FC2ブログ

キプロス・パフォス城

2018/02/12 (4日目) 続き

14:40 パフォスの遺跡群から、そのまま海方面へと歩き、パフォス城へと向かいます。
前方に見えてきた四角い建物がパフォス城です。午前中に見たコロッシ城と同じような装飾のない要塞タイプのお城です。

パフォス城へ


古くはビザンチン時代、パフォスの港を守る砦として建てられたもので、13世紀に城として再建されたそうです。その後16世紀に破壊され、今のものはオスマントルコ時代1592年に修復されたとのことです。先ほどの遺跡などに比べると、時代が千年とか違います。

パフォス城


内部に入ったらそれぞれ自由見学です。と言っても、牢獄やイギリス支配下では塩倉庫として使われていたという内部は、がらんとしていて、現在はパネル展示に使われています。

パフォス城内部


屋上からの眺めがいいらしいということで、階段を上がって上へと行きます。

パフォス城内部


最後はちょっと細くて暗い階段です。屋上部分は360度のパフォスの景色を楽しめる展望台になっています。といっても高さはそれほどあるわけではありません。3,4階程度の高さです。

パフォス城の石階段で屋上へ


海側、結構波があります。気候は既に暖かいですが、冬の海って感じです。

パフォスの海


欠損した部分には簡単な柵があるだけ、でもこうした場所からよく景色が見えます。この高さでも高所恐怖症の私は柵すれすれまで近寄ることはできません。

パフォス城屋上


こちら側はパフォス港です。
リゾートらしい風景です。

パフォス港


時間が結構あったので、のんびり景色を見ていたら、ツアーの皆さんは皆いなくなっていました。そこで、シャッター押してくれないかと一人旅らしい外国人の青年に頼まれます。彼のスマホで写真を撮ってあげたらチップをくれようとするので、もちろん要らないと私は遠慮します。

波が高いパフォスの海


彼は自分はエジプト人、エジプトのお金なので記念にもらってと言います。差し出されたのはエジプトポンドの5ポンド札でした。それが小銭程度とわかったので、私は気持ちよく受け取ることにしました。どうやら彼は外国人との会話を楽しみたかったみたいです。私が、エジプトは大好き、もちろん行ったこともあると言うと、スマホに保存された写真を見せてくれました。それはパピルスの写真で、これはツタンカーメンを描いたもの、とか説明をしてくれます。

有名な壁画などを題材にした質の良さそうなパピルスの写真でした。私が、こっちはイシス女神、こっちはネフェルティティね、と言うとちょっと驚いたように詳しいね!と言います。それからしばしおしゃべりをして、よい旅をと言って別れました。詐欺でもスリでもなく、ナンパでもない、旅人同士の普通の会話を楽しめました。話しかけられるとまず警戒、こういう結果になることの方が珍しいです。

パフォス城を出た後、まだ時間があったので、波が打ち寄せていた堤防の方へと行ってみます。

パフォス城


気になったのはこちら。どこかの人魚像みたいな銅像です。岩場にあるので、あまり近付く人はいません。

パフォス城脇の銅像


港沿いを歩き、集合場所方面へと向かいます。クルーザーや観光船が多く停泊しています。
港内の水もとてもきれいです

パフォス港


港沿いはきれいに整備されていて、広々とした歩道、その脇にはレストランやらお土産屋などがたくさんあります。

パフォス港


変わった船もありますね。元々町全体が世界遺産という遺跡の町ですが、キプロスが南北分断された以降、かなり観光地として力を入れているようです。皆が集合時間より早めに戻ってきてカフェなどで休憩していたので、早めに切り上げることにしましょうと添乗員さんが呼びに来ました。

パフォス港の船


15:25 もう一か所寄り道できるとバスでほんのちょっと移動です。海中ケーブの代替観光としてアポロ神殿を選んだこともあり、どうやら共通チケットを買っていたみたいです。時間が許す限り予定にない所もちょっと寄って行きましょう、と、聖パウロの柱に行くことになりました。
すぐにバスを降りて住宅街のような所を歩きます。

パフォスの町


次回は聖パウロの柱(聖キリヤキ教会)をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

海外でのこういう会話とても楽しいし 記憶に残りますね
ただ まず警戒さすがです 悪い人も少なくないですし><
良い人に会いましたね 
僕の行った事の無いところ いつも楽しく写真拝見しています

 駐在おやじ

Re: No title

実は海外でも何故か、よく話しかけられます。
道聞かれたりとか、他の旅行社にどこから来たかなど聞かれるのですよね。
旅行者を装った悪い人とかもいるでしょうし、相手から話しかけられた場合は結構警戒します。
あちこち行ったせいか、だいたいどのあたりの国の人かは分かるようになってきたので
人を見つつ、コミュニケーション取れたらいいなと思ってます♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR