中国・オルドス野生動物園パンダ館七姉妹のおやつ後~熊館

2017/03/19 (3日目) 続き

パンダ釣りが終わった後も一人おやつの余韻を楽しんだ七喜(チーシー)、お決まりのカイカイをしてから動き始めます。

おやつの後のかいかい七喜


七巧(チーチャオ)の側に寄って行き、甘える七喜。このオルドスに来る前は他の同級生仲間とも一緒にわいわい成長してきたので、自分たちが双子だと認識しているとは思えないのですが、七喜は姉の七巧が大好きなようです。

七喜は双子の七巧が大好き


まったりくつろぐ七姉妹を動画でどうぞ。左が七喜、右が七巧です。



寝起きでおやつを食べたせいか、あまり遊ぶ気がないようです。朝ご飯の残りのタケノコを漁りに行きました。パンダはおいしいものを後に取っておくといった考えはないようで、大好きなタケノコはあったらあるだけ食べてしまうことが多いのか、あまり残っていません。

残飯あさりをする七巧と七喜


七巧は早々にお昼寝スポットへ行ってしまいました。本当に食っちゃ寝しています。
残された七喜、ガラスのすぐ側でタケノコをバリバリ食べています。

お客さんの近くでタケノコ食べる七喜


下面が網になっているので、音はよく聞こえます。七喜、おいしい?小声で話しかけると、まるで反応したかのようにこちらを向きました。人懐っこいパンダです。

網越しに挨拶する七喜


13:50 七喜もお昼寝スポットに向かい、先客の姉にいつものように抱き着き、いつものように場所を譲らせます。七巧もここで寝たいのでしょうけど、七喜が来ると抵抗したりせず、すぐに下の段に移動します。七喜が来るまで布団を温めているかのようです。

七巧に抱き着いて場所を譲らせる七喜


そしてそのままいつものポジションで寝てしまいます。今日は大人しい二人、朝からほとんど遊ばず、食べる時以外は寝ている、そんな感じです。

定位置で寝る双子パンダ七姉妹


太陽が出ず、気温が上がらないので風の吹くパンダ館はとても寒いせいか、またダンナがいません。私はパンダに合わせてあっちにこっちに動き回っているし、パンダ体型なのであまり寒くないのですが、普通の人には堪える寒さのようです。外にベンチもあるけど、周りには解け切らない雪とかもあり、木のベンチなのにヒンヤリ、スポンジシートを持って来れば良かったです。また2,3時間はパンダは起きないと思うので、さてどうしましょう。

14:00 パンダ館を出て、まだ行ってないエリアへ行くことにしました。湖の裏側の道を歩きます。そこは丹頂鶴園になっていて、たくさんの鶴がいました。

オルドス野生動物園丹頂鶴園


水禽湖の裏側の道はほとんど人も通りません。鳥たちが自由に動き回っています。柵とかないので、大群で寄ってこられるとこっちが逃げたくなるくらいです。電気のコード?とかいろんな配線が剥きだし、いったいこの動物園はいつ完成するのでしょうかね?2010年建設開始、営業開始は2012年、それから5年経っても作り中な感じです。

オルドス野生動物園水禽湖の裏の道


まだ見ていないエリアは亜州区の虎豹館以外になります。水禽湖の裏からまずは虎豹館へ上がります。車道より近道だったかな?昨日は広大な外の運動場に何もいなかったのですが、今日は虎が一頭歩いていました。でも、広い庭の隅っこを延々と行ったり来たり・・・ストレスがあるようです。

同じ行動を繰り替えすオルドス野生動物園の虎


虎豹館には中に休憩スポットがあるのでしばし休憩します。中国ではよく公共施設に給水設備がありますが、この動物園にもあり、お水・お湯は無料で供給されます。だから皆マイポットを持って歩くようです。そういった文化のせいもあり、園内ではコーヒー一杯売っていません。昨日近所のお店で調達したお菓子などを食べながら、足を休めます。

休憩の後は虎豹館を出て前の人達について行ったら、高台に上がってきました。広大な眺めです。ほとんど動物園の敷地ですが、それでも全部は見えていません。ここまでの写真で気付いた人いるでしょうか?この動物園に植わっている木はほぼ全て植樹されたものということを。どの写真見ても、等間隔に木が植わっているんです。大自然、と思っていたものは、作られた環境な訳です。

虎豹館の上から見たオルドス野生動物園


高台には何もなかったので、下りて西の方へと向かいます。この辺りは遊歩道すら工事中。そして吊り橋があります!

亜州区にある吊り橋付近


吊り橋を渡らないと遠回りなので渡りましたが、高さはそんなにないものの、揺れるのでやっぱり怖かったです。まぁコスタリカのほどじゃなかったのでなんとか渡れました。ここも数年後には木々が植わっているのでしょうかね・・・。

オルドス野生動物園の高台にある吊り橋


吊り橋の先にあったのは熊館です。大き目の室内展示場が2つ、2種類の熊がいるようです。
なんだろう、パンダとそんなに変わらない大きさ形なのに、黒いというそれだけでかわいくない・・・。

オルドス野生動物園熊館


こちらはツキノワグマかな?じゃれてるのか、本気モードの喧嘩なのか区別つかないですが、迫力がパンダとはやっぱり違います。高台で入園客が滅多に来ないこともあり、周囲が静かだと不気味な感じです。

オルドス野生動物園のツキノワグマ


次回も続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

何処に行っても
吊橋はあるんですかね
避けて通れないなら
日本で練習です(^O^)/

いや~
パンダが犬のように
後ろ足で描くなんて___φ(゚ー゚*)フムフム
 貴重な情報ありがとうございます(^o^)

Re: No title

こんにちは!

釣り橋・・・近所にあれば練習するんですけどね~
でもこの動物園のは必要ないのに飾りとして作っているような気がします。

パンダは体のあちこちを掻くのが特技みたいなものですが
基本的には後ろ足を使いますね。
七喜は手(じゃなくて前足か!)もよく使います♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR