北キプロス・ニコシア旧市街(セリミエモスク~ビュユックハン)

2018/02/11 (3日目) 続き

11:00 セリミエモスクの内部見学を終わって外に出ます。入る時には気付きませんでしたが、入口の前にはウドゥのための荒い場があります。ウドゥは礼拝前に身を清めることで、日本の神社参拝前の作法よりも厳格、洗う順番回数が決められていると聞いたことがあります。イスラム教の場合は足まで清めます。

セリミエモスクの洗い場


ガイドさんに質問などしてなかなかモスクから出てこない人もいるので、しばし待ちます。モスクの周辺は結構びっしりと家などが建っています。大聖堂だったころはたぶん大きな広場があったのだろうななどと想像します。

セリミエモスクの隣


モスクの横の道を見てみます。北キプロスで一番の観光地だと思うのですが、お土産屋などはあまりなく、静かな住宅街といった感じです。

セリミエモスク周辺の道


ガイドさんたちが出てきて、次はどこへ行くのかなと思ったらモスクの外側を一周するようです。こちら隣の聖ニコラス教会、古くは6世紀の教会を14世紀に改築したようです。その後、こちらは市場として使用されたと紹介されました。

聖ニコラス教会


セリミエモスクの周りを一周しますが、外から見たらそれこそモスクの面影はなく、大聖堂だった事が伺えるような外観をしています。あそこに時計がありました、ガイドが指さす方向を見ますが、どこ??

セリミエモスクはかつては大聖堂だった


カメラのズームでやっと発見です。これが時計として使われていた当時、何時か分かるほど当時の人は目が良かったのかな?と疑問に思ってしまうほどの大きさです。

大聖堂の頃の時計


その後、大聖堂時代にあった扉が取り外された跡などを見ます。その扉は、別の場所に、スルタン用の扉として取り付けられていました。

付け替えられた扉


脇には広場があり、やっとセリミエモスクの外観をなんとなく捉えることができます。見た目は大聖堂、でもミナレットは明らかにイスラム教のもので、なんとも言えないアンバランスな建物です。

セリミエモスク


次はどこへ行くのか、途中で猫溜まりに足を止めていたら前の人を見失いました。
そんなときのために北のガイドさんはいたようです。迷子を出さずに、ちゃんと南に戻ってもらうのを見届けるのが彼の役目なのでしょうか。

北キプロスの猫溜まり


そしてやってきたのはビュユックハン、昔の隊商宿です。伝統的な建物で、1576~77年にかけて建てられました。

ビュユックハン


2階建て、中庭には小さな建物がありますが、これはモスクだそうです。ここは現在観光客向けの施設になっているので、しばしのフリータイムとなりました。

ビュユックハンの中


まずその小さなモスクを覗いてみます。2階部分がモスクになっていますが、何人収容できるかな?そもそもこの入口、人ひとりが出入りするのがやっとの大きさです。

ビュユックハンの小さなモスク


中庭にはカフェもあります。何人かの人たちはこのフリータイムをお茶しながら休憩時間にする人もいるようです。元々は1階は隊商の馬などをつなぐスペースでした。現在、ここにも猫がいっぱいいて、すり寄ってきます。

ビュユックハンは現在はカフェやお土産屋が


2階も周ってみます。回廊の周りには無数の小部屋があります。
雰囲気はとてもいいです。

ビュユックハン2階


小部屋は現在クラフトショップなどに使われています。おしゃれな小物などがありそうな雰囲気です。ですが、モノを買う気がない私は時間を持て余してしまいました。

クラフトショップ


次回は周辺散策し南に戻ります♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

ウドゥは
足も洗うですかね___φ(゚ー゚*)フムフム

いつの日か
シャワーが付いて
銭湯までになりそうな ・・事にはならんですよねヾ(- -;).

回廊に張り巡らされてる
ロープ?みたいなものは何ですか?

Re: こんにちは!

ウドゥは洗う順番回数とか決まってるんですって。
まぁ日本の神社でも細かい作法ありますよね。柄杓を持ちかえて、みたいな。

回廊に張り巡らされてるのは何でしょうね。
何かイベントとかで飾るのかな、それとも補強?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR