オーストリア・ハルシュタット~メルク

2017/05/16 (6日目) 続き

12:00 展望スポットでゆっくり高台からの絶景を楽しんだ後はケーブルカーでハルシュタットの町へ下ります。ケーブルカーはこうして見ると、すごい角度がついていますね。

ハルシュタット岩塩抗へ上がるケーブルカー


乗り場から下を見たら、やっぱりすごい斜度です。この山と湖の間にできているハルシュタットの町、すごい所に町を作ったものですが、やはり古くから塩抗があったからこそなのでしょう。

ハルシュタットのケーブルカー乗り場から見た町


ケーブルカーの中からの眺めも見逃せません。高所恐怖症の私でも窓に張り付くくらいの景色です。

ケーブルカーから見るハルシュタット湖


12:10 町の入口に戻ってきました。こちらの石像は岩塩抗で働く抗夫の像でしょうか。景観が世界的に有名な町ですが、元々は世界最古の岩塩抗がある塩の町なのです。ツアーの集合場所はこのすぐ近くですが、手荷物を預けたホテルへとまた町を一往復しなくてはなりません。往復の時間を考えると、レストランでランチは無理そうです。

ハルシュタットにある岩塩抗の抗夫像


この町にはテイクアウトで食べ歩けるような軽食を売っているお店は見当たらないので、後で持参の食糧でエネルギー補給するとして、天気もいいし、少々疲れたのでおいしそうなアイスクリームを探しながらヘリテージホテル本館まで歩きます。

ところが、ホテルへ帰って荷物をピックアップしようとしたら、フロントの人曰く、預かった手荷物も全部バスに運んだよ、と。荷物を取りにだけ来たのに・・・、片道だけでも持ち歩かなくて済んだのでよしとしましょう。でも信じていいのかな?

目を付けたアイス屋さんでアイスを買って歩きながらまた来た道を戻ります。1スクープ1.3ユーロ。たしかマンダリンとヨーグルト、すっごくおいしかったです。

ハルシュタットのアイスクリーム


バスの駐車場まで戻り、まだ集合時間の13:00まで時間があるので、目の前のスーパーマーケットへ買い物に行きます。ここにもハルシュタットの塩が売っています。今日は天気がよく塩抗の中以外は暑かったので、もう汗だく、冷たい飲物とかも一緒に仕入れます。クレジットカードは15ユーロから使用可です。

ハルシュタットのスーパーマーケット


少し早めにバスに行き、確かに手荷物が届いているかを確認します。13:00集合でしたが、一部の人たちが来ないので少々待たされます。どうやらほとんどのレストランは12:00オープンだったようで、急がせても1時間でお店を出るのがやっとだったようです。
13:10美しいハルシュタットの景色に別れを告げ、バスで出発です。

ハルシュタットの景色


14:00 トラウン湖を通過します。大きな岩山はトラウンシュタインだそうです。ザルツカンマーグート地方の一部の美しい景色です。

トラウン湖とトラウンシュタイン


山や湖以外にもこの季節ならではの美しい風景が見られます。菜の花畑です。黄色の色鮮やかさは周囲の緑の色や、空の青さにとても映えます。

菜の花畑の風景


途中、トイレ休憩を一度挟み、ヴァッハウ渓谷方面へとバスは走ります。
今日はバス席が最前列に指定されていたので、添乗員さんに明日の予定をこっそり聞きます。母を連れ歩くのに段々疲れてきた私にはちょっとした計画があるのです。

16:00 ヴァッハウ渓谷のメルクにあるメルク修道院が見えてきました。丘の高台にぽつんと立つ大きな修道院です。メルクとはスラブ語でゆるやかな川という意味だそうで、メルクはヴァッハウ渓谷の入口にある町、ドナウ川の支流メルク川が流れています。

メルク修道院遠望


16:10 ツアーの行程では立ち寄る予定ではありませんが、写真ストップとしてメルク修道院に立ち寄ってくれることになりました。20分の写真ストップですので、多少散策できます。内部の見学までは無理ですが、テラスから修道院の方へと歩きます。

メルク修道院


私はちょっと寄り道し、階段を降りて下の町をちょっと見てきました。ほとんど人影がない静かできれいな町です。こっそり一人で抜けたので、心配されても行けないので早めに高台の修道院の方へ戻ります。

メルクの町並み


メルク修道院は、ハプスブルク家がかなりのお金をかけた修道院です。入ってくる敵を監視するための砦の意味もあり、一度はトルコ軍によって侵略され廃墟となりました。その後再建され現在のバロック様式になったそうです。こちらは中庭、まるで宮殿です。

メルク修道院中庭


このメルク修道院は、マリー・アントワネットがお輿入れの際にここに泊まった事でも有名です。とても立派な建物、入口はお城と見紛う美しさです。

メルク修道院


16:30 バスに戻ると、ドライバーの必要休憩時間の制約上16:30までは動けないと後10分滞在することになりました。添乗員さん、30分を、16:30と勘違いしたようですね。暑いし、10分ならと、どこにも行かずバス周辺で皆待ちます。丘の上からの景色もとてもきれいな町です。

メルク修道院脇の丘から見た風景


次回はヴァッハウ渓谷ドライブ~ホイリゲでの夕食をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

癒されます〜

こんにちは
相変わらず素敵な写真ばかりで、癒されます〜。
私は今後いつ海外に行けるかわからないので、目の保養して楽しませてもらってます。
アイルランドには行かれてないですか?
記事あったら、見たいです!

Re: 癒されます〜

こんにちは!

素人写真ですから、見たまんま、ですよ~。
プロが撮った写真だと、実際行ってみると、あれー違うって事もありますが
私の場合は、天気などに恵まれればまさにこのまま。でも、写真写りがいい日は
暑くて観光する方は大変です(笑)
アイルランド、未踏です。来年あたり行きたいと思ってます♪

No title

こんにちは!
あら!
ケーブルカー
水平なのかと思えば
ケーブルに対して平行なんですね

中は階段みたいな感じになってるんですか?

やはり
海外では
荷物運びなど 疑ってかかれですかね?

Re: No title

こんにちは!

ケーブルカーの中は上下2段になっていて、入口が別々、中で行き来はできません~。

荷物お昼まで預かって下さいとフロントで言った時には、その辺にまとめて置いてってー
という感じで、はぁ、クロークとかないのか、大丈夫かな?って感じだったので
まさか車でバスまで運んでおいてくれるなんて思いもよらず。
せっかく運んでくれるなら、そう言っておいてくれたらとても助かったのに、惜しいサービス
ですね~。まぁ海外のサービスって?な事が多いです。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR