FC2ブログ

キプロス・ニコシア旧市街①

2018/02/11 (3日目) 続き

9:20 ニコシアの旧市街を歩きます。町並みは特に古いとか、きれいとかではないので、観光地を歩いているという感じはしません。趣ある旧市街をむしろ見慣れてしまったせいか、逆にリアルで新鮮な感じがします。

ニコシア旧市街


次の角に大きく立派な建物が見えてきました。大主教の館です。

大司教の館


イギリスから独立した際に建てられた大主教の館、初代大統領でもあった大主教マカリオス3世の像が立っています。

大司教の館


こちらは大主教の車庫。ある程度立派な車に乗るのは当たり前でしょうけど、宗教の高位にある人があまり贅沢な感じを出すのはどうでしょうかね?

大司教の車


近くにはニコシア旧市街の地図です。円形の城壁に囲まれた南半分しか詳細が記されていません。北半分は道は描かれているだけです。この旧市街は南北を分断されているのです。キプロスの北は北キプロス・トルコ系住民共和国によって支配されていて、その境がこの街の真ん中にあるわけです。北側はトルコのみが国と承認しているだけですが、事実上別の国です。

ニコシアの地図


さて、大主教の館の隣は日程表に記載のあった、聖ヨハネ教会です。
1662年建設と歴史があります。大主教座が置かれたので、カテドラルです。

聖ヨハネ教会


入場予定なので、中へ入ろうとしますが、日曜の午前中、ちょうどミサの最中です。交代で後ろのスペースに入らせてもらって、17~18世紀のフレスコ画などをチラ見します。中は、壁や天井にフレスコ画がびっしりです。正教ですが、椅子がありました。内部の写真撮影は元々禁止です。

聖ヨハネ教会


横の窓からもちらっと覗かせてもらいました。ちょっとお行儀が悪かったかな・・・。

聖ヨハネ教会


聖ヨハネ教会の隣には、旧主教館があります。現在は民族博物館になっているそうです。

旧主教館


その向かいの建物はギムナジウムです。周辺には似たような建物で博物館などもあります。

ギムナジウム


次は旧市街の趣を残す地区へと移動するそうです。入り組んだ道を歩きます。道の名前は分かりやすい場所に掲げられているので、地図があればどこにいるかはすぐに分かります。こちらはアントニオス教会です。鐘楼が可愛らしいです。

アントニオス教会


その先にはハジヨルガキス・コルネシオスの家(Hadjigeorgakis Kornesios Mansion)があります。緑の出窓が目立つ古い家です。現在は博物館になっています。

古い家


シンプルな家ですが、門の上の大きな紋章は印象的です。

古い紋章


その先をさらに進むと、ハマムが見えてきました。
ハマムは現役で使用されていて、入口の一角には古い遺跡のようなものをガラスカバーから覗くことができます。

ハマム


そのハマムの向かいにはモスク(Omeriye Mosque)があります。
狭い範囲に教会やモスクが立ち並び、キプロスの歴史を感じさせられます。

モスク


次回もニコシア旧市街をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

街の事情も複雑そうですが
南から北へ行くのに普通にいけるんですか
パスポートとかいるんですか?

Re: No title

こんにちは!

南と北を隔てるグリーンラインは事実上の国境です。
指定の検問所からからしか行き来ができませんし、パスポート必要ですよ~!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR