FC2ブログ

エジプト・エドフ~コムオンボ

2009/4/25(4日目)

早朝、エドフへ向けて向けて出発。ナイル川沿いに上流へと南下。

早朝のナイル川沿岸


しばらくは何もないところをバスは走る。このナイル川のお陰で昔からこのあたりは肥沃な土地であったことだろう。

緑豊なナイル川


町がだんだん田舎っぽくなってくる。キレイに色を塗っている家もあるが、簡素な家が隣接。パラボナアンテナだけが現代であることを意味するかのような家もたくさん。

民家ぎっしりの町


ルクソールとアスワンのほぼ中間にあるエドフにあるホルス神殿へ。
エジプトの神殿の中で最も保存状態が良いとされている。もっともここは比較的新しく、エジプト最後の王朝、プトレマイオス朝の神殿。プトレマイオス3世が建築を始め、12世までの180年間で完成されている。

ホルス神殿


この神殿は名前の通り、ホルス神に捧げられたもの。ホルス神像は3mくらいはある大きなもの。結構かわいい。こういう特徴的なものがないと、段々、どれが何の神殿だったか写真だけではわからなくなってしまう。塔門とか皆同じに見えてくるし・・・。

ホルス神像


至聖所。レバノン杉の聖船が置かれている。他にも壁画やヒエログリフがきれいに残っていてなかなか見ごたえがある。

聖船


さらに南下し、コム・オンボへ。プトレマイオス朝に建築され、ローマ時代に完成したコム・オンボ神殿。ホルス神とセベク神(ワニ)に捧げられた神殿だったので、入口から通路、至聖所まで2つずつ並んでいるのが特徴。

コム・オンボ神殿


この神殿に残るレリーフには少し変わったものがある。それは医療にかかわるものが描かれていること。医療器具だったり、こちらは出産の様子。

医療関連のレリーフ


柱頭部に咲いたパピルスをあしらった頑丈な石柱。エジプトの遺跡のいいところは、こういった柱などを間近でじっくり観察できること。絵柄やヒエログリフなど好きな人にはたまらない。

パピルスの列柱


バスはアスワンへ。丘の上のホテルのレストランでLunch。このあたりはナイル川に大小いくつもの島があり、眺めがよい。(ナイル川と島があるんですが、島が大きくてわからないかな)

アスワンの風景


Lunchの後は、香水のお店へ。様々な香水に、かわいい香水瓶。そんなに高くないのでお土産には最適。ちゃんとしたお店で買えば、品質も良い上にちゃんと梱包もしてくれるので安心。
(ガラクタが増えると判断して私は買いませんでしたが・・・)

香水瓶


次回は、アスワンのレポートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ホルス神。
見事なデザインだなぁ。

ムバラク大統領はさっさと止めないと、他の独裁者と同じ末路になりそう。

Re: No title

古代エジプトでは、たくさんの動物が神様になってるし、
犬猫猿などペットにしていた記録がありますけど、ホルス神と
なったハヤブサ、かっこいいというかかわいいです。
ヒエログリフの最初の文字もハゲワシだし、鳥の観察は
細かくされていたふしがありますね♪

エジプト、そろそろ落ち着いてほしいです・・・

No title

こんばんは。ブログいつも観覧ありがとうございます。
エジプト素敵ですね。
私宝塚歌劇が、好きになったきっかけが、アイーダつまりエジプトを
舞台にしたお芝居です。
これからも素敵な旅風景よろしくです。

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

エジプトが落ち着いて、また多くの人が訪れる日が近いことを祈っています。
アフリカ大陸なのに、直行便があるし、かなりお安く行ける旅先だしで
訪問することをおススメ。もっとも遺跡が嫌いって人には向きませんが・・・

今後ともよろしくお願いしますね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR