FC2ブログ

エクアドル・ガラパゴス諸島ノースセイモア島~サンタクルス島

2018/03/05 (4日目) 続き

13:20 トレイルの終わりになって、ようやくガイドさんたちに追い付きました。
すると、目の前に今まで見たことがない鳥がいます。ちなみに奥に見えているのはサンタクルス島、その左手前にちらっと見える平らなのが、バルトラ島です。

ノースセイモア島の崖の上から見るサンタクルス島


ナスカカツオドリ、いつもはこの島では見ないとガイドさんは言います。
顔は、アオアシカツオドリにちょっと似ていますが、足の色は全然違います。

ナスカカツオドリ


アオアシカツオドリよりやや大きい程度、つまり1m弱と相当大きな鳥です。

ナスカカツオドリ


1時間のトレイル散策、上陸ポイントへ戻ってきました。あまりに暑いので、第一陣のボートが人気です。こんな岩場だし、そもそも日本から相当遠いので、体力の落ちた高齢者にはオススメできない旅先です。

ノースセイモア島上陸ポイント


ボートが戻ってくるまでの間、岩場のガラパゴスアシカたちを観察します。すっかり乾いて毛が見えていると別の生き物のようにも見えます。実際、オットセイが混じっていたとしても、私には区別がつかないと思います。

ガラパゴスアシカ


13:30 ボートが戻ってきたのでノース・セイモア島ともお別れです。
ガラパゴスの島には桟橋とかなくて、岩場から直接ボートに乗るこのドライランディングか、膝まで水に浸かるウェットランディングかしかありません。

テンダーボートでクルーズ船へ


ボートに乗ったらまっすぐクルーズ船に向かわず、ガイドさんがナスカカツオドリの所へ寄ってくれました。このような断崖の上を好む鳥だそうです。

崖の上のナスカカツオドリ


ノース・セイモア島、まさに鳥たちの楽園でした。その代り、白いフンだらけでしたけどね。

ナスカカツオドリ


ガラパゴスアシカ、この姿勢でお別れしてくれます。
もしかしたら、本当に挨拶してくれているのかも知れません。

ボートを見送るガラパゴスアシカ


そして、最初に見たアオアシカツオドリのペアの所にも寄ってくれました。
足の青色が鮮やかです。お土産屋で売られているTシャツ見て、こんな鳥本当にいるのかと思いましたが、Tシャツの図柄そのままです。

海から見たアオアシカツオドリ


まだ求愛ダンスは続いているようです。時々ぺたって音をさせながら足を上げ下ろし、尾やクチバシで空を指し、ピィーゥといった笛のような高い声を上げます。

求愛中のアオアシカツオドリのペア


13:35 エスパニョーラⅠ号に戻ります。これでガラパゴスでの島観光も終わりです。せっかく遠い所まで来たので、お金や時間がかかっても、やはりもう少し他の島も見たいですね。いつか、日帰りじゃなくてクルーズで島々を周るのも来てみたいと思いました。

ノースセイモア島を後にする


さて、クーラーの効いた船室でゆっくりしているといい匂いがしてきました。なんとポップコーンを作ってくれましたよ。おやつも気が利いています。コーヒーをもらい、熱々のポップコーンを食べます。暑い所だし、塩分の補給にもいいですね。

熱々の出来立てポップコーン


14:20 サンタクルス島のイタバカ海峡桟橋に戻ってきました。また救命胴衣付けて、テンダーボートに乗り換えて上陸です。日帰り観光は、近場の島に行った場合、戻り時間は早いです。ガラパゴスの国立公園の管理上、いつどの島に行くかは事前には決められないそうです。

サンタクルス島のイタバカ海峡桟橋


今日お世話になったエスパニョーラⅠ号、快適でいい船でした。昨日のキングマリーン号は船は小さくてイマイチでしたが、その分ガイドさんはとてもチャーミングは女性でしたし、良し悪しはいろいろですね。でもガイドさんたちは皆さんプロフェッショナルで、ガラパゴスの環境をしっかり守りつつ、観光客を正しく案内し、満足させているなと感じました。

エスパニョーラⅠ号


次回は続きからプエルト・アヨラ散策などをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お久しぶりです。

ガラパゴスの蒼い海と空の写真を毎日堪能させていただいてます。
けど、動物は見た目が怖いのもおりますね!

僕は泳げない流木ですけど
海では遭遇したくないような方がたくさんいて(笑)
自然が豊富だということと、人間が暮らすことって
単純じゃなさそうですね。

Re: No title

ガラパゴス、天気に恵まれました!
リクイグアナはなんだか可愛かったんですけど、ウミイグアナはちょっと・・・
ウミイグアナは海の中であったら、滅茶苦茶怖くて、パニックでおぼれちゃうかもです。
肉食じゃないし、襲われたりしないんですけど、やっぱり見た目は大事ですね。
人間たちは、人数制限のお陰か、これ以上の自然破壊にストップかかっているようですので
このまま未来にこの自然を残して欲しいですね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR