FC2ブログ

メキシコ・メキシコシティ(国立人類学博物館)

2018/03/07 (6日目) 続き

国立人類学博物館、ちょうど位置的にも真ん中にあるアステカの部屋へと移ります。
部屋の前の廊下にマヤの遺跡で見られる競技場の輪があります。ゲームで、ボールを輪に通したら得点、勝敗で生贄を決めたと言われています。アステカも生贄が盛んに行われていました。

この小さい穴にボールを通す


国立人類学博物館の入口から中庭挟んで正面にあるのがこちらアステカの部屋です。
アステカはメキシコ中央部で15~16世紀に栄えた文明です。展示室は見通しが良い広い空間です。入口には大きなジャガーの石像がどんとありますが、これも生贄の心臓を入れるものでした。

国立人類学博物館アステカ室


アステカの彫刻は見応えがあります。こちらの大きな円形の石の台座には、戦士が闘っているシーンなどが描かれています。生贄を得るための戦争の記録なのかも知れません。

アステカの石の台座


ここにもチャックモール、生贄を捧げないと太陽が消滅すると信じていたようです。

アステカ室のチャックモール


こちらがアステカ帝国の都、テノチティトラン中心部の模型です。かつて湖に浮かぶ小島にあった都市で、現在のメキシコシティの原型、つまりスペイン人がやってくる前のメキシコシティです。

テノチティトラン模型


そこらじゅうに興味深い展示物がいっぱいです。
ほとんどはスペイン語の説明しか付いていませんし、ツアーなどでガイドと行った場合でもごく一部の有名なものしか紹介されませんが、価値のありそうなお宝がたくさんあります。

アステカの展示


そしてこの博物館を代表する展示物がこちら、アステカ・カレンダー、太陽の石です。
メキシコシティの中央広場から発掘されたもので、直径3.6mとかなり大きいです。
アステカ歴によればこの石が造られた時代は第5の太陽の時代で、大地震で西暦の2012年に滅びることになっています。ちなみにこの石、元々は赤や黄色の彩色がされていたようです。

アステカカレンダー


アステカの部屋は見ごたえがあるので、一通り周った方がいいでしょう。アート的に見ても興味深いものがあるかも知れません。こちらなんて、鎧兜のようですがデザインがすごいです。

アステカの展示


全部が同じ系統じゃないのもいいですね。こちらの黒曜石の猿の花瓶とかもおもしろいです。

アステカの黒曜石の猿の花瓶


アステカの部屋を見たら後はさくっと見て周ることにしましょう。
こちらはメキシコ湾岸の部屋です。メキシコ湾岸では独自の文化が栄えましたが、主にオルメカ文明の紹介をしています。巨大人頭像、今まで見てきた他の文明のものと明らかに違いますね。

オルメカの巨大人頭像


最後に時間を割くべきはマヤの部屋です。ここにも見応えあるものがこれでもかと展示されています。マヤはメキシコでは南東部に栄えた文明で、グアテマラやベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルにまたがります。紀元前2000~スペインによる植民地化まで栄えた文明です。

国立人類学博物館マヤ室


一番の見所は地下にあります。パレンケ遺跡の碑文の神殿地下で発見されたパカル王の王墓を実物大で復元したものです。大きな石棺ですね。パカル王は7世紀の王です。

パレンケのパカル王墓再現


翡翠で作られたマスクや装飾品がいっぱいです。
石棺の蓋にもレリーフが刻まれていますが、暗くてよく見えません。

パカル王の埋葬


そして復元王墓の脇に、パカル王の翡翠のマスクなどの副葬品のオリジナルが展示されていて間近で見ることができます。イヤリング?も豪華ですね。こんな装飾品を付けるのは生きてたら重くて無理でしょうね。

パカル王の翡翠の仮面


この博物館は歴史や遺跡が好きなら1日かかるくらいの展示品があります。メキシコを旅行するならここをさくっと見てから遺跡を周り、また最後にじっくり興味あるものだけ見に来ると言うのも良さそうです。

18:05 国立人類学博物館を後にします。同じ頃オプショナルツアーで来た皆さんも出て行ったようで、この後食事してからホテルに戻るようです。私たちもメキシコ料理を食べに行きましょう。

国立人類学博物館前の広場


次回はメキシコシティ散策と夕食をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ゲームで負けると
罰ゲームどころか生贄ですか
ちょと恐ろしいですね

よくアニメ本であるシーン思い出してしまうけど。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

文明の光と影なんでしょうか?

Re: No title

こんにちは!

ゲームで負けると生贄、って普通は思いますよね?
でもどうやら、生贄に選ばれることは名誉だったようで、
勝った方が生贄になったという説が有力ですよ~。
もしご興味あれば調べてみて下さいね~ちょっと想像を絶する儀式だったようですよ。

No title

こんばんは aya1103さん。
わぁぁ・・・
ちょっと怖くてどきどきしながら
拝見しました。
実際だともっと違った空気感なのでしょうね。
すごいーーー

Re: No title

こんばんは!

はじめてマヤとかアステカの生贄の話とか聞いた時は
ちょっと怖かったですが、不思議と何も感じなくなりましたね・・・。
ぴんとこない、って感じでしょうか?
展示物を見ただけでは、伝わってくるものはないですね・・・。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR