オーストリア・シェーンブルン動物園①

2017/05/17 (7日目) 続き

9:00 シェーンブルン宮殿の一角にある動物園の開園時間です。裏の出入り口は私の他にほんの数人が開園を待っていました。時間通りにチケット売り場が開きます。

シェーンブルン動物園の裏門


入場料は大人18.5ユーロ、クレジットカードでも払えます。ちょっと寄るだけだと高いと感じるお値段、午前中ギリギリまで楽しみたいと思います。チケット買ったら早速入場します。この動物園は1752年にマリア・テレジアの夫、フランツ一世が宮殿敷地内に創設した現存する世界最古の動物園です。

シェーンブルン動物園のチケットと地図の載ったPLAN


さて、私のお目当てのパンダたちは、実はこの出入り口から一番遠い所に住んでいます。分かってはいたのですが、動物園内を突っ切ればいいやと甘く考えていました。しかし、いきなり困ったことになります。裏の入口付近で見れる動物は牛くらい、それで、パンダの方へ行く道はどこ??そう道が見当たらないのです。そして開園直後のため聞こうにも人がいません。

動物園に牛


地図を見てもどこに道があるのか分かりにくく、ここ?行ける?という細い道を進むと、吊り橋ぽい通路とか出てきました。地図を見ると、うーん確かに橋っぽい絵が描いてある。パンダたちがいる宮殿よりのエリアとは森で隔てられているようです。

シェーンブルン動物園内の森を渡る吊り橋


グロリエッテが高台にあったんだから、裏の入り口も高台にあり、動物園内の森の中を下らなければなりません。森の中に見える構造物は下のエリアの動物の飼育舎でしょう。園内を斜めに突っ切る道があると思い込んでいたのが間違いでした。森の一本道、迂回を余儀なくされます。

シェーンブルン動物園は庭園の森の中


なんだか遠回りさせられているような気がする・・・。さっき渡った橋の下を通っているよ、なんだか最初から失敗したという気持ちと早くパンダを見たいという焦りで、この誰もいない道をひたすら速足で抜けます。

シェーンブルン動物園内の森の道


坂道を下り切り、視界が開けたところで、あ、いたいた。違う、おしい、熊です。
ハンモックのようなネットでゆったりと休んでいます。色が黒くて、目立ちません。

シェーンブルン動物園の熊


熊見てる場合じゃない、パンダに急がなくちゃ。そうこんな暑い日はパンダは朝一が大事な時間なのです。隣を見ると、うーん今度は白過ぎ。シロクマです。はやる気持ちを抑え、立ち止まって地図を見ると、パンダはまだまだ先の方です。

シェーンブルン動物園のシロクマ


走って向かいましょう。その足を止めたのは、あ、白黒!ペンギンの池です。フンボルトペンギンかな?そう言えばパンダに夢中になる前はペンギンが好きだった。どうやら白黒のものに弱いようです。

シェーンブルン動物園のペンギン


池の中を泳ぐペンギンが気持ちよさそうです。いや、ペンギン見ている場合じゃない、パンダパンダ。

シェーンブルン動物園のペンギン池


地図を再確認すると、ここから先は円形に配置された展示場があって、外側を周ると時間がかかりそうなので、まずは円形の中心を通ってパンダの方へ行こうと思います。地図を頭に入れて再び歩きだします。かわいい小動物もいますが、後でパンダが寝たらね~。

シェーンブルン動物園の小動物


円形の中央にあるパビリオンが見えてきました。皇帝夫妻が朝食を取りながら動物を眺めたという建物で、現在はカフェレストランのはずですが、どうやら改修中のようです。どうせ休憩する時間はないからまぁいいとしましょう。この裏側に行くとパンダ舎があります。

シェーンブルン動物園のパビリオン


9:13ようやくパンダ舎に到着です。いたいた~。親子で外の展示場に出ています。ママは阳阳(陽陽、ヤンヤン)、2000年生まれで、2003年3月にオーストリアに来ました。阳阳は上野動物園のシンシンの姉にあたります。連れているのは昨年2016年8月7日生まれの双子、雄の福伴(フーバン)と雌の福凤(福風、フーフン)です。初めまして~。

シェーンブルン動物園に暮らす陽陽と2016年生まれの双子パンダ


外の展示場は結構木が植わっているし、奥行きがあるので、パンダを見るのはちょっと大変。それでも、ガラスで囲われたお庭は見やすく、一部はガラス越しではなく見られるので、写真は撮りやすいかも知れません。一見して熱心なパンダファンと見られる数名の方たちが、立派なカメラやバズーカを手に皆で静かにパンダの親子を見守っています。

シェーンブルン動物園のパンダの野外展示場


とりあえずパンダ達が起き、動いている間に辿り着けて良かった。夏など気温が高い時には、パンダは外の気温に耐えられず、室内の冷房の効いた部屋に入ることも多いし、そもそも寝ている時間も長いので、朝一が活発なパンダを見られる一番のチャンスなのです。双子の子たちどっちかがどっちかわかりませんが、まだ1歳未満なのでぬいぐるみのようにかわいいです。

2016年ウィーン生まれの双子パンダ


なかなか手前に来てくれないパンダ達ですが、パンダの動きは予想が付きません。双子の片割れが、元気よくこちらに来てくれました。上野動物園で今年生まれたパンダはこの子たちの従妹になりますね。実はシンシンには姉妹が多いので、いとこはたくさんいるんですよ!

生後9が月のウイーンの子パンダ


次回、じっくりパンダ舎をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

じつは
巨大迷路やたんでしょうかね~

ayaさん黒いパンダのほうが可愛かったんじゃありませんか(笑)

飼われてる場所が草むらで
今まで見た公園とは違いますね

Re: こんにちは!

こんにちは~

迷路っていうかー、入ってしまえば一本道なんですが、入口を探す
ゲーム付きだった!という感じです。

パンダは白黒だからかわいいんです。黒だけでも白だけでもダメです!
草むらなのは季節にもよるのかもしれません。木でも地面でも、緑生い茂る
季節はパンダは見つけにくいし、寒い方が活発なので、やっぱり冬がいいですね~。
何しろ宮殿の動物園なので、もっと人工的な狭い所と思ってましたが自然いっぱいで
動物たちには良さそうです!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR