FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(朝の亜成年園~幼年園)

2018/05/04 (6日目) 続き

8:40 幼年園を離れ、日本人パンダファンの方数人と一緒にすぐ近くの太陽産室へと来ました。しかし太陽産室のパンダたちは、既に朝食が終わって寝ているか、まだ外に出てきていないかのどちらかです。一番端の幼稚園と呼ばれる庭では、子パンダも既に木の上で寝ています。2017年生まれの双子、妮可(にこ)くんと妮娜(にーな)ちゃんです。

成都パンダ基地の木の上のニコニナ


次はどこへ行こうかと相談し、成年園、亜成年園の方へ行くことにしました。成都パンダ基地に初めて来られた方もいるし、他の方と一緒だとパンダの見分けも精度が上がるので助かります。
成年園は幼年園の隣にあるので、再び幼年園を通ると、もう皆あちこち寝に行ったようです。2班の庭を歩く福順(ふーすん)が顔を見せてくれました。

お散歩中の福順


9:00 成年園はまだ外にパンダたちが出ていなかったので、そのまま亜成年園へと向かいます。
亜成年A区、ネームプレートは、雄浜(ゆうひん)と奇珍(ちーじぇん)、手前側の見やすい庭にいるのは雄浜のようです。和歌山アドベンチャーワールド生まれの浜家長男です。

雄浜


奇珍がいると思われる庭は通路から見辛く、パンダの姿は確認できません。そのまま亜成年園B区へと向かいます。広大な森が広がり、パンダを探すのは大変です。B区まで来たら、パンダたちがまだ食事中でした。美輪(めいるん)・美奐(めいふぁん)、2013年アトランタ生まれの双子姉妹です。最愛の七喜(ちーしー)の父方の叔母さんたちなので、七姉妹によく似ています。

美輪・美奐


B区にある次の庭はほとんど通路からパンダが見えません。次はB区の室内展示場です。
ここにはネームプレートがないので、あなたは誰状態です。その場にいた誰も自信を持って誰と言えません。後日、毛毛(まおまお)ではないかと教えてもらいました。

たぶん毛毛


そしてB区で一番奥の庭へと向かいます。ここは斜面に細長い庭があります。階段通路からパンダを見ることができますが、いたのは和歌山生まれの梅浜(めいひん)でした。
一心不乱にお食事中で、あまり顔をあげてくれません。

梅浜


梅浜は幼年園で暮らす梅蘭(めいらん)のママです。梅蘭とは早くに離れ、別のママの産んだ子の世話をしていましたが、子育てから早めに解放され、のびのび暮らしています。(※この数日後に河北省にある唐山動物園に移動してしまい今は成都にいません。)

私はいまだアドベンチャーワールドに行ったことがないので、梅浜に出会ったのも成都ですが、わざわざ成都まで来る日本人のパンダファンは赤ちゃん時代から成長を見守っている人も少なくありません。初めて成都に来た方は梅浜を見れて、とても嬉しそうでした。ここは観光客の多い成都パンダ基地の中でも訪れる人が少ない場所なので、パンダにとってはいい環境だと思います。

食事に夢中の梅浜


梅浜の庭に沿った階段を上がると、A区の端に出ます。ここにいたのは喜蘭(しーらん)でした。2008年アトランタ生まれ、美輪・美奐の兄です。やはりこの一家特有の頬毛フサフサ顔です。

お食事中の喜蘭


女の子みたいなかわいい顔しています。喜蘭のお兄さん、美蘭(めいらん)が七喜のパパパンダです。美蘭はアメリカにいる間は女の子として育ったのに、成都では繁殖に大活躍でたくさんの子のパパになっています。お陰で次男の喜蘭には出番が回ってこないようです。

かわいい喜蘭


ですが、喜蘭は中国でもとても人気があり、パンダファンから二爷と呼ばれています。旦那様とか、若くてハンサムな愛人といった意味らしいです。どうですか、よく見るときりっとした男前ですね。長男が繁殖に活躍し過ぎると、同父母を持つ弟たちにチャンスがなかなか来ないですが、いつか喜蘭の子も見てみたいです。

カッコいい喜蘭


9:50 幼年園に戻ってきました。もう子パンダたちは好きな場所でそれぞれ寝ています。
木の上や、木の台の上などに白黒がちらちらと見えます。ここは2班の庭の方ですが、塀の向こうの1班も含めて、写真には4,5頭写っていますよ。

お昼寝どきの幼年園


福来(ふーらい)は、お客さんに見えやすい場所で、顔を見せて寝ています。
七喜の幼年園時代にそっくりです。

顔を見せて寝ている福来


1班側に来ました。私のお気に入りの奇一(ちーいー)は左の展望台の上にいます。すぐ下にも誰かいますね。そして、右の方では細い木の上に誰かが寝ています。子パンダは木の上で寝るのが得意です。

1班もお昼寝タイム


周りの人々がもっと上の方を見ていると気付き、もっと引いて撮ってみます。さらに高い所にもう1頭パンダがいました。1個上の写真の中央やや右にある木の遥か上方です。普通、パンダは木から落ちたりしませんが、枝が折れたりすれば落ちますから、ちょっとハラハラします。

高い木の上に子パンダ


肉眼では見えないので、ズームで確認、一番高い所にいるのは、星輝(しんふぃ)か星繁(しんふぁん)のどちらかですね。星輝かなぁ?人々の心配をよそに曲芸ごっこをしているようです。

たぶん星輝?


右の方の木の真ん中辺りで寝ているのは、梅蘭のようです。梅蘭は5月生まれで他の子たちよりも一回り大きいので、顔が見えなくても分かりやすいです。そろそろその木は体重に耐えられなくなりそうだよ?

木の上で寝ている小梅ちゃん


次回は太陽産室をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR