FC2ブログ

パプアニューギニア・モートモレスビー~ゴロカ

5/30 (2日目) 前半

まだ真っ暗な4:30、やってきましたポートモレスビー!
うわぁ、、、かなり蒸し暑い。
入国に並ぶ人はかなり少なかった。飛行機のただでさえ少ない利用客の多くは、オーストラリアへ乗り継ぎする人たちだったらしい。
入国時に取得するVISAは銀行が開いているので、キナでしか支払えないとのこと。パスポートを係官に預けて、10,000円を両替、294キナ。VISA代として100キナ支払う。その後、ゴロカ行き国内線のチェックイン。

6:00、空港近くのHTLにて朝食。迎えに来た小型のバスは超ボロい。8時過ぎまで時間をつぶす。

パプアニューギニアは、現地ではPNGと呼ばれていて、早速HTLのスタッフからも「PNGは初めて?ようこそ」、と気さくに話しかけられる。

同じツアーの方々は、さすがPNGまで来る方たちだけあって、皆さん世界中を旅しているようだった。
普通出てこない辺境の国名が飛び交う。パタゴニア、ギニア高地、マダガスカル、イースター島、ほか私の知らない国名など・・・。

9:15国内線にて移動。2-2シート*12列のプロペラ機。

国内線プロペラ機


10Aに座ったが、非常口の席だったので、軽く非常時の説明を受ける。まぁ、そんな事態になったときはパニックで何もできないだろう。空から見る景色は、ひたすら山だけ・・・。町も道もまったく見当たらない。

ハイランド地方空撮


10:30ゴロカへ到着。今まで見た空港の中で一番粗末なものかもしれない。
建物(というか小屋)に入ることなく、荷物を受け取る(ターンテーブルももちろんない)。↓空港の出入り口

ゴロカ空港出入り口


高地だけあって、ポートモレスビーと違い、気温も程良く空気が気持ちいい。
すぐ近くのHTL、「バード オブ パラダイス ホテル」へ立ち寄り、荷物を置き、目の前のスーパーマーケットで水を購入2.8キナ、すぐに観光へ出発。
現地ガイドは、日本人女性!こんなところに日本人が住んでいるとはびっくり。

11:30アサロ渓谷のマッドマンの村を訪問。
長老の家を最初に訪問。右手の小屋。

マッドマン長老の家


中は、とても狭くて質素。あやしげな薬草?を煮ている・・・。

長老の家屋内


畑や、住居、いろんな植物などを説明してもらいながら村の中を見学する。
イモ類、バナナ、コーヒー、アボガドなどが雑然とはえている。

マッドマンの村


村人は洋服を着ているものの、ほとんどが裸足。
村には、電気も水道もない。

女性たちによるフェイスペインティングの実演、アヤシイ天然の塗料を棒きれで塗りあうだけ。
誰か試す人?と言われても、誰も試してはみなかった・・・。

マッドマンの村の女性たち


村からみた周辺の景色。要するに、大自然の山の中に村がある・・・。

アサロ渓谷


2日目の後半は明日更新予定です♪


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR