FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(行動観察体験)

2017/11/03 (2日目) 続き

14:30 パンダの行動観察をし、30分の記録を実際に取る体験実習の時間です。幼年園か亜成年園で、好きなパンダを選んでいいとの事です。30分じっと見てるならやはりお気に入りのパンダがいいですよね。早速幼年園に移動しましたが、私のお気に入りの思念(スーニェン)は仲間と共にいつもの木の上で寝ていました。これは30分の間に動く気配はありません。

幼年園パンダの成る木


30分間寝ているだけのパンダの記録を取るのは実習としても面白みがないので、別のパンダを探します。木の上に寝てたのは3頭、残りの3頭がどこかにいるはずです。福娃(フーワー)と晶奥(ジンオウ)が激しく遊んでいるのがちらっと見えましたが、木々の中に消えました。幼年園の庭は広くて死角も多く、行動が活発な年頃なので、観察中に観察対象を見失っては話になりません。

パンダが見えないことも多い幼年園


仕方なく亜成年園に移動します。途中には、成年園があります。迎迎(インイン)が起きていました。太陽産室で赤ちゃんパンダを産んだ妮妮(ニーニー)の双子の兄です。

成都パンダ基地成年園に暮らす迎迎


亜成年に移動すると、一番手前にいた野生出身の乔乔(チャオチャオ)が起きていたので、このパンダを観察すると何人かが決めました。私は更に奥へと向かいます。でも亜成年園はとても広く、内側にある運動場はほとんど森状態、パンダがいるのかどうかも見えないことが多いです。と思ったら、高い木に誰かいますね。

成都パンダ基地亜成年園の中心部は森


ズームで確認しましょう。以前に来た時にもここにいたのと同じパンダのようです。
一緒にいたPandapiaスタッフに確認してもらったら、娅仔(ヤーザイ、12歳、雌)でした。多くの兄弟姉妹はたくさんの子持ちですが、自身はまだ子どもはいないようです。肉眼で観察が難しいし、木を下りられたら姿が見えないので観察対象には向きません。

森の木で暮らすヤーザイ


亜成年B区まで行くと2013年アトランタ生まれの美倫(メイルン)美奐(メイファン)の双子姉妹のエリアがありますが、双子のどっちかわからない片割れが繁みの中で寝ているのが見えただけで、もう1頭は姿すら見えません。この庭も森状態で全く見えない場所が多いです。

室内展示場なら観察はしやすいと先へ行ったら、同じくアトランタ生まれの美蘭(メイラン)が敷物のように寝ていました。最愛のパンダ七喜(チーシー)のパパパンダなので30分じっくり見るのもいいかなと思いましたがなかなか思うようにいきません。しかし30分の記録をしなくてはいけないのに、時間がなくなりました。結局、亜成年B区の端の見やすい運動場にいた思縁(スーエン)を観察することにしました。しかし寝ています・・・。

亜成年B区で暮らす思縁


思縁は私のお気に入りパンダ思念のママパンダです。とても母性の強いパンダで、2017年の初めまでは、幼年園で実子を含め6頭の子パンダの保育ママをしていました。子パンダたちを引き連れて歩く姿はとてもかわいかったです。1歳半近い子パンダたちに囲まれてお乳をせがまれても嫌がらないやさいいママでした。

そんな思縁が幼年園を去る日のこと、ライブカメラに映らないバックヤードで、辛抱強く思縁を呼ぶ飼育員さんと、移動用ケージに入ることを拒む思縁の声が長時間響き、最後は悲痛な鳴き声を上げて子離れを拒否している思縁のことを思い出しながら、寝ている思縁を観察し続けます。思縁は、手(前足)の先に白い毛があるのが特徴、ちらっと見せてくれました。

白手袋をちらっと見せる思縁


行動観察では、1分毎にその瞬間パンダが何をしていたかを記録します。まぁ、ほとんど寝てるにチェックするのですが、たまに寝がえり打ったり、体を掻いたりすることもあります。亜成年B区の一番奥は、成都パンダ基地の中でも一番人が少ないエリアですが、そんな所で、寝ているパンダをずーっと見続けている私は、パンダよりも注目されます。記録シートを覗き込んで何やってるのかと聞いてくる人が多いです。

午後の早い時間はパンダはだいたい寝ている


15:30 幼年園に集合です。そこで科学教育部門の先生からフィードバックを受け、記録用紙を提出し、体験実習の記念品(パンダ本、バゲージタグ、キーホルダー)をもらいました。Pandapiaさんもお土産くれるし、物欲がなく何も買わない私でもお土産が増えていきます。

パンダグッズのお土産


後は解散で、17:00入口集合のフリータイムとなりました。気付いたら誰もいなくなっていました。今日まだ見ていないエリアや月亮産室の方へ行った人が多いと思います。私も月亮産室へ行きたいですが、坂を上がる前に幼年園や太陽産室をもう一度見てから行こうと思います。

まずは幼年園の思念を見に行くと、他の仲間がもう起きて木にいなかったのに、思念はまだお気に入りの木で寝ていました。夕方、飼育員さんが帰宅合図で呼ぶまで、いえ、呼ばれてもなお、この木に籠城している事が多い思念です。帰宅しないので、わざわざ説得に来るのが日常になっているほどです。

お気に入りの木で過ごす思念


他の仲間達はお昼寝タイムが終わり、遊んでいるようです。パンダ舎側へ周ると、飼育員さんもパンダたちを見守っていました。掃除などの作業から手が空いた時にパンダ達を観察するのも大事な仕事なのです。

成都パンダ基地幼年園


パンダ舎の穴の方で遊ぶパンダたち、手前でごろごろしているのは、思筠筠(スーユンユン)です。思縁の産んだ双子は男の子ながら母親譲りのやさしい性格で、のんびり屋さんです。

パンダ達が遊んでいる様子


次は幼年園からはすぐの太陽産室へと向かいます。母子園では午前中姿が見えなかった福順(フースン)が起きていて、飼育員さん用のドアに張り付いています。その手前で、ママパンダの奇福(チーフ―)は木の又でまだ寝ています。

福順と奇福親子


太陽産室を半時計周りに一周してから月亮産室の方へ行こうと思います。午前中に姿が見えなかった運動場で、パンダを発見、こちらは双喜(シュアンシー)か双欣(シュアンシン)の双子姉妹のどちらかと思います。両方いればどちらかわかりますが、片方だけだとどちらか自信ありません。

パンダの見分けは難しい


午前中、福来(フーライ)が遠くに寝ているのが見えた第三活動場に来ました。あ、子パンダが増えています。3頭見えますね。最近は、午後になるとママパンダを屋内に回収して、この運動場を共有している子パンダだけを出しているようです。そろそろ親離れの準備に、母子だけの時間と、仲間達との時間、両方をうまくバランス取っているのかも知れませんね。

子パンダ達の遊び時間


次回は可愛すぎる1歳の子パンダたちを中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

猿も木から落ちる」

やっぱ
パンダも木から落ちることはありますよね

猫みたいに くるくる回って着地するんでしょうか(^o^)

Re: No title

こんにちは!

パンダも木から落ちることありますが、そのままどてっと落ちますね・・・。
結構へっちゃらな顔して歩き出すパンダが多いですが、高い木から落ちれば
命の危険もありますね。

この記事に出てきた迎迎は2歳の時、高い木から落ちて何十時間も昏睡状態になったことで有名です。
野生の環境なら死んじゃうこともあるし、得意なことでも油断は禁物ですね!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR