中国・オルドス野生動物園獅豹館~レストラン探し

2017/03/18 (2日目) 続き

獅豹館の大きな館内にはいくつもの部屋があり、それらは虎豹館より少々広めです。
この部屋には雄1頭に対し、雌3頭が同居しています。雄はどんと偉そうに座っていて周辺を雌がウロウロと歩いています。

オルドス野生動物園獅豹館のライオンたち


1頭の雌が雄の傍へ寄ったその時、雄ライオンが雌を捕まえます。何が起こったのかと思ったら、なんと交尾が始まりました。あらあら、そんなシーンに偶然お目にかかるとは。私たちが立ち止まったほんの数分、2度に渡り交尾をしました。雄ライオンの顔がちょっと間抜けに見えます。

交尾中のライオン


獅豹館の奥へ行くと外を歩く動物が見えました。チーターのようです。

オルドス野生動物園のチーター


獅豹館をぐるっと回ると、今度はホワイトライオンがいます。午前中に寄った虎豹館にもライオンいたし、いったい何頭飼ってるんでしょうね?
ライオンというと獰猛な印象ですが、顔はよく見ると割と気弱そうな表情をしています。

オルドス野生動物園のホワイトライオン


雄ライオンがころんと横になりました。まるでぬいぐるみのようです。

オルドス野生動物園のホワイトライオンの雄


さて、レストラン前に戻ってきました。これで非州区と呼ばれるエリアは全部見た事になります。このエリアは観光車でアクセスしないと遠いので、一通り見ておけば安心です。今日はもう頭痛も疲れも限界なので、観光車に乗って入口へと戻ります。途中パンダ館を通るので、もう一度寄りたい気持ちにかられましたが我慢しました。

入口に戻るとレンタサイクルとかの乗り物が目に入りました。広い動物園内、歩いて全部周るのは無理なので、こういうのもアリかなと思いますが、料金が割高なので利用する人はあまりいないようです。坂も多いし、これも体力使うかな?

オルドス野生動物園にはレンタサイクルや自力でこぐ車とか


ちょっと早いですがホテルに帰ることにして出口の掲示に従って動物園を出ます。
出口まであれこれ遠回りさせられます。変な乗り物とかあります。

オルドス野生動物園には妙な乗り物もいくつかある


そして最後は広大なお土産屋さんを通らされます。商品の数も多いのですが、それよりも店舗の広さにびっくりです。

オルドス野生動物園の出口にあるお土産屋


16:00 動物園を出たら入口にあったインフォメーションに立ち寄り、チケットについて質問を試みますが、やはりここでも英語が通じません。筆談でも意味が通じず、結局誰かが英語話せる知人に電話をして電話で問答することになりました。入園券や熊猫券は1回限り、車券は1日使えるが、なんで2度使う必要があるのか?とか面倒なことになってきました。順路に従って一周する、そういう見学の方法しか前提にないようです。

途中で面倒くさくなったので、また明日来るねと、集まった係員たちに別れを言って帰ります。外国人の観光客なんてほとんど来ないらしく、面白そうに寄って来るので、何事も大げさになります。駐車場の方へ行ってみるとタクシーが2台止まっていました。1台目にホテルの名前を書いた紙を見せると、どうやら予約車だったようです。2台目のタクシーに乗って帰りました。

オルドス野生動物園正門前


16:28 ホテルに到着です。タクシー代は11元(約190円)、メーターですが、10~11元が相場です。ホテルでしばし休憩です。

17:50 明るいうちに外に出て近所に夕食を食べられるお店を探しに行きます。まずは隣のビルに入っている小さな商店に何が売っているかを確認に行きます。お菓子など買って、店を出てこれからレストランを探さなくてはなりませんが、目の前の風景になんとなく不安を覚えます。こんな作りかけのビルが放置されたような町でレストランが見つかるでしょうか。

オルドスの街並み


道の角にあった何も入っていないビルのガラスにでかでかと内蒙古料理150mと大きく宣伝が書いてあるのでそこへ行ってみることにしました。150mの間にある建物はどこも空っぽ。一度は商店が入っていた思われる形跡がたまに見られるくらいで、まさにゴーストタウンです。

どのビルもテナントが撤退した跡が


そして150mほど歩いた先にあったのはこれ。看板はあれど、営業している気配は全くありません。まだ営業時間前とかたまたま休みとか言うより、もう閉店してかなり経っている、そんな雰囲気です。

とっくに潰れたレストランも宣伝だけは残っている


そのまま先まで歩いて見ますが、行けども営業しているお店らしきものは何一つありません。
周辺はどこを見ても作りかけのまま放置されているビルとか、出来上がっていてもビルごとテナントが入ってないとか、そんなのばかりです。道路はどこも必要以上に広く、人の気配がないので、とても寒く感じる場所です。見渡す限り何もなく、人類滅亡の映画が撮れそうな風景です。

作りかけのビルだらけの街


町の中心の方へタクシーで出かけないとお店なんて全くないという事実を呑み込むのに時間は要りませんでした。タクシーで行っても何かある保証もありません。ホテル隣のビルに戻ります。なぜならここには小さな飲食店が3軒ほど営業していたからです。

1軒目の麺屋さんはお客さんが一人も入っていないのでパス、2軒目は回転寿司形式の火鍋屋さん、これもシステムが逆に難しそうなのでパス、最後のホテルに一番近い店は羊肉麺と看板がありますが、外からメニューを覗き見たら普通の一品料理も置いています。覗いていたら店の人が快くドアを開けてくれました。こじんまりした小さい食堂みたいな店です。

ホテルの隣の小さな食堂


他に2,3組の先客がいたのでここにすることにしました。回鍋肉、大葱木耳、麻辣豆腐、と何が出てくるかわかる料理を頼みます。中にはちょっと予想と違うのもありましたが・・・。ここでびっくりだったのはご飯です。日本のご飯に近く、おいしく炊けていました。量が多すぎて、頑張っても8割くらいしか食べられませんでした。全部で50元(約850円)、レシートの裏においしかったかと中国語で書かれていたので、おいしかったと答えました。本当においしかったです!

やすくておいしい中華料理店だった


19:20 すぐ隣のホテルへ帰ります。今日も26000歩。疲れました。明日に備えて早く寝ます。

次回、動物園2日目をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ライオンの交尾は
人の気配があってもするもんですね
あたりまえなのかな?

レンタサイクルは二人乗り自転車ですかね
ayaさん乗られなかたんですか?
私は未だ乗ったことがないです
面白そう~

Re: No title

こんにちは!

ライオンさんは人間の事は気にならないんでしょうね~
それに、別の雌の前でもOK、むしろ見せてる感じですかね?

レンタサイクルはいろいろ種類がありまして、普通の自転車から
2人乗り、4人乗り、電動、などなど時間貸しで5~100元くらい。
この動物園はとにかく坂が多いので、自転車向きじゃないです。
借りてる人は2組くらいしか見かけなかったかなー。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR