FC2ブログ

中国・北京動物園ホッキョクグマ~象館

2018/05/02 (4日目) 続き

11:00 パンダ館を出て、象だけ見に行くつもりが、前に来た時に見損ねたホッキョクグマが見たくなりました。ということで、東の方へと進みます。
猿山まで来ました。子ザルもいっぱいいてかわいいです。

北京動物園猿山


以前来た時、サルにおやつなどを与える人が多かったのですが、対策が取られていました。金網の部分にびっしりと小石が詰められ、エサをあげられないようになっていました。
それでもサルたちは人間がくれたおやつの味を覚えているのか、塀際に寄ってきます。

サルにエサを与えないように


さて、猿山から北上し、ホッキョクグマの区画まで来ました。前に来た時夕方は閉まっていたのですが、今日は開いています。しかし、ホッキョクグマが見当たりません。
ん?よーく見たらいましたよ。正面奥の壁際に寝そべっています。

北京動物園ホッキョクグマ


寝てます・・・。恐らくホッキョクグマには耐えがたい暑さでしょう。

寝ているホッキョクグマ


いくつか区画がありましたが、どのホッキョクグマも奥の方で寝ていました。
室内もあります。プールの中を横から見られるようにもなっていますが、やはりいません。いえ、やっぱりいますよ。岩のようなものに被さって同化しています。

ホッキョクグマ室内


しかしホッキョクグマでかいですね。それでも距離があるので、なかなかピントがあいません。

ホッキョクグマ


さて、次は北区の象館を目指しますが、途中にある獅虎山にも立ち寄ります。
ライオンたち、寝ています。

北京動物園のライオンたち


虎も、ぐったり、死んだように寝ています。小さいとはいえスーツケースを引き摺り、日傘をさしてあちこち動き回るのは結構限界があります。寄り道は止めてさっさと象を見に行くことにしましょう。

北京動物園のホワイトタイガー


北区は川の向こう、この川、遊覧船なども出ています。
暑い日には、少しだけ涼しい気分を与えてくれます。

北京動物園を流れる川


北区には海洋館もあります。つまり水族館ですが、別料金で160元(約2700円)、動物園の入園料が安いことを考えるとかなりの値段ですね。もちろん現金枯渇中の私たちはパスです。

北京動物園海洋館


象館に到着、今日は象たちは外にいるようです。
いましたいました。小象がいます。親子でしょうか、柵の外にある果物などを鼻を出して取っています。アフリカ象ですかね、奥の父親っぽいのは巨大です。大中小揃っています。

北京動物園のアフリカゾウの親子


柵の左側から見ると近いのですが、柵で良く見えないので広い庭の端から撮っています。
小象は何か落としちゃったのかな?鼻を使わず直接地面に突っ伏しています。

アフリカゾウの親子


象の庭は象の体に比べたらそれほど広くはありませんが、比較的まともな方でしょうか?
日本の動物園などの庭に比べたら広いと思います。端から見たら象も小さく見えますね。

アフリカゾウの飼育場


ぐるっと周って反対側にはアジア象たちが暮らしていました。
先ほどのアフリカ象に比べると若干小ぶりです。

北京動物園のアジアゾウ飼育場


こちらの象さんの後姿、尻尾がちょっと変わってます。ピカチュウみたい?

ジグザグの尻尾


象は暑さには比較的強いようですね。他の動物たちがみなバテバテの中、のんびりと過ごしています。

北京動物園のアジアゾウたち


次回も北京動物園の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR