FC2ブログ

中国・都江堰パンダ谷②

2018/05/03 (5日目) 続き

11:45 お目当てだったパンダ奇果(ちーぐぅ)の前でしばらく足を止めます。池に入った奇果は、池の縁に顔を置いて何か考え事をしているようです。

池でくつろぐ奇果


ここはパンダ谷の3号別荘の一番奥、今現在はここまでしかパンダ舎が造られていませんが、計画の1/3しかまだ出来上がっていないので、将来は谷の奥の方まで拡張される予定です。ここは野生化研究施設ですが、その割にはパンダの庭が小さく、観覧通路からの距離がとても近いです。この裏側にある山が半野生化訓練区になっていて、おそらくそこに星辰(しんちぇん)と和雨(ふーゆー)という2016年生まれの女の子たちが訓練中だと思われます。

都江堰パンダ谷3号別荘の奥の庭


奇果は池から上がりますが、まだ眠たくないようです。ママと友達は寝ているので、一人でハンモックの所で遊びます。お友達の園満(ゆぇんまん)は奇果に乗られても起きる気配はありません。

ハンモックで遊ぶ奇果


ほつれた紐を噛む奇果、この顔は、双子姉の奇一(ちーいー)とそっくりです。
奇一は私のお気に入りパンダですが、おもしろパンダとしてもパンダファンからとても人気があります。奇一は成都パンダ基地の幼年園で同級生たちと仲良く暮らしています。

変顔になってる奇果


ハンモックになかなか入れずに苦労している奇果の動画もあります。



奇果はまだママと生活をしています。こちらがママの奇縁(ちーゆぇん)です。恐らく食べている途中に眠くなったのでしょうかね、大胆な格好で寝ています。奇縁は白浜のアドベンチャーワールドのママパンダ良浜(らうひん)の姉で、私の最愛の七喜(ちーしー)のお祖母ちゃんでもあります。オルドスの孫たち元気だったよと報告します。
子育て中のママしか確認できない、乳首が4つあるのがはっきり分かります。

寝ている奇縁


奇果は小腹が減ったようです。残飯あさりにやってきました。もっと小さい頃から双子姉の奇一より一回り大きかったので、結構な食いしん坊なのだと思います。

食いしん坊の奇果


園満も起きました。この子も双子で園月(ゆぇんゆぇ)という姉がいます。野生化候補に選ばれなければ今も双子姉妹は一緒に暮らしていたかも知れませんが、離れて久しいので、もう奇果と園満は本当の双子姉妹のように思っているかも知れません。目力のあるかわいい子です。

起きた園満


奇果が残飯あさりをしていると、ママの奇縁も起きて一緒に食べ残しがないか探しています。
そして園満もやってきました。顔が見えないと誰が誰?という状態になりますが、これは奇果と園満かな?奇果は園満に比べても大きいようです。

たぶん奇果と園満


やがて3頭は、食べ物がないと分かると扉の方へと行きました。ママについて行く娘たち。後ろから見ると、ママとの大きさの違いももうあまり差がなくなっているように見えます。

扉の前で何かを訴える奇縁と奇果園満


ふと気付くとお隣の庭にパンダが見えました。寝場所を変えて、パンダ舎の近くからでてきたようです。しかしこれでは誰だかわかりません。

静かに暮らしている星雅


一方奇縁ママは扉の前でじっと何かを待っていますが、子どもたちは大人しくはしていないようです。甘えている方は園満ですね。子パンダは自分の本当の親じゃなくても懐くし、また自分の子どもじゃなくても分け隔てなく接するママパンダが多いです。

奇縁にじゃれつく園満


お隣のパンダが顔を見せてくれました。星雅(しんやー)です。
星辰と和雨の面倒を見ていたママパンダですが、子どもたちの気配はないので、おそらく裏山で訓練中なのでしょうね。子育てが終わってのんびり、といった生活です。

顔をあげた★雅


一方の奇縁ママはまだ子どもたちと一緒なので大変そうです。子どもたちはもうすぐ2歳、野生においても親離れの時期です。ここまで大きくなった子ども2人を世話するのは体力的にも大変そうですが、18歳の奇縁にとってはこれが最後の子育てになるかも知れません。

ママにのしかかる奇果と園満


12:05 ついにパンダたちが寝ました。パンダの敷物が3つ並んでいます。
お昼も過ぎたので、ダンナが行きたがっているパンダカフェで休憩としましょう。

敷物になった疑似親子パンダたち


次回もパンダ谷の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR