キプロス・パフォス考古学公園

2018/02/12 (4日目) 続き

13:50 キプロスの南西に位置するパフォスへやって来ました。海沿いの町パフォスは、古代ギリシャやローマ時代にはキプロスの首都だったこともり、町全体が世界遺産に登録されています。

パフォス


パフォスの観光で外せないのはモザイクの見学です。パフォス考古学公園の貴族の邸宅跡などの床に見事なモザイクを見ることができるそうです。実は、今回のツアー、出発10日程前は15名の参加予定だったのが、当日までに10名に減ったのはここの見学と関係があります。

パフォス考古学公園入口


当初観光予定であったパフォスで最も有名なディオニソスの館、保全工事に入ることになり休館になったため、見学できなくなりました。代わりにアイオンの家を観光することになりましたが、無料でキャンセルを受け付けると直前に連絡があったのです。まさか5名がそこまで見れるモザイクに深い関心があったと思いませんが、体調など何等かの理由でこれ幸いと無料キャンセルに乗ったのでしょう。旅費も安いし、気に行ったらまた行けばいい、私はそのくらいの気持ちで、参加を見送るという選択肢は検討もしませんでした。この地域は、まだまだ発掘途中であり、将来さらに素晴らしいものが発見される可能性もあるのです。

パフォス考古学公園地図


さて、入口に近いアイオンの家をまず見学します。ここは近年発見された場所で、文字通り家のような石造りの建物になっていますが、モザイクの保全と観光のために囲まれているだけです。この辺りの元の建物は地震で崩れてしまったようです。内部には大きなモザイクが2枚あり、1枚は長方形の幾何学模様のものです。

アイオンの家の幾何学柄モザイク


奥にはほぼ正方形の大きなモザイクがあり、こちらの図柄は見事です。部分的に欠損していますが、6つに区切られたモザイクはとても美しく、周りに作られた通路から間近に観察することができます。

アイオンの家のモザイク


現地ガイドさんは神話などモザイクのモチーフを丁寧に説明してくれます。
こちらは上はディオニソスの誕生を描いたもの、下はネレイデス(女神)です。

ディオニソスの誕生


こちらはレダを描いたものです。
ここまでズームしてやっとモザイクだとはっきり分かりますね。4世紀中ごろのものと言われています。

レダ


アイオンの家のモザイクをじっくり見た後、さらに遺跡の奥へと進みます。
遺跡の中はどこからどこまでが一つの家だったのか分からないくらい、いろんな遺構が残り、観光用の通路などで、遺跡を保全しつつ見学しやすいようになっています。

パフォスの遺跡


あちこちに砂利が敷かれた場所を見ることができます。恐らく、砂利の下にモザイクがあるのだと思います。

カバーされたモザイク


野ざらしになっているモザイクも見えます。道に見えますが、大きな邸宅の廊下だったのでしょうか。付近はこれから調査すれば、このようなモザイクが無数に出てきそうな気配があります。

あちこちモザイク


テセウスの家まで来ました。ここは2~7世紀、行政官の邸宅だったと考えられています。広大な邸宅で、部屋数が100以上あったそうで、上のモザイクもテセウスの家の一部かも知れません。こちらは見事なモザイク、クレタ島の地下迷宮を舞台にしたテセウスとミノタウロスの伝説を描いたものです。3世紀から4世紀の作品と見られています。

テセウスとミノタウロス


テセウスの家のモザイクは野ざらしですが、広大な家のあちこちにモザイクが施されていたようです。こちらから見えるのは、アキレスの洗礼の場面を描いたモザイクです。

テセウスの家


この遺跡はじっくり見たら日が暮れそうな規模です。カバーかけて砂利などを敷いている場所も多いのですが、冬場だからか、それともまだ発掘中で調査や修復が終わっていないのか定かではありません。この辺り一帯はテセウスの家の一部のようです。列柱も残っています。

テセウスの家


この辺りで出口に向かうようです。見所が結構多いキプロスの遺跡、丁寧に周っていてはツアーは成り立ちません。ハイライトだけ見て、次、できるだけたくさんの箇所を周ることの方に重点を置いているようです。ここでフリータイム欲しかったな、と思う私です。

テセウスの家


敷地は広大、奥にはアゴラやオデオン(野外劇場)、城塞などの遺跡もあるそうです。ここからはそれらは全く見えません。屋根が見える辺りが、今回行けなかったディオニソスの館かな?
また来たいと思える遺跡でした。

パフォスの遺跡


次回はパフォス城をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

綺麗なモザイクって床にあるんですね

踏まれないようなところに
配置してたのかな?

部屋数100もあって何に使うんでしょうね~~
迷子になりそう

No title

ここ、時間も無いしモザイク画だけならいいやと、柵の外側を少し歩いただけでパスしてしまったのですが、シチリア島の世界遺産に指定されているモザイクなんていうものではないですね。規模が違いすぎるし、保存状態も抜群。

やっぱり、次回じっくり見に行こうと思います。
来年の2月、まだ決めていないので埋めてしまおうかな。

Re: こんにちは!

tookueさん

モザイクは床にまるでカーペットみたいに柄を添えてる感じでしょうか。
たぶん、普通に踏んで歩いたと思います。
石だし、昔の履物ではそう簡単に傷つかなかったと思います。

部屋数100って大邸宅ですよね。使用人の部屋とかそういうのも含まっているかな?
そういう家に住む人は、おそらく自分の使用するエリア以外には何があるか知りものしないんでしょうね~

Re: No title

Rさん

モザイクの規模は他と比べてどうかとは何とも言えないですが、ほんの一部しか見ていなくても結構きれいなものでした。
一番有名なディオニソスの館は見ていないし、奥の方へは行ってないけど、ここもクリオンみたいに広そうです。
見応え結構あると思いますよ。ぜひ行ってみて下さい。今からブログ楽しみにしています(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR