FC2ブログ

中国・宝興(夜の熊猫古城景区散策)

2017/11/04 (3日目) 続き

20:55 宝興のホテル、盛朋酒店にチェックインします。秘境の宿ということで、いろいろ覚悟していた割りにフロント周りも立派です。パンダの聖地らしくあちこちパンダ尽くしです。

宝興県盛朋酒店のフロント


お部屋も十分な感じです。中国のホテルには水のペットボトルがついてるのもいいですね。

宝興県盛朋酒店の部屋


湯沸しとお茶セット、アメニティも揃っています。どんな宿に泊まるのかとビクビクしていましたが、かなりちゃんとしたホテルで拍子抜けです。

盛朋酒店の部屋の設備


バスルームも清潔で機能的、でも後でシャワー使ったら、水量も温度もちょっと足りず、風邪ひきそうな感じでした。

盛朋酒店のシャワールーム


21:40 部屋に荷物を置いたら、皆で夜の宝興の町に散歩に出かけます。
普通に町ですね・・・。田舎の村を想像していましたが、かなり栄えている感じがします。

宝興の町並み


町の中にもパンダのモニュメント、と言ってもなんだかあまり可愛くありません。パンダに限っては絵やぬいぐるみ、こうした像含めて、本物以上に可愛いものは見たことがありません。

宝興のパンダ像


驚いたことに、かなりちゃんとしたスーパーマーケットもありました。何でも売っていそうです。しかもこの時間にまだ営業しているなんて、中国の田舎、侮れません。

宝興のスーパーマーケット


ポッキー類だけでもこの品揃え。秘境に来たつもりでいましたが、パンダの里も、かなり人間に侵略されている事が分かりちょっとショックです。

スーパーマーケットの品揃えも豊富


と言っても、ここは宝興県の中心の町のようです。熊猫古城景区として観光拠点としても整備されているみたいですね。地図の範囲はとても狭いように見えます。

熊猫古城景区の地図


町の通りには、水路まで設けられています。作られた景観です。実際、観光客らしき人の姿はほとんどなく、夜の町はひっそりとしています。

町中の水路


街灯もパンダ柄。
徹底的にパンダがモチーフになっています。

パンダ柄の街灯


町は川沿いにあります。対岸にも中層の建物がびっしり。想像以上に普通に明るい町です。

宝興河


建物はどれもこれもライトアップ、しかもこれ、色が刻々と変わるんですよね。それも連動しているかのように一斉に色が変わっていきます。

七色に変わるライトアップ


シャッターにもパンダ。とにかくパンダだらけ。パンダファンの私たちは絵のパンダであっても見つけたら写真に撮らずにいられません。

シャッターもパンダ柄


町の中心に至っては、いっぱしの大都会の一角のようにも見えます。
本当にこの近くに野生のパンダが生きているのかな?むしろそちらの方が疑わしく思えてきました。

宝興の中心


次回は続きから蜂桶寨保護区までをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

パンダの聖地ですか~
上野動物園じゃなかったんですね(笑)

中国の田舎って
イメージでは秘境という言葉がでそうなんですが
仙人がすでるとか(^o^)
広そうですからね~

Re: No title

こんにちは!

19世紀にパンダ発見の舞台となり、今も野生のパンダが暮らす場所、
すごい秘境のはずですが、その入口には立派な町ができていました~。
中国は広いですが、四川の辺りは少数民族も多く、秘境と言えど結構人が住んでますね。
まぁそういうことがパンダが減った一番の理由かもしれません。

No title

お久しぶりです。とくにパンダに興味がない僕は(ayaさんのパンダ熱には感嘆しながら 笑)なんとなく斜め読みしてきたのですが・・・宝興おもしろそうですね。観光地として使えると判断したので一気に街のてこ入れをしたのでしょう。宝興のような街はところどころにありそうですね。中国の街の造り変えにはときどき感心というか驚きます。

Re: No title

こんにちは!
私も成都を訪れるまではパンダに特に興味はなかったのですけどねぇ(笑)
宝興は成都から車で4,5時間もかかる秘境ですけど、パンダ好きな人にとっては聖地ですからね。
でも、これ以上観光化されると、野生のパンダ達にも影響が出るんじゃないかとちょっと心配になります。
中国は、ほんと日本ではありえない速さで街が作り変えられることがありますからね、
1年行かないだけで、別の町、よくあるようです。

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR