ドイツ・デュッセルドルフ~チェコ・プラハ城

今回から5月に行った中欧4ヵ国の旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの「憧れのハルシュタット宿泊湖水地方と中欧4ヵ国」に母のお供で参加、旅費は諸税込で1人約30万円です。24PAX。

2017/05/11 (1日目)

11:00 NH-209便デュッセルドルフ行きで出発です。昨年はビジネスクラスでしたが、今回はエコノミー。搭乗レポートはこちら

15:50 デュッセルドルフ到着です。集合後、乗継のセキュリティに向かいます。また爆発物検査をされました。ランダムで実施しているようですが、最近これに当たる事が多い気がします。

その後入国手続きです。陽気な係官に、添乗員さんが最初にグループの説明をしたのですが、で、どこ行くのと聞かれます。正直に答えると、えぇ?結局ドイツは泊まらないのか?あそこもここもなしかとからかわれました。そのやり取りを聞いていた同じグループの皆さんは会話しなくちゃいけないのかと怯んでいましたが、相手はプロ、答えられそうな人にしか質問はしないようです。そもそも母なんて今回どこ行くか頭に入ってすらいないと思います。

さて、今回の旅で日程表が来てから面喰ったことがあります。それは、これから乗る飛行機が
ユーロウィングスというLCCを利用するという点でした。今までLCCは利用したことがなかったので、ちょっと抵抗があります。ルフトハンザの子会社なので、まぁ安全に関しては大丈夫かな?

ユーロウィングスの飛行機


18:40 EW-9770便デュッセルドルフ発プラハ行きに搭乗です。
使用機材はA321、シートピッチは思ったより普通で、いつも乗る大手キャリアのヨーロッパ内便のシートと何ら変わりはありませんでした。

安定飛行に入ると、簡単な機内サービスがあります。シートポケットにプライスリストがあったので、飲食は有料かなと思いましたが、簡単なスナックはつくそうです。ボックスを渡され、中を開けてみると、サンドイッチ(チーズorミートの選択)、チョコスナック、水の紙パックが入っていました。飲物はコーヒー、ジュース、水以外は有料になります(ビール3ユーロなど)。

ユーロウィングスのスナックセット


19:55 プラハに到着です。そう言えばチェコは通貨がチェコ・コルナです。添乗員さんは少額日本で両替を勧めていましたが、母はそれに従っていました。私はたぶん必要ないだろうと判断し、必要なら必要な時に必要なだけ両替することに決めていました。街中に両替屋はたくさんあるからです。ちなみに、成田空港でのレートは5.41円、プラハ空港ターンテーブル脇で5.37円、ほぼ同じでした。

ターンテーブルで母は他人の荷物を間違えてピックアップしたり、手荷物を置き忘れたりと、先が思いやられる行動を見せます。ここまでの移動でもこれから行く観光地の予習も全くせず初日から私はイライラさせられっぱなし、我慢できずに説教し出す始末です。

20:50 プラハのインターナショナルというホテルに到着です。共産主義時代の名残を感じる古くて巨大な建物です。Wi-Fi無料ですが、繋ぎ方を分かっていないシニアの皆さんのお手伝いをする羽目になりました。自分はスマホ持ってないのに変な話です。そして一度この手のお手伝いをしてしまうと、ずっと期待されることになります・・・。

ホテル インターナショナル外観


最も一般的なカードキーでドアを開けられない母を見て、もう手取り足取りしないとダメだと覚悟を決めました。部屋は若干狭め、冷蔵庫はあまり冷えません。ここに2連泊します。

ホテルインターナショナルの部屋


荷物を置いたら、ホテルのすぐ近くにある大型スーパーマーケットに行ってみます。22:00までやっていますが、大型すぎて逆に購買意欲が萎えてしまいました。

ホテルインターナショナル近くの大型スーパーマーケット


2017/05/12 (2日目)

いつも通り時差ボケで夜中に起きたりで睡眠時間があまり取れず、ちょっと頭痛いです。
7:30 朝食を食べに行きます。食事はまずまずですが、気になったのは、周囲の人々の服装でした。半袖からダウン来ている人まで様々です。ほとんど観光客なので、参考にはなりません。でもどんな恰好もあり、それがこの季節のヨーロッパです。

ホテルインターナショナルの朝食


9:00 バスでホテルを出発します。ホテルからプラハ城まではそう遠くありません。車窓にはトラムが走っています。

プラハの街並み


9:15 プラハ城北門でバスを降り、ここから徒歩にて観光です。現地の日本人ガイドさんが先導します。現在プラハ城はセキュリティが強化され、どの入口からでもセキュリティチェックを通らなくてはなりません。午前中は団体で長い行列ができます。鞄の中を見せ、ボディチェックがあります。

プラハ城北門へ続くセキュリティチェックの行列


城の中央にある聖ヴィート大聖堂が見えてきました。プラハ城は世界で最も古くて大きい城としてギネスに登録されているそうですが、その認定に関してはクレームも多いそうです。
現在も大統領府として使われているので、城として機能していると言えるでしょう。

プラハ城北門と大聖堂


北門をくぐると第二中庭に出ます。囲んでいるのは、新王宮です。旗が上がっていないので今日は大統領は不在でどこかへ出かけているみたいです。新王宮はマリアテレジアイエローのやさしい色合いですが、本当は金色にしたかったらしいです。

プラハ城新王宮


東へ門をくぐると、聖ヴィート大聖堂が眼前にどんと姿を現します。ゴシック様式の大聖堂、塔の高さは99mもあるそうです。

聖ヴィート大聖堂


写真スポットは第三中庭の一番奥あたりです。かなり遠ざからないと全景は収まりません。
現在の大聖堂の建造が始まったのは14世紀、完成したのはなんと1929年です。

聖ヴィート大聖堂全景


こちらは南側にある黄金の玄関、儀礼用の出入り口で通常は使われません。現代では、海外の王室などが来た場合だけ開かれます。例えばどこかの大統領が来てもダメですが、もし天皇陛下が来たら通れるだろう、そういう出入り口です。

聖ヴィート大聖堂の黄金の玄関


14世紀の最後の審判が描かれたこの黄金の玄関、よく見たら絵はモザイクです。
すごく細かい仕事です。

最後の晩餐のモザイク画


そのまま旧王宮の脇を通って東に向かうと、突き当りに聖イジ―教会があります。この塔、左右で太さが違うのがはっきり分かります。右がアダムで左がイブを示し、右が太めになっています。同様に、ヨーロッパの教会の塔はよく見ると左右で少し太さが違ったりするものが多いです。

聖イジ―教会


次回もプラハ城の続きをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

大型スーパーマーケット
の「K」は
サークル「K」ではにんですね(笑)
聖ヴィート大聖堂って99m
ビル25階建てくらいなのかな

かなり高いですよね
600年間かけて作るって
かんがえられないですよね

継続は力なりということになるんでしょうか(^o^)
(継続者)

Re: No title

こんにちは!

実際には何百年もコツコツ造り続けてきたんじゃなくて
その間には戦争とかいろいろあって中断、長いこと
作りかけで放置されてた時もあったみたいですよ~
仕上げなくちゃ中途半端だってことで近代になって
仕上げたってことですかね~
それでもスゴイことです!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR