FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(太陽産室~二号別荘)

2018/05/04 (6日目) 続き

10:00 高台へ行く前に、先ほどあまりパンダを見れなかった太陽産室を一周してから行くことにしました。太陽産室は、お見合い、出産、子育てが行われるパンダ舎で、屋外の7つの庭を見ることができます。室内の子供部屋と保育器のある部屋はガラス越しに見れます。

成都パンダ基地に2つある産室のうち、太陽産室は入口に近いので観光客が多いです。混んでいる時は、パンダ舎側から時計周りに見学しましょう。一番目は幼稚園と呼ばれる庭です。ここは現在母子展示となっていて、写真真ん中辺りにママパンダが寝ているのが見えます。

成都パンダ基地幼稚園


幼稚園の庭は現在交代で使われていますが、今日のママは妮妮(にーにー)です。日替わりでパンダが変わりますが、ネームプレートは毎日取り換えられていないので、素人には見分けはできません。ここはライブカメラにも映るので、私も詳しくなって見分けが可能です。

妮妮i


子どもたちは朝と同じ場所で寝ています。妮妮が2017年に産んだ双子、妮可(にこ)くんと妮娜(にーな)ちゃんです。生後9か月、ぬいぐるみのようです。

ニコニナ


同じ木に仲良く寝ていますが、こちら上にいる子。この双子は足の先に白い毛があるのですが、ちょうど見えません。なので、双子のうちのどちらか私には見分けることができません。

ニコニナのどちらか


こちらが下にいる子。足の先に白い毛があるのが分かりますか?
白い毛の量がちょっとずつ違うのですが、はっきり見えないので見分け不能です。

ニコニナのどちらか


さて、隣の庭へ移動します。こちら第二活動場と呼ばれているそうです。
ネームプレートは娅仔(やーざい)とありましたが、どう見ても違いそうです。成都パンダ基地ではネームプレートはあまりあてにできません。このパンダさんはアイパッチが小さく、顔の余白が多いですね。たぶん慶賀(ちんふー)です。

慶賀


次の第三活動場には、雅莉(やーり)と乔乔(ちゃおちゃお)のネームプレート。この写真では判別できませんが、現地で見た時その場にいた人の間で乔乔と結論付けたみたいです。野生出身の雄パンダです。大人のパンダは同じ庭に2頭いることはないので、ネームプレートが2つあっても、パンダは1頭だけです。

乔乔


第四活動場にはネームプレートが出ていませんでした。ですが、よく知っているパンダがいました。奇福(ちーふー)、最愛の七喜(ちーしー)のママです。

奇福


これから寝る所のようです。七巧(ちーちゃお)、七喜は元気だったよ、と報告します。
奇福はどちらかというと小柄なパンダなので、既に3歳の娘たちはママの体重を追い抜いているようです。このちょっとアイパッチが離れたような顔はコミカルな感じもして他のパンダと見分けやすいです。

奇福


このポーズで寝るのかな?よくよく顔を見ると、1年くらい前までは七喜の方がママに似ていると思っていましたが、今では七巧の方がママに似てきたような気がします。産室にいるということは今年も繁殖に参加しているのでしょうね。飼育下の場合は2年おきが標準です。

奇福


第五活動場では奥の方でパンダが食事中です。この辺りは庭の奥行きがあり、奥の方にいるパンダを見るのは大変です。ネームプレートは功仔(ごんざい)とありますが、実際にいるパンダは違うようです。成績(ちぇんじー)だろうと結論付けました。グレーの子パンダを産むことで有名なパンダです。

成績


第六活動場も奥の方で食事中で、ズームでパンダを観察します。ネームプレートが成績となっていますが、隣にいたので、あなたは誰?
2012年生まれの園潤(ゆぇんるん)です。私が四川ツアーで初めて成都パンダ基地に来た時に幼年園にいたパンダです。あれから3年近くが経ち、当時まだ子どもだった園潤が産室に暮らすようになりました。(※今年7月31日赤ちゃんを出産しました)

園潤


そして7番目の庭は母子園と呼ばれています。太陽産室では2017年生まれのパンダが少なかったので、今は母子ではなく、艾莉(あいり)というパンダが暮らしています。朝から顔を見せずに寝ています。

10:25 さて、太陽産室を一周したので、次は高台のエリアに移動しましょう。ちょっと近道をして二号別荘という所へと向かいます。11:00ごろにそこではパンダ釣りがあるので、ちょうどいい時間です。二号別荘には4つの庭がありますが、パンダ舎からすぐ右には2015年生まれのパンダたちが暮らしています。パンダ舎の側に5頭が固まっていました。

二号別荘の15年組


もう1頭いるはずですが、どこだろう?離れたところで寝ていました。こちらアイパッチが小さく余白が多いので、すぐに誰だか分かります。慶賀の子、点点(でぃえんでぃえん)です。日本のファンからは「おとうふ」と呼ばれています。双子の弟で白いからです。しばらくパンダたちを見ながらパンダ釣りを待ちます。

おとうふ


11:10 パンダたちも私たちも待っていたパンダ釣りの時間です。庭を仕切る塀の上に作られた飼育員さん用の通路に、飼育員さんがやってきました。パンダたちのうち3頭は、すぐに駆けつけました。私たち日本からのパンダファンは待ち合わせた訳ではないのに、全員ここに集合して、この瞬間を待っていました。皆でいいポジションを陣取ってパンダ釣りを見学です。

パンダ釣りするよー


次回は二号別荘のパンダ釣りをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

あれ~~
パンダが木に登るのでも びっくりしましたが
木の上で寝るんですねΣ( ̄□ ̄; !

ayaさんはパンダだと思ってるが
もしかして
コアラじゃないんですかヾ(・・;)ォィ(笑)

Re: こんにちは!

特に親離れしていない子パンダは木の上で寝ます~
でも、もしかしたら、パンダの子はコアラかも知れません~

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR