FC2ブログ

エジプト・サッカラ

2009/4/23(2日目) 続き

ギザとダハシュールの間にあるサッカラ。ここの観光のハイライトはピラミッドの原型と言われる階段ピラミッド。ジョセル王のピラミッドコンプレックス。全体が壁で覆われている。

ジョセル王のピラミッドコンプレックス


入り口。なんだか最近作ったように修復されている?
ちなみに、ジョセルというのは、後世といっても新王国時代に、誰かが名付け落書きに残した名前。第三王朝の初代の王、ホルス名でネチェリケト王というのが唯一知られている当時の名前。

入り口


ややこしいことに、古代エジプトのファラオは最大5つも名前を持っている。お馴染みの楕円系カルトゥーシュに表されているのは即位名。
入り口を入ると、柱廊を通る。2列に20本の柱が並ぶ屋根のついた空間。

柱廊


そして、南の中庭に出ると、どーんと階段ピラミッドが見える位置に出る。
想像よりも大きい!高さ約60m。マスタバ墳に増築を重ね、このような6段になる階段状のピラミッドができあがったとされる。

階段ピラミッド


間近で見ると、石が中心に向かって斜めに積まれていることがわかる。クフ王のものなどに比べると石も小さいが漆喰などで固めながら計画的に積まれた見事なもの。地下には張り巡らされた地下通廊や、埋葬室、果ては盗掘者が掘った穴まであるが、一般公開はされていない。
このピラミッドを見て、やはりピラミッドは王墓に違いない、そう思った。

修復中


このピラミッドの工法は後世まで賢者として伝えられるイムホテプという宰相が提案したものとされている。彼に与えられた称号から少なくとも王子だったとされているが、ネチェリケトと同一人物であったのではという説まである。彼の墓が別に見つからない限り答えは出ない・・・

このサッカラの地の西は何もない砂漠、まさに「死者の世界」

サッカーラ


すぐ近くに崩れかけたウナス王のピラミッド。
残念ながら内部は非公開だけど、ピラミッドテキストと呼ばれるヒエログリフの文書がびっしりと刻まれている。その内容とは、王の魂が来世で永遠に生きるために必要な呪文だったりするので、やっぱりピラミッドは王の墓じゃないかと私も思う。

ウナス王のピラミッド


ジョセル王のピラミッドコンプレックスの近くには、他にも古い時代のピラミッドが残っている。この時代の歴代のファラオが作ったもの。

周辺の崩れかけたピラミッド


このあたりでもピラミッドは小高い丘の上にある。緑が広がる部分は、ナイルの氾濫時には、増水で浸かったのだろう。ダムができて氾濫のなくなった今でもその境目がくっきり見られるのは興味深い。

高台より


サッカラを後にし、ギザへと戻る。カイロからそんなに離れていないのに、このあたりは本当にのどかなところ。時が止まったよう・・・

のどかな町


ギザへ戻って、夕食。前菜とスープ。

スープ


メインのケバブ。ツアーの食事というのはこんなもの。
もっとエジプトっぽいメニューは、これまでの日本人観光客がお腹を壊したことにより、ことごとく消え去っていった。無難なものが残るというわけで、毎日似たメニューになるのは仕方ない

ケバブ


次回は、ルクソール西岸、王家の谷をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして☆
エルダと申します

素晴らしい~♪自分も度をしている気になります(´∀`)

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

実際に行くともっと素敵だとは思いますけども
しばし旅気分を味わえて頂けたら嬉しいです♪

今後ともよろしくお願いします♪

No title

のどかな風景と仰った その辺り。
私もたしか ギザ地区の その近辺のホテルでした。
本当にのどかで ロバ車やニンジン畑などが・・・。

Re: No title

エジプトって紀元前にあれだけ栄えたのに、庶民の生活はあんまり
変わっていないように思えますよね・・・
そこがいいんですけどね♪

No title

凄いな~~~一度は見てみたいと思うわ。

Re: No title

本当に一度は見る価値ありますよっ♪
想像以上に体力使うので、あんまり歳とってからは辛いかもしれませんが~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR