FC2ブログ

エジプト・アスワン①

2009/4/25(4日目) 続き

午後の観光は、「ナイルの真珠」とよばれたイシス神殿へ。

「ナイルの真珠」イシス神殿


もともとフィラエ島にあったこのイシス神殿、アスワン・ハイダムの完成によって水没してしまうことから、すぐ近くのアギルキア島へ7年かけて移築された。島なので、ボートで渡る。

アギルキア島に移設されたイシス神殿


小さな島いっぱいに神殿が広がる。末期王朝時代からプトレマイオス朝、ローマ時代にかけて建造されたこの地方を代表する美しい神殿。

イシス神殿第一塔門


もともとフィラエ島は聖なる島とされていた。オシリス神の島であり、イシス女神がホルス神を生んだ場所と伝えられている。第一塔門に刻まれたイシス女神とホルス神。

イシス神とホルス神親子


イシス神殿内部、至聖所などに残るレリーフには、そのホルス神誕生の物語が描かれている。
こちらは典型的なイシス女神のレリーフ。

翼を広げるイシス女神


この神殿が妙に美しいのは、やはり島にあるせいだろうか。奥に見えるのがトラヤヌス帝のキオスク。手前がハトホル神殿。しかし4月とは言え、天気の良い日の遺跡見学は本当に体力をうばわれる。

トラヤヌス帝のキオスクとハトホル神殿


イシス神殿観光の後はファルーカ(帆掛け舟)で、ホテルへ。風まかせにすすむファルーカはなかなか乗り心地がいい。船頭が歌などを歌ってくれて、しばしゆったりとした船旅を楽しむ。

ファルーカ


いったん、HTLへチェックイン。ピラミサイシスアイランドホテル。ナイル川ににある島のホテルなので、船がないと出入りできない。ちょっと休憩した後、夕食へまた船にのって出かける。
ナイル川に面したレストランで食事。

魚料理


食後は水タバコ・シーシャの吸い方を現地ガイドが指南。男性陣はこぞってお試ししていたけど、中にはとても気に入ってセットを購入して帰った方も・・・。

水たばこ


さて、夕食後はHTLへ戻り、明日に備え早くに就寝。なぜなら明日はアブ・シンベルへ出かけるコンヴォイに参加するために、朝4時に集合場所へ行かなくてはならない。ということは、島にあるホテルを出る時間そして起きる時間と逆算していくと、、、ほぼ寝る間がない。

コンヴォイというのは、集団で警護付きで移動する隊のようなもの。エジプト南部ではテロなどもあるため、ツアーですら自由に移動はできないのだ。アスワンからアブ・シンベルまでは片道4時間程もかかる距離。大小たくさんのバスが、いっせいに警察の警護付きで移動するわけ。

そもそも4月は砂嵐の季節。前日は砂嵐でこの道が封鎖されコンヴォイが出なかったとか。
エジプトに行くなら、もうちょっと早いシーズンが良かったようだが、この日運よく道は封鎖されないことがわかり、早起きは無駄にならずにすんだ。

私たちのグループは一番空席があるバスと言う事で、隊列の最後尾を行くことに決まった。途中なにかあった場合、後ろの車が前の人を乗せていく必要があるからだ。じゃ我々はどうなる?

銃をもった警官がバスに乗り込む。なんとなく緊張。真っ暗な中、ひたすら砂漠の道を走る。
うとうとしていたら、少し明るくなってきた。砂漠が広がる・・・。なるほど、ここで事故でもおきたら、誰も助けには来れない。それもあって隊列を組むのだと納得・・・。

南部砂漠


次回はアブ・シンベルをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつもありがとうございます
家に居ながらににして旅行を楽しんでいます
聖書ゆかりの地やものが出てくるのでうれしいです

Re: No title

コメントありがとうございます♪
そろそろ、似たような遺跡の写真にちょっとうんざりしてきませんか?
興味ある人でさえ、似たようなの昨日も見たな、って気になってくるんですよ!
そんな旅気分もご一緒に。
もうちょっと遺跡の写真続きますがご辛抱くださいませ・・・

No title

あ!ここ行ったことある!

Re: No title

すごいですね~
行ったのはかなり昔なんですよね。
私はどれが行った所かすぐわかんなくなっちゃうんですよね。
なので、ブログに残しておこうと思ったというのもありますが・・・
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR