中国・オルドス野生動物園パンダ館屋内でのおやつタイム

2017/03/20 (4日目) 続き

13:00 虎豹館に休憩しに行くと、館内は暗く静まり返って不気味な気配が漂います。入口の売店に店員が一人いるだけで、後は広い館内に誰一人いません。人気があって土日は割りと混んでいたのになんてことでしょう。

逆にのんびりくつろげなかったので、早々に引き上げることにしました。外のライオンも暇そうです。人に見られるために飼育されているのに、今日は役目を果たせていません。表情が物悲しく見えてしまいます。

オルドス野生動物園のライオン


季節や天候にもよるのでしょうが、平日は明らかに客より従業員の方が多く、それより多いのが動物という動物園です。開店休業とはこのことで、中には一人も客の相手をしない従業員もたくさんいることでしょう。皆暇つぶしのスマホが手放せないのが頷けます。

パンダ館に戻ろうと観光車のピックアップポイントに行きますが、しばらく待てど車が来る気配はありません。今現在園内にいったい何人の客がいるのか、まだ片手で足りる人数しか見かけていませんから、車も相当本数が少ないようです。仕方がない歩くことにします。何度も通ったこの道、たくさんの鳥も怖くなくなりました。

オルドス野生動物園の水鳥たち


13:40 パンダ館に戻りましたが、七姉妹はまだ寝ていました。と言っても、七喜(チーシー)は高い所から下りてきて、七巧(チーチャオ)の隣に寝ています。
右が七巧です。七巧はうつ伏せで、敷物のようになって寝ることが多いです。

屋内展示場で寝る七姉妹


パンダたちが起きないので、係員や飼育員さんたちとまたおしゃべりをします。英語が通じるのは成都から来ている飼育員さんだけですが、3日目にもなるとお互い何となく話が通じるようになってきました。ちなみにここオルドスは内モンゴル自治区なので、標識やら動物園の説明などはモンゴル語と中国語の併記になります。七喜と七巧の紹介もモンゴル語で書かれていますが、もうただの模様にしか見えません。

七姉妹の紹介パネル


雑談している時、側に貼ってあったポスターについて話を振りました。パンダをアピールするポスターで園内至る所に貼ってあり、同じ図案がチケット売り場の上にもデカデカと採用されています。我叫“七喜”(私の名前は七喜)とか書いてあるのに、これ間違ってるよと私は指摘します。

違うパンダの写真を使ったパンダ紹介


実はパンダの写真が七姉妹と一緒に育った同級生の成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)のものなのです。なのに、飼育員さんと来たら、そうだねー右が七喜かな?とか言います。ちょっと、左右が違うとかじゃなくてだいたい顔が全然違うでしょ、写真は同級生の男の子たちで、七喜のりんごを毎日横取りしてたんだよと教えます。毎日面倒見てるはずなのに、他のパンダと見分けつかないってちょっとショックです。

パンダ達はときどき起きるかな?という素振りを見せますが、寝相を変えて寝続けます。パンダ館には1時間に1組くらいしかお客さんが来ません。パンダたちも今日はお休みでしょっていう気分かも知れません。

パンダは寝るのが好き


15:00 七姉妹はようやく重たい腰を上げて起き上がります。かなり長時間寝てました。

姉妹揃って起床


その様子を見ていた飼育員はバックヤードに戻っておやつの準備をします。気配を察した七姉妹、おやつをもらいにバックヤードの扉の前に行って、おやつ頂戴アピールです。七喜は立ち上がって早く早くとせかしているかのようです。七巧の後姿はちょっと肥満児ぽいです。

おやつ下さいおねだりタイム


柵の間からパンダケーキをもらった七姉妹、仲良くパンダケーキを堪能します。この時、ちょうど動物園のガイドが引き連れた団体さんがパンダ館にやってきて、今日一日で一瞬だけパンダ館が賑わいました。

パンダケーキを食べるでっぷりした七姉妹の後姿


パンダケーキを食べ終わるとさっそくいつもの手舐めタイムに移行する七喜。
おやつは立ってもらい、食べたら手を舐める、これは完全にルーティーンと化しています。
団体さんは嵐のようにさっと通り過ぎていきました。

七喜の舐め手開始


おやつの後は、タケノコも差し入れがあります。よく寝たのでお腹空いたのか次々平らげています。

タケノコ大好き七姉妹


差し入れ分をもらってお腹いっぱいになったようです。少しは運動しないと・・・。成都や日本にはかなり多くのパンダファンがいて、入り浸っている人がいるものですが、このオルドスにはそうした人はいないようです。パンダ館に30分以上いる客はこの3日間誰も見ませんでした。今日に至っては貸切も同然です。

屋内で過ごす七喜と七巧


だらだらと過ごす七姉妹の動画をどうぞ。七喜は痒い所をカイカイ。七巧は玩具でゆるく遊んでいます。



七喜、一人でゴロゴロし始めました。遊びの虫が疼いてきたようです。

七喜


やがて七姉妹はグダグダと遊び始めます。オルドスには登れる木がないので、それも運動不足の原因かな?動きがいかにもパンダぽく、グダグダです。

ゴロゴロする七喜と七巧


パンダは大人になるとあまり遊ばなくなるので、やはり活発に動くこの年頃はかわいいですね。いつもいたずらっ子が何かやらかしたような顔をしている七喜、度々私の方を向いてかわいい?と聞いているように見えます。

かわいいアピールする七喜


次回はこの旅最後のレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは aya1103さん
立ち上がっておやつをおねだりする姿も
ころころする姿も癒されますねー(*´▽`*)
写真の間違いに気づくaya1013さん、流石です。
今日は日本でも赤ちゃんパンダが誕生しましたね♪

Re: No title

こんばんは!

私の七喜の魅力にノックダウンされましたか~

実は私、上野のシンシンにはまだ会ったことがなく・・・
先月シンシンの姉妹にウィーンで会ったのに加え、
つい先日、シンシンのお母さんである英英さんに先に会ってきました。
赤ちゃんパンダは最初の1週間くらい特に生存率が低いので、まずは
無事に生き延びて欲しいと祈るばかりです♪

No title

こんにちは!
たくさんの鳥は
結構怖いですよね

写真が沢山のカラスたちなら
やはりおそろしでしょうか(笑)

なんとなくパンダの魅力がわかってきましたよ
人気に秘密とか

Re: No title

こんにちは!

鳥の数がすごい多いし、彼らは群れているので寄ってきたら結構怖いです!
カラスいたら、この道は通れないかも~

パンダ、実物見たらもっとかわいいですよー
子どものうちはよく動くし、仕草がなんとも♪
さぁ、禁断のパンダの世界へようこそ~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR