FC2ブログ

キプロス・レフカラ村①

2018/02/11 (3日目) 続き

14:30 車窓にレフカラ村らしき村が見えてきました。ヨーロッパの美しい村30選に選ばれたというレフカラ村、遠くからでもこれに違いないというオーラが感じられます。

レフカラ村


14:35 レフカラ村に到着です。中世の面影を残す村ということですが、あれ?そんな雰囲気でもない?道路は舗装されているし、建物もそれほど古くないように見えます。

レフカラ村


レフカラ村で一番有名なのは、刺繍レースです。1481年にここを訪れたレオナルド・ダ・ヴィンチが祭壇に飾ろうと持ち帰ったことで有名です。今でもレースはミラノ大聖堂にあるそうです。刺繍レースが飾られた店がちらほら見られます。

刺繍レースで有名なレフカラ村


期待していたような村ではなくてちょっとがっかりな私です。
道のど真ん中に猫がいるのにももう驚かなくなりました。

レフカラ村にも猫


皆で刺繍レースのお店に向かいます。ここでレースを買うのを楽しみにしている方もいるようです。Rouvisという家族経営っぽいお店で、トイレ休憩も兼ねています。

刺繍レース専門店


手作業で丁寧に刺繍された作品がびっしり並びます。作るのは女性、売るのは男性の仕事のようで、どれだけ大変で手がかかるか男性が熱心に説明しますが、自分でやらないくせにとちょっと思ってしまいます。いいなと思うテーブルクロスなんかは900ユーロとか結構なお値段です。

丁寧に作られた美しいレフカリティカ


実演も見せてもらいます。細かい作業ですね。多少の値引き交渉は可能(2割引きくらいまで)で、買い物をしていた方もいましたが、お手頃なものでも200ユーロくらいですかね?ニコシアのお土産屋に売っているようなものはニセモノが多いようでお値段が全然違います。

レフカリティカの実演


お店を出たら30分のフリータイムです。地図もなく、どんな村かさっぱりですが、何となくこっちが良さそうかな、と店の奥の方へと歩き始めました。村はなだらかな山の斜面にあるので、坂もあります。登るのはやめておきましょう。

レフカラ村


さらに先に行くと、道が石畳になりました。そうです、そう来なくっちゃ。美しい村に選ばれるからにはやはりアスファルトの道路じゃあまりに趣がないというものです。

レフカラ村の石畳の道


石畳の道を進みます。曲がりくねっていてどこへ出るか分からない感じがいいですね。まぁ30分あるので、最悪15分行って同じ道を戻ることもできますから、どんどん行きましょう。

曲がりくねった石畳の道があるレフカラ村


石畳の道沿いは主に住宅街で、廃墟のような場所もあります。ほとんど人もいません。でもやっぱり猫はいます。

静かな村に猫


猫が私を見たまま目をそらさないので、しばしのにらめっこです。
猫好きだったらキプロスは結構たまらない場所かも知れません。

猫とにらめっこ


脇道も素敵です。なるほどね、こっちに来なければ、どこが美しい村?と不満な顔で帰る所でした。

レフカラ村の脇道


しかし突き当たりまで行ったところで、残念なことにそこは舗装道路でした。
ここも石畳にすれば、格段に雰囲気よくなるのに、そんな道です。上るのは嫌だな、と思っていたら、教会が下の方にあるようなマークがあったので、下ることにしました。

レフカラ村


道は真っ直ぐではなく、入り組んでいますが、とにかく道沿いを進みます。
石造りの家が多いですね。あと、この村は銀細工も有名で、そうした小さなお店もちらほらと見られます。

レフカラ村の教会へ通じる道


やっぱり道がアスファルトっていうのが残念ですね。石畳の場所はあまり残っていないようです。

レフカラ村


次回はレフカラ村後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

テーブルクロス
900ユーロってたかい?よな~
やっぱ自分では作れそうにはないですよね

>石畳の道沿いは主に住宅街で、廃墟のような場所

↑のような場所
廃墟の街とかは
なんか 心落ち着くような寂しいような
気がしますが
ayaさんはどうですか?

猫はちゃんといるんですね~~

Re: こんにちは!

900ユーロ高いですね。ちなみに私は刺繍とか編み物とか経験あるんで、作ろうと思えば作れる感じしました~
もし自分で作ったら、やっぱり900ユーロくらい値段付けるかな、だって時間は相当かかりそうですもの。

廃墟大好きですよ♪遺跡好きですから~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR