FC2ブログ

エクアドル・ガラパゴス諸島ノースセイモア島(グンカンドリ&ガラパゴスリクイグアナ)

2018/03/05 (4日目) 続き

気付けば一人完全に置いて行かれていました。見晴らしは悪くないのに誰の姿も見えません。傘持ちのダンナまでいなくなっていて、日光が痛くて仕方ありません。ちょっと急いで追いかけましょう。

ノースセイモア島のトレイル


と、大きなサボテンの木の所で足を止めます。こんなサボテンには付き物がいるので要注意、いますよいますよ、イグアナさん。この島のガラパゴスリクイグアナは持ち込まれたもの、サボテンは進化に対応できていないので、餌をとるのは容易なようです。

ノースセイモア島のサボテン


美味しいエサが簡単に手に入るガラパゴスリクイグアナ、体が重そうです。

ノースセイモア島のガラパゴスリクイグアナ


あれ?このイグアナさんはちょっと顔が怖いです。チャールズ・ダーウィン研究所にいたのとか、サンタフェ島にいたのは可愛かったのですが、これは恐竜顔ですね。

ノースセイモア島のガラパゴスリクイグアナの顔


先へ進むと、今度はグンカンドリのツガイが仲良く巣にいる所に出くわしました。
卵を抱いているのでしょうか。グンカンドリはたくさん見ましたが、一緒にいるのは珍しいです。

グンカンドリのペア


それにどうでしょう、赤い喉袋がハートのようじゃありませんか!
ちょうどそう見える角度から写真撮っただけに過ぎませんが、何だかいいものを見た気分です。

ハートの頬袋のグンカンドリ


近くの巣では幼鳥だけがお留守番です。奥にいるのも頭が白いのでグンカンドリの幼鳥です。
グンカンドリは1個の卵しか産まないので、兄弟とかではなく、お隣さんでしょうね。

グンカンドリの幼鳥


別の巣ではさらに若いヒナが巣でお留守番をしています。
このくらいの大きさなら、まぁかわいいです。親鳥はとにかく大きいし、黒っぽいので、何も知らなければ同じ鳥とは思わないでしょう。

グンカンドリのヒナ


羽を広げ、飛ぶ練習をしているようです。巣から出られるようになるのに半年、さらに半年親にエサをもらうそうです。

飛ぶ練習をするグンカンドリのヒナ


皆に追いつくころにはもう海が見えてきました。そろそろトレイルも終わりのようです。
この島はこのように草などもほとんど生えてないし、ゾウガメはいません。絶滅したという訳ではなく最初からこの島にはいなかったようです。

ノースセイモア島のトレイル後半


トレイル脇にまた大きなサボテンが現れました。
いるかな?いました!

ノースセイモア島のサボテン


このようにサボテンを家にしているかのようにガラパゴスリクイグアナがいます。
このサボテンおいしそうだなと思うと、だいたいそこを住処にしているイグアナがいる訳です。

サボテンの下にはガラパゴスリクイグアナ


と、よく見たら2頭いましたよ。
ぴったりとくっついています。カップルでしょうか?親子でしょうか?この暑いのに仲いいですね。

サボテンの下にいた2頭のガラパゴスリクイグアナ


このトレイルを歩いている大部分の時間、ガイドの話を聞きそびれました。このトレイル沿いに、こんなにたくさんのグンカンドリやアオアシカツオドリ、イグアナがいるとは思ってもいなくて、運が良ければ見れるかもと思っていましたが、ガラパゴスは期待を裏切らない場所ですね!

ノースセイモア島


ランディングポイントの近くに戻ってきました。
海の向こうに見える白い砂浜、あそこが、元々の予定でシュノーケリングなどをする予定だったモスケラ島のビーチだそうです。その島どこよと思っていましたが、ノースセイモア島のすぐ近くの小さな島だったのですね。

ノースセイモア島から見えるモスケラ島


次回はノース・セイモア島の終わりまでをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お邪魔します。いつもすごい写真ですねー。NH*ばりの迫力です。野良イグアナは、メキシコで見たことがありますが、グンカンドリはないなぁー。すごい!

Re: No title

ガラパゴスでは信じられないほど近くで、これらの生き物に会えるんですよ~
全然人間を警戒していない。
ルールで2mの距離を取ることになってますけど、こっちが避けないと2mないこともあります♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR