オーストリア・ゼーフェルト①

2017/05/14 (4日目) 続き

14:00 インスブルックからバスで30分、小さなスキーリゾートの町ゼーフェトに到着です。駅は修復中のようで仮設になっていて、周辺は工事中です。

ゼーフェルト駅周辺


15:35までの自由散策ですが、添乗員さんが教区教会のあるドルフ広場まで誘導します。
ちょっと歩くとすぐ町のメインストリートに出ます。日曜ですが、数軒のお土産屋は開いているようです。

ゼーフェルトの中心


メインストリートと言っても、100mくらいで突き抜けちゃうくらいの規模です。スキーリゾートということで、かわいらしいホテルなどが多いですが、なんというか清楚な感じがする町です。山小屋風の高級ホテルが多いようです。

リゾート地ゼーフェルト


すぐにドルフ広場に出ました。迷子になりようのない町のサイズです。町のあちらこちらで工事をしていますが、冬がメインの観光シーズンなのでしょう。夏もハイキングなどで人気のようですが、ロープウェイなども6月からの運行なので今はまだ人もまばらです。

ゼーフェルトの中央広場


ドルフ広場の前には教区教会が建っています。オズワルド巡礼教会とも言い、1384年に起きたオズワルド騎士のホスティア(聖餐式のパン)に纏わる伝説から、有名な巡礼地となったそうです。

オズワルド巡礼教会


中へ入ってみると、結構広くてきれいな教会です。祭壇の彫刻以外にも、門の鍵やステンドグラス、パイプオルガンなど、小さな町の教会とは思えない見応えがあります。

オズワルド巡礼教会内部


教会を出て、裏手の丘の方へ行ってみようと母と2人歩き始めると、何人かが付いて来ようとしたので、付いて来てもいいけど、特にプランがある訳ではなく、間違いなくヘトヘトになりますよ、と言ったら皆さん諦めました。ちょっと坂を登れば、裏手の丘は軽いウォーキングにぴったりな場所でした。

ゼーフェルトの丘


丘の道を適当に歩くと、パネルがあります。なんだろう、この辺りの木がバイオリン作りに使われているのかな?そう言えば、バイオリン製作で有名なドイツのミッテンヴァルト町が近いです。

ゼーフェルトの樹木はバイオリン作りに利用されている?


そして近くには謎の木の構造物。これは何だろう・・・?
ドイツ語の説明版のようなものがありましが、さっぱり、です。

ゼーフェルトの丘の何か


道を丘の上まで行くと石のモニュメントがありました。教会から丘の上まで所々に石があり、ここが終点のヴィア・ドロローサとなっているようです。ここが第14留にあたるのかな?12使徒を意味する岩が中央の岩を囲んでいます。

十に使徒の岩に囲まれた第14ステーション


丘の上のベンチで一休憩、いい眺めです。奥に見えるのはヴァルト湖、丘から伸びるウォーキング用の道をベビーカーを押した人や、犬を散歩する人などの姿が見え、のどかで微笑ましいです。

ゼーフェルトの景色とヴァルト湖


ズームして見ます。ワンちゃん、楽しそうに、おばあさんを散歩していました。

広い草原を嬉しそうに散歩する犬


こちらは南の方向、インスブルック冬季オリンピックの際に、ノルディック競技の会場となったそうで、ジャンプ台のような設備が見えます。後ろの雪山もキレイです。

ゼーフェルトのスキー場など


こちら西側の眺めです。左の方にかわいらしい教会が見えます。ガイドブックにも載っている17世紀に建てられたというゼーキルヒル教会(Seekirchl)でしょう。

ゼーフェルトの丘から見たゼーキルヒル教会


こちらは町の規模にもぴったりなとても小さい教会です。
時間もあることだし、後で行ってみようと思います。

ゼーキルヒル教会


次回、ゼーフェルト散策の後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!
パイプオルガン
触らせてもらえないんですかね?

ローマ字みると
私の場合絶対英語だと思ってしまう(苦笑)

Re: No title

こんにちは!

パイプオルガン、パイプは触ってみたい気もしますが、まぁ、触れない場所にありますよね(笑)
一度弾いてみたいような・・・その日に備えて練習しなくちゃ。

一見、ローマ字に見えても、いろんな言語がありますよ~
まぁ区別は付きますが、英語じゃなければ何書いてあるかは全く分かりません~
読み取れるのは年代だけ!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR