は中心系出身の雄パンダで、双子の祥祥(シャンシャン)は初めて野生に戻ったパンダとして有名です。残念ながら他のパンダとの争いに敗れ亡くなってしまいました。福福は血縁のいない成都パンダ基地に来て、繁殖に貢献していますが、お尻の毛がごっそり抜けているようです。
ちゃんとまた生えると思いますが、どうしたんでしょうね。お見合いの時に雌パンダにやられたのだろうかなどと想像してしまいます。

はげてるお尻


4つ目の部屋には成大(ちぇんだー)と思わしきパンダが寝ていました。2011年生まれですが、2017年に出産した若いママパンダです。子どもは今一緒にいないので、外に他の子たちといるのかも知れませんね。

成大


その先には、保育室などが並びますが、今年はまだ赤ちゃんが生まれていないので使用されていません。外に出て庭側を周りましょう。外に出るとパンダのいる庭の手前に小屋があります。ここでは成都パンダ繁殖研究基金に寄付を受け付けています。寄付金額によって記念品などをもらえます。人気のあるパンダをモチーフにしたぬいぐるみがあり、これ目当てで寄付する人も多いです。

パンダ基金に寄付する場所


さてその小屋の次にある開けた見やすい庭にいたのは、小Y頭(しゃおやーとぅ)でした。
ここは子育て中のママがいることが多いですが、2017年に小馨(しゃおしん)ちゃんを産んでいます。

小Y頭


その2017年生まれの子どもたちはと言うと、小Y頭のすぐ隣が月亮産室の幼稚園となっています。小馨もいますよ。どこか分かりますか?写真中央やや左上の木の上です。

月亮産室幼稚園


この2頭のお気に入りの木です。小馨と青青(ちんちん)、よく似た感じのかわいい女の子たちです。いつもこの木にこうして寝ているので、コアラと揶揄されています。双子じゃないのに、よく似ていて、素人目に見分けるのは大変、上にいる方がどっちと決まっている訳ではないのも悩ましい理由です。

コアラ中の青青と小馨


こちらが下の子、青青の方かなぁ?青青と言えば、都江堰熊猫楽園にも同じ名前のパンダがいます。同じ系列内では生きているパンダの名前が被ることはないと思いますが、別系統だと名前が被ることがあり混乱します。

たぶん青青


こちらが上の子、たぶん小馨の方だと思いますが、自信はありません。どっちもかわいい、ということでいいでしょう。この子たちが地上にいるのを見たければ、朝一でここに来る必要があると思いますが、途中にはたくさん他のパンダたちの誘惑があり難しいです。

たぶん小馨


あまりにかわいいので、ついつい足が固まってしまいますが、昼過ぎには幼年園に戻らないとパンダ釣りを見過ごします。先を急ぎましょう。次へ行こうとしたら、幼稚園の庭にもう1頭赤ちゃんパンダがいるのを発見しました。成蘭(ちぇんらん)くんかな?

たぶん成蘭


次回は月亮産室の続きから幼年園に戻るまでをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR