中国・成都パンダ基地(2号別荘パンダ釣り~竹韻レストラン)

2017/11/03 (2日目) 続き

11:05 2号別荘でパンダ釣りと呼ばれるパンダのおやつタイムが始まりました。ここでは長い棒の先に直接おやつを刺してパンダに差し入れします。後ろ足を鍛えるためにちょっと立たせたりします。一番乗りのおとうふこと点点(ディエンディエン)がりんごをもらっている間に奥から小雅(シャオヤー)もやって来ました。

2号別荘パンダ釣り慶小


小雅と点点、りんごをおいしそうに食べます。パンダがかわいい理由のひとつは、こうして手(前足)で食べ物を持って食べることかも知れません。

2号別荘パンダ釣りの小雅と点点


次はパンダケーキをもらいます。
基本的に竹しか与えられないパンダたちにとって、おやつは大好物のようです。しかし他の2頭のパンダは、飼育員がいくら呼んでも現れません。

2号別荘のパンダ釣り


おいしそうにおやつを食べるパンダたち。点点の双子兄の啓啓(チーチー)は木の上で寝たまま、動こうとしません。眠気には勝てないようです。

小雅と点点


さて、以前にも紹介しましたが、点点にはある癖があります。おやつの後、普通のパンダはお腹の上や地面などに落ちたケーキの破片や、手についたりんごの汁などを舐めたりするのですが、点点の場合は何故か仲間の耳を吸います。いつもなら兄の啓啓が耳を吸われる役なのですが、今日は木の上、さぁどうするのでしょうか?

パンダファンたちがどうするかなと見守っていると、躊躇なく、隣にいた小雅の耳を吸い始めました。誰の耳でもいいのか・・・。結構強引に仲間の耳を吸う点点には苦笑するしかありません。パンダそれぞれに個性があるので、識別できるようになるとパンダを見る楽しさがどんどん増します。

小雅の耳を吸う点点


耳吸いの様子を動画でどうぞ。長いので、途中でカットです。



最後まで木から降りなかった啓啓はずっと寝たままですが、あれほどおやつの時間を待っていた小妮(シャオニー)はどこ行った?待ちくたびれて寝てしまっていたのかな?奥の方で、後からおやつをもらったようです。幸せそうに食べています。

パンダケーキを食べる小妮


耳吸いが終わってやってきた点点と小雅がそこへやってきて、小妮ピンチです。
しかし自分のおやつは守り抜きました。私の大好きな七喜(チーシー)のように簡単に取られる子もいれば、ちゃんと自分の分を死守できる子もいるのです。

小妮おやつ頂戴


11:20 2号別荘のパンダ釣り見学も終わったので皆で幼年園へ移動します。
7,8分で幼年園に到着です。先ほど2号別荘にいた子たちの同級生、2015年うまれの6頭が生活しています。ジャングルジムのような木の構造物の上で1頭寝ていますが、他の子たちは見当たりません。どこ行ったかな?

成都パンダ基地幼年園の庭


幼年園の庭は結構広いので、奥の方まで見に行くと、大きな木の上に3頭いました。ここはパンダ達が好きな寝場所です。左の木に上下に2頭、右の木に1頭です。下から見上げて顔を確認します。

成都パンダ基地幼年園の奥の木で寝るパンダ達


私の好きな思念(スーニェン、雄)は左の木の下にいました。変な格好で木にひっかかって寝ているので、顔が分かりにくかったですが、このお腹の白さを見ても間違いないです。じっくり観察したところ、その上にいたのが晶運(ジンユン、雄)、右の木が晶奥(ジンオウ、雄)でした。

お気に入りの木で寝る思念


少し先の地面に、思念の双子の弟、思筠筠(スーユンユン)がいて、人間たちに愛想を振りまいていました。雄ですが、女の子のようにかわいいパンダです。私の大好きな七喜とは血縁が濃く、父が一緒、母が姉妹、という間柄です。よく似ています。

かわいい思筠筠


11:45 パンダたちもほとんど寝ているし、そろそろ昼なので、ランチに向かうことになりました。成都パンダ基地内の入口近くにある竹韻レストランへと移動です。10分ほど歩きます。
竹韻レストランは割とちゃんとしたレストランで、やや高めなのか、あまり混んでいるのを見たことがありません。

成都パンダ基地竹韻レストラン


今回は参加者が8名だけなので、1テーブルでお食事できます。そう言えば、中国の動物園やこうした施設では、短時間で帰る人や弁当持参で来る人が多いようで、レストランなどはあまり充実していないことが多いです。さらにパンダファンだけで個人で来ると、食事そっちのけでパンダを見るので、お昼抜きというのも多いみたいですね。

竹韻レストラン


竹韻レストランのメニューはタケノコなどを使ったものも多く、ご飯の器も竹です。
午前中の各産室の見学で、どこに誰がいたなどの情報を交換しあったり、パンダ談義をしながらの楽しい食事で、他に何を食べたか全く覚えていません。

竹にこだわるレストラン


次回は幼年園のパンダ釣りをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR