キプロス・トロードス地方の壁画聖堂群(聖ニコラス教会)

2018/02/13 (5日目) 続き

リマソルから今日は最後の観光地、山岳地帯のトロードスへと向かっています。
車窓景色がとてもきれい、遠くには湖のようなものも見えます。

キプロスの風景


ところが、少しずつ高度を上がって行くたったの5分後には天気が急転します。
前方から暗い雲が迫って来ました。

キプロスの景色


あっという間にどよんとした空が広がり、アーモンドとワイン製造で有名な村も色あせて見えます。アーモンドの花が見ごろな時期なので、天気がいい方がきれいにピンクが映えますね。

アーモンドとワインの村


さらに10分も走ると、山道の中、激しい雨が降ってきました。車窓は大きな雨粒が叩きつけ、何も見えなくなりますが、深い緑の色からして針葉樹林の中といった感じです。この辺りは冬場はスキーリゾートだというのですが、今まさに2月だし、スキーができるほどの気温まで下がるとは思えないけど?半信半疑な私です。

10:00 トイレ休憩です。雨はちょうど止みかけたようですが、外へ出てびっくり。雪が残っています。キプロスにも雪が降る、その事実をやっと受け入れられました。小さな島ですが、海沿いが暖かくても、内陸の山岳地帯には雪が降るのです。

トロードス地方は雪が残る


皆がトイレに吸い込まれて行くのを見ながら、私は周辺のお土産屋さんなどを覗きます。キプロスのお菓子とか結構揃っていて、味見などもさせてくれます。
割とパッケージもしっかりした商品も多いです。

キプロスのお土産


付近を散歩していたら、かわいい大型犬たちに出会いました。首輪はしていますが、リードはなく、2頭で遊びながら散歩しているようです。周辺には人の姿はありませんが、とても仲良しの2頭のようです。

毛の長い犬たち


付近はホテルやレストランお土産屋がある以外は、深い山の中といった感じです。犬たちは山の中を下って行き、見えなくなってしまいました。雪が残っている事からも分かる通り、同じ島とは思えない気温で、結構寒いです。

トロードスの山岳地帯


私もトイレに寄ってからバスに戻ろうとすると、先ほどの犬たちがトイレの前で、まるで私を待っていたかのようにそこにいました。先ほど見かけた場所、そして消えた場所からは方向も距離もあるので、私はちょっとびっくりしました。山を駆け周って、また登ってきたのね・・・。ホテルか何かが飼っているのでしょうか。猫だらけの島で犬は珍しいです。

瞬間移動した?犬たち


10:20 バスに乗り先へと進みます。今度はあっという間にまた晴れて来ました。山の天気は変わりやすいと言いますが、変わり過ぎです。地層的にも興味深い景色になってきました。

トロードス地方の地層


10:50 世界遺産に登録されている教会群のひとつ、尾根の聖ニコラス教会に到着です。カコペトゥリアという村の上の山の中ですが、どれが教会?

尾根の聖ニコラス教会


この古民家風の建物が聖ニコラス教会、11世紀の建物です。
大きさも民家1軒分ですが、この教会がすごいのは内部です。

11世紀からの聖ニコラス教会


残念ですが、内部はフレスコ画の保存のため写真ビデオは一切NGです。外見からは想像できないくらい、内部の壁など一面にフレスコ画がびっしりと描かれています。「セバステの40人の殉教」が独特で見応えあります。行く前に題材の逸話を調べて置かないと行けませんが、今回の添乗員さんはちゃんと見る前にそのお話をしてくれました。

聖ニコラス教会の案内版


中を見た後は、建物の周りを一周してみますが、外見はかなり質素です。中が極彩色のフレスコ画で溢れているとは到底想像できません。

聖ニコラス教会


ぽつんと建つ聖ニコラス教会を後にします。さっきの土砂降りの雨は何だったんだろう?そんな天気です。

トロードスの山の中にある聖ニコラス教会


バスに乗って少し山を下ります。見えるのは、カコペトゥリアの村の集落です。
人口500人程度の小さな村ですが、紀元前からの歴史があるそうです。

カコペトゥリアの村


次回はカコペトゥリア村散策をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR