FC2ブログ

中国・北京空港泊~北京動物園

2018/05/02 (4日目)

00:50 CA-11150便は北京空港に着陸です。荷物をピックアップしたら出発階に上がり、前回見つけた寝やすい場所へと向かいます。深夜に近隣のホテルにスムーズに移動する自信もないし、空港の休憩施設はホテルより高いし空いてなかったりするのです。ちょうど3連の椅子が2つ空いてたので、ここで寝ます。明るいのとアナウンスがうるさいのが難点ですが、アイマスクと耳栓、上着を被ればOKです。

6:00前に起きたら、周りの空港泊仲間達は皆いなくなっていました。ここは冬場は寒いのでオススメできませんし、貴重品の管理に注意しなくてはなりません。若くもないのに空港泊なんて何やってるのと思いますが、普段ツアーで旅していると、こんな貧乏旅が旅っぽくてダンナはおもしろいようです。

北京空港チェックインカウンター奥にある椅子


北京空港は24時間空港ですが、夜間早朝などに開いている両替は銀行ではないし、レートが悪いです。そこで、街中で両替することにして、朝ごはんはクレジットカードを使える店でということになりました。まともなコーヒーが飲みたいダンナの要望で上島珈琲に入りました。

北京空港上島珈琲


しかし、これは失敗でした。普通のサンドイッチとこのおしゃれ?な食べ物、コーヒー2人分で180元(約3000円)もします。今までの倹約は何だった?しかもコーヒーは漢方の香りがするようなほのかに甘い味のものでした。目も覚めないし、がっかり感はかなりのものです。

上島珈琲のフード


朝食後、成都行きのチェックインを試みますが、14:00からと言われてしまいました。荷物をどうしたものかと悩みましたが小さいソフトケースだったので、手荷物預かり所(30元~)に預けるのをケチって持ち歩くことにしました。夕方の便までの待ち時間、街中へ出ます。

7:15 エアポートエキスプレスで北京中心部へと向かいます。25元、時間が読めるし、利用しやすいです。北京の電車は改札で手荷物のX線検査があります。

北京空港から街中へ出るエアポートエキスプレス


今日の北京はとてもいい天気です。青空が広がり、気持ちのいい空気に見えます。

北京の空


地下鉄2号線と4号線を乗り継ぎ(4元)、8:15 北京動物園に到着です。前回、成都の帰りに寄ったのに、会いたかった萌蘭(もんらん)というパンダに会えなかったので、乗継時間を利用してまたやってきました。元の予定では朝の便で北京に移動だったのが、前夜移動しているので、今日は朝から来ることができました。入園料はパンダ館込で19元(300円ちょっと)です。

北京動物園正門


パンダ館にトイレがないので、先にトイレに寄ってからパンダ館に入ります。それにしても、この天気、パンダには暑いんじゃないかな?北京動物園のパンダ館は動物園の入口近くにあります。

北京動物園パンダ館


パンダ館の中には、オリンピックパンダ館とアジア運動会パンダ館という2つのパンダ館がありますが、一番のお目当ての萌蘭は奥にあるオリンピックパンダ館にいます。前回、そこが館内修繕中でパンダが展示に出ていませんでした。今日も真っ直ぐそこへ向かいますが・・・。
えーー、萌蘭がいない!

オリンピックパンダ館の萌蘭の住まい


オリンピックパンダ館は室内展示場1つと屋外展示場1つがありましたが、室内を2つに区切って2015年生まれのパンダ2頭を1頭ずつ住まわせています。萌蘭のお隣は、点点(でぃえんでぃえん)という女の子です。ご飯中です。正面向いててかわいい。このこは初めまして、です。

北京動物園の点点


点点は雅安碧峰峡のパンダ基地生まれで、ママは上野動物園のシンシンのお姉さん、だからシャンシャンのいとこということになります。この時まだ萌蘭と同じ2歳の子どもですが、萌蘭とは一緒に暮らしたこともないので、一緒にせずに別々に飼育されているようです。ちなみに萌蘭のママは、シンシンの妹なので、萌蘭、点点、シャンシャンは皆いとこ同士になります。北京動物園のパンダたちはシャンシャンの親戚が多いのです。

点点ちゃん


上の階に上がって、室内展示場を見下ろしてみます。しかしやはり萌蘭がどこにもいません。
でもよく見たら笹が置いてあるので、待っていればそのうち出てくるということでしょう。

北京動物園萌蘭のおうち


上から見ていたら、点点が木(のオブジェ)に登ってきてくれました。
左の高い壁の裏が萌蘭のエリアなので、高い所に登ってもお互いは見えないようです。

木の登る点点


萌蘭が出てきそうにないので、パンダ館を一周してくることにしました。オリンピックパンダ館の室外は萌欄のお兄さんの萌大(もんだー)がいます。日陰で木を抱いて休憩中です。

休憩中の萌大


お隣のアジア運動会パンダ館に移動です。まずは外の3つの展示場から。こちらは大地(だーでぃ)、私のお気に入りパンダで、神戸に暮らすタンタンのお兄さんのはずですが、寝ていてよく顔が見えません。

寝ている大地


真ん中の庭は、出入り口に張り付いていてよく顔が見えません。また後でにして、3つめに来ます。さぁここは誰かな?北京動物園のパンダ飼育スペースはあまり広くないですが、外の2つの庭はそこそこの広さがあります。

吉妮さん


吉妮(じーにぃ)ですね。私は会ったことがありませんが、和歌山のアドベンチャーワールドのパパンダ永明(えいめい)さんの妹で、永明さんにそっくりです。もう24歳なのでおばあちゃんですし、実際に孫もいます。

永明さんにそっくりな吉妮


次回も北京動物園の続き、萌蘭に再会をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

ayaさん

旦那さんは 「シュラフ」の旅は如何ですか(笑
耳栓はいいけど、反対に心臓の鼓動とかきになりませんか?

北京は一番パンダが多そうに思えますが
やっぱ別のところかな~

Re: こんにちは!

こんにちは!

ベンチで寝る、非日常だからいいんでしょうねぇ。
いつもただ付いてくるだけの楽旅だから、苦労している感がいいのかな?

北京はパンダ多いという印象ですか?
パンダは四川省に暮らす動物ですから、北京にいるパンダたちも皆四川出身なんですよ~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR