オーストリア・シェーンブルン動物園~ラートハウスケラー

2017/05/17 (7日目) 続き

12:20 パンダ達にお別れした後は、出口へと向かいます。隣のキリン舎を通ると、先ほど奥の方にいてよく見えなかったキリン、私の方へと近付いてきてくれました。キリンはやさしい顔をしているように見えるので好きです。

シェーンブルン動物園のキリン


そしてシェーンブルン動物園で最後に見たのはフラミンゴになりました。
緑にとても映える色をしています。この気候が合っているのか、暑いのに割と活発に動いています。

シェーンブルン動物園のフラミンゴ


12:24 シェーンブルン動物園を出ます。入園する時もこのヒーツィング(Hietzing)口から入ればパンダはすぐでした。出口は脇にあります。

シェーンブルン動物園のヒーツィング口


動物園から出てもそこはまだシェーンブルン宮殿の庭園です。大温室の脇を通り、地下鉄駅へと急ぎます。鴨が列をなして歩いていてかわいいです。動物園の延長みたいな感じです。

シェーンブルン宮殿庭園の大温室と鴨


12:30 ヒーツィング(Hietzing)駅に到着です。駅から動物園までは徒歩10分ないです。
券売機で切符を購入、ウィーンの地下鉄は予備知識なしでも簡単に切符を買えます。市庁舎までなので1回券2.2ユーロを購入、一日フリータイムなら24時間券とかいろいろ種類もあります。

ウィーン地下鉄の券売機


方面によってホームへの入口が違いますので、行先さえ間違えなければOK、おっとホームに下りる階段前にいかにもという感じの打刻機があります。ヨーロッパではこうした打刻機で自分で打刻する方式が多いのですが、これをやっておかないといくら切符を持っていても罰金取られますので要注意です。これだけ目立つような場所にあってくれると助かりますが、ホームなどで探さないといけない場合もあります。

ウィーン地下鉄の打刻機


ホームに行くとどこ行が何分後に来るという表示があります。電車は5分おきくらいにあるようです。電車の椅子はプラスティック製で固いものです。きれいで、治安は良さそうですので、安心して乗っている事ができます。

ウィーン地下鉄の電車内


10分ほどでカールスプラッツ駅に着くので、U2の矢印に従って2号線に乗り換えます。
すぐに来た電車でラートハウスへと向かいます。
12:56 ラートハウス駅に到着です。日本でもありがちですが、さてどこの出口から出たらいいんでしょう。わからないので、適当に出ます。

ウィーン地下鉄ラートハウス駅


地下鉄を出ると、日本でも初めての駅だと方向を見失います。ええとこの立派な建物が市庁舎かな?こんなだったっけ?ウィーンにはこんな感じの立派な建物が多すぎて見分けるのは難しいです。目指すは市庁舎地下にあるレストラン、これが市庁舎だとして、入口はどこだろう。

ウィーン市庁舎裏側


建物沿いに周ると、そうそう市庁舎こんな感じだったという景色に遭遇です。さらにツアーバスを見かけたので、おそらくツアーの皆さんを降ろして回送する所だったのでしょう。どうやら無事に合流できそうです。しかしラートハウスケラーの文字が入ったステンドグラスの扉を見つけて中へ入ると事務所のような所に突き当たってしまいました。どうやら入口を間違えたようです。

ウィーン市庁舎


市庁舎の表側まで来ると右端にとても分かりやすいラートハウスケラーの入口を発見しました。やれやれ、やっと発見です。13:00を3分だけ周った所でした。ツアーは時間通り13:00に到着したみたいですね、添乗員さんの時間管理はすごいです。

ラートハウスケラー入口


階段を降りて行くとレセプションに人がいたので、グループだったらまっすぐ行って右ねと教えてもらい、さりげなくグループに合流できました。ラートハウスケラーはとても広いレストランでいくつものホールがあり、内装もクラシックで豪華、どこかのお城の中みたいな感じです。

ラートハウスケラー内部


大きなランプシェイドや窓にはステンドグラスが使われ、それもかなりいいガラスが使われている丁寧な作品です。ちなみに私が午前中離団していていなかったことは、他の方たちにはほとんどバレていませんでした。

ラートハウスケラーのステンドグラス


食事はスープの後にメインはお魚、デザートはなしです。昨日ハルシュタット岩塩抗にご一緒した娘さんには、午前中私がいなかったのはバレていて、一人で好きな所に行ってきたと言ったら、その手があったかと羨ましがられました。うち同様、昨晩今日の午後の自由行動の件が元で親子喧嘩になったそうです。やっぱり実の母娘だと遠慮もないので喧嘩になるのも仕方ないですね。

ラートハウスケラーの魚料理


13:55 レストランを出て、バスで移動します。午後は自由行動なのですが、お土産屋さんで解散となっているからです。オペラ座の前でバスを降ります。母にちゃんと集合場所覚えている?と聞くとザッハーの脇のベンチの所、と言うので念のため他の人にも聞いてダブルチェックしようとしたら、集合場所どこだっけと逆に聞かれたので、添乗員さんに確認しました。
写真はオペラ座です。

オペラ座


やってきたのはウィーンにツアーで来たら必ず立ち寄るお土産屋さんワルツです。売り場の説明、セール情報、などを日本語でお店の人から聞き終わったら解散、18:00にザッハー脇で集合のフリータイムです。さぁ、母よ、どこへ行きましょうか?

ワルツ


次回はウィーンでのフリータイムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

いくらなんでも
キリンの首から滑り台のように降りたい
とは思いませんよね^(笑)
あちらあの電車は
定時どうりに運行するんですか?

Re: No title

こんにちは!

キリンの滑り台いいですね~
あ、キリンの首の上に登らなくちゃいけないのか。それは高いからダメだな。
オーストリアの地下鉄は時刻表通りかどうかわかりませんが、次が何分後って
なっているので、日本みたいに時計確認するより親切ですね~。
定刻が何時何分より、何分おき、という考え方の方が理にかなってますよね~。

No title

親子喧嘩だけでなく夫婦喧嘩もありますよ。
今回は、家内の希望でイギリス南部の古城めぐりをしたのですが、1年近く前から決まっていたのにスケジューリングも出来ていなくて、現地に着いてからあそこに行くの行かないのと、予定変更ばかり。
行ってみたら、お休みだったりと、喧嘩の絶えない旅行になりました。(あ、今日が最終日です)

ayaさんのお母様が私の家内に近いのかなぁ。
家内は元々旅行好きではないので、旅行好きとは思考回路が異なるみたい。

Re: No title

お疲れ様です~。
同じ程度の旅好きと一緒だとほぼ喧嘩にはならないですが(内心いらっと程度は仕方ない)
タイプが違うとどうしても喧嘩になっちゃいますよね。
うちの母の場合は、年に一度の海外旅行だけが楽しみ、という割に何がどう楽しみなのか
聞かせてくれって感じです(笑)
期待するものが全く違う次元なんでしょうねぇ。

気を付けてお帰り下さいね~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR