オーストリア・シェーンブルン宮殿庭園

2017/05/17 (7日目)

7:00過ぎに朝食を食べに行った帰り、添乗員さんに会えたので離団書を提出し、母のことをお願いします。今日は、シェーンブルン宮殿見学の後、ベルベデーレ宮殿も入場、ケルントナー通りを歩き、市庁舎下のレストランで昼食、その後お土産屋で解散し、自由行動という予定になっています。ウィーンは何回目かなので、この組み込み観光を私だけ離団して、ランチに合流することにしました。

8:00過ぎ、一人でホテルを出ます。ツアーの集合時間は8:45なので、少し早めに出ることにしました。どこへ行くかと言うと、皆と同じシェーンブルン宮殿なので、ツアーバスでそこまで一緒に乗って行ってもいいのですが、あえて早めに行くことにしました。ホテルから歩いて、ヒーツィング(Hietzing)という地下鉄駅を目指し歩きます。一人になって身も心も軽くなりました。

ヒーツィング(Hietzing)駅前


最寄りのヒーツィング門からシェーンブルン宮殿の庭園へと入ります。庭園だけなら無料で、朝早い時間から開いています。私の目的地はどこかと言うと、あの大温室の向こうにあるシェーンブルン動物園です。世界最古の動物園として有名ですが、私の目的は最近の行動でお察しの方も多いかと思いますが、そうパンダです。

ヒーツィング(Hietzing)門からシェーンブルン宮殿庭園に入り見える大温室


動物園の開園は9:00なので、それまで広大な庭園を散策します。
せっかくだから並木道を抜けて、宮殿の姿も見てきましょう。

シェーンブルン宮殿庭園の並木道


まだ早い時間で、観光客はおらず、地元の人が時々ランニングやら散歩する姿を見かける程度です。その静かな中、唯一動くものがあるので、自然と目を引きます。
リスです。人がいないので、道に出てきて何か拾って食べています。

シェーンブルン宮殿庭園に暮らすリスたち


周囲の並木を見ると、木の幹にもリスたちが走り回っています。追いかけっこをして遊んでいるのかな?あちこちにいて、探す手間は要りません。あまり近付くと逃げるので、そうっと見守ります。

シェーンブルン宮殿庭園を走り回るリスたち


中には人に慣れているのかこちらへ寄ってくるリスもいます。
チョロチョロしていてかわいいですが、リスの中に一人だけだとちょっと怖い感じもします。
小動物相手にびびり過ぎですね。

シェーンブルン宮殿庭園に住むリス


動物園の脇を通ると、一部の動物は庭園からも少し見えるようになっています。
なんだろう?大型の動物です。

外からチラ見したシェーンブルン動物園


さらに歩き、庭園のちょうど中央あたりにある、ネプチューンの泉に出ました。
巨大な泉です。前にも宮殿の方からここまでは歩いてきたことがあります。

ネプチューンの泉


ネプチューンを中央に、美しい彫刻で飾られたばかでかい泉で、写真ではわからないかも知れませんが、それこそ宮殿一棟分くらいの大きさがあります。

ネプチューン他彫像で飾られた泉


ネプチューンの泉から正面に見えるのがシェーンブルン宮殿です。
1441部屋もあるという内部も豪華な宮殿で、私も最低でも2度は見学しことがあります。これでも離宮です。

ネプチューンの泉から見たシェーンブルン宮殿


さて、ネプチューンの泉がある角の所にもシェーンブルン動物園の入口があります。動物園は庭園の一角にあるのです。かわいいパンダの横断幕にテンションも上がりますが、開園まではまだ20分あります。大温室裏の入口に戻るにしてもまだ時間があるので、もうちょっと庭園を散歩します。

ネプチューンの泉脇にあるシェーンブルン動物園入口


ということで、坂を上がってやってきたのは、宮殿と向かい合うようにして奥の丘に建つグロリエッテです。プロイセン勝利と戦没者慰霊のために建てられた記念碑で、宮殿の方からいつも遠くに見ていた建物、一度来たいと思っていました。

グロリエッテ


グロリエッテはカフェになっていますが、まだ営業時間前です。グロリエッテは高台にあるので、ここからの眺めは素晴らしいです。巨大な宮殿も小さく見え、その向こうにはウィーンの街が一望できます。

グロリエッテから見たシェーンブルン宮殿とウィーンの街


日中であればオーストリアで一番の観光地であるシェーンブルン宮殿、例え広大な庭と言えどたくさんの人がいるはずですが、朝は静かなものです。グロリエッテが水面に映るとてもきれいな姿を見ることができました。

グロリエッテ


さて、9:00まで残り10分となりました。10分で温室裏の入口に戻れるかな?手持ちの地図を見たら、グロリエッテに一番近い、もうひとつの門があることがわかりました。庭園の奥の方の道を歩く機会はないでしょうから、その門を目指すことにします。森の間にできた道を進みます。ジョギングする人を多く見かけました。今日も暑くなりそうな厳しい日差しです。

グロリエッテから動物園裏門に行く道


9:00前に動物園の裏門に辿り着きます。その裏側、子供が森を覗いているのでなんだろうと見たら、エミューがいました。ここは動物園の外ですが、鳥類などが飼われているようです。

動物園の外側に飼われているエミュー


次回はシェーンブルン動物園をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

パンダいるんですね___φ(゚ー゚*)フムフム
全世界何処にでもいるんだろうか?(動物園ですけど)

木を降りるリスをとらえる
腕見事です、
ayaさん高所恐怖だけど
反射神経ありますね~^(笑)

Re: No title

こんにちは!

パンダは繁殖の共同研究みたいな目的でしか海外に貸し出しできないんですよ。
だから繁殖可能なペアでの貸し出しで、生まれた子供は中国に帰らなければ
いけません~。昔と違って、パンダはみんな中国籍なんですよ。

ちょろちょろ動くリスさんはのんびりパンダと違って撮り辛いと思いますよね?
最近のカメラはちゃんと撮れてすごいですよね。最も押すのが遅ければ、ただの
木しか写らないはずだから、少しは私の腕前?なのかな?
そういえば持久力はないけど、反射神経とか運動神経は抜群なのでした♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR