中国・オルドス野生動物園パンダ館で七喜に再会

2017/03/18 (2日目) 続き

9:30ようやくパンダ館に到着です。パンダ館は別料金になっているので外から見えないように竹で作られた壁で覆われています。パンダの絵、これはまだマシな方かな?

オルドス野生動物園パンダ館


こちらがパンダ館入口、パンダのオブジェがまったくかわいくありません。中国のパンダの造りものは大抵こんな感じで、お陰で本物がとてもかわいく見えます。事前にチケット買ってありますが、パンダ館前にも熊猫票売り場があって購入可能です(15元、約250円)。

オルドス野生動物園パンダ館入口


チケットをスキャンして入館すると、係り員が何か説明してくれました。たぶんパンダは外にいるよとかそういう話だと思うので、謝々と言って先を急ぎます。室内展示場が2つありますが、空なので素通りです。おそらくここは元々別の動物用の施設だったのを改良して、昨年9月にパンダ館としてオープンしたようです。

オルドス野生動物園パンダ館室内展示場


円形のパンダ館は1/3が室内設備になっていて、残り2/3が外の運動場、中心部分にバックヤードが作られています。外へ出ると広い運動場が見えてきましたがパンダの影はありません。運動場は2つに仕切られていて、奥の運動場にいるようです。下面がガラスで、残りはフェンスで覆われています。

オルドス野生動物園パンダ館野外運動場


走って奥の運動場まで来たらいましたパンダ!もう朝食が終わったのか遊んでいるようです。パンダいた!でも七喜(チーシー)たちはどこ?と一瞬思いました。そう、だって記憶の中にある半年前のパンダたちとはサイズが違ったのです。

朝食後遊んでいる七姉妹


この動物園にはパンダは七喜と七巧(チーチャオ)の双子姉妹しかいないので、目の前のパンダが七喜たちに間違いはないのですが、あらら大きくなっちゃって・・・。まだ2歳で人間で言うと小学校低学年の子供なのですが、完全に大人サイズに見えます。そのせいか、運動場ももっと広いかと思っていたのが狭く見えました。成都パンダ基地の幼年園や母子園など今までいた所よりはもちろん、幼稚園より狭いという印象です。

食後の運動中の七姉妹


とりあえずパンダ達が寝る前にパンダ館に辿り着けて良かった。さて、あなたは誰、七巧です。丸々としちゃって健康そうです。でかい大人パンダじゃない?とダンナもいいます。北京で予習したので、大人サイズだと主張するのです。まだ子供です!

成長した七巧


以前にも紹介しましたが、双子の母親は奇福(チーフー)といい和歌山に来て繁殖に貢献した梅梅(メイメイ)さんが訪日前に産んだ娘奇縁のさらに娘、つまり双子姉妹は梅梅のひ孫にあたり、和歌山のパンダたちの親戚です。双子の父親は美蘭(メイラン)、アメリカアトランタ生まれのパンダです。

七巧、のったりのったりとけだるそうに歩いています。とてもかわいいパンダなので、中国でも日本のパンダファンにも人気があります。双子は七姉妹と呼ばれています。しかし、かなり太りすぎじゃないかな・・・。

のんびり歩く七巧


私の最愛の七喜はどこ行っちゃった?ここだよ!とひょいっと顔を出しました。成都にいた頃は、いつも仲間におやつを横取りされるおっとりした大人しいパンダでしたが、オルドスに来てキャラが変わったようです。何というか動きのあるアクティブなパンダに変身しました。

物陰から顔を出す七喜


よく来たね~と言ってくれているのかな?あいかわらずお顔が大きいです。いえ、パパ譲りの頬毛のせいで顔が大きく見えるだけです。顔が大きいので、体が大きくなってもまだ子供に見えます。七喜会いたかったよー。ダンナにこっちが七喜であっちが七巧、と覚えさせます。

お顔フサフサの七喜


他にお客さんが来る気配はなく、七姉妹との再会を貸切で堪能します。ガラス越しというのが残念ですが、その分間近で見ることはできます。七喜は七巧を遊びに誘いますが逃げられたので、タイヤの遊具で遊びます。

タイヤの遊具で遊ぶ七喜


そしてその後は空の池に入ります。この時期はまだ寒いし、水を張ったら凍ってしまうので水はありません。

プールに集合七姉妹


七喜はその後も七巧と遊ぼうとじゃれつきますが、逃げられるので後ろについて行きます。
七巧が水を飲みに行ったので七喜も後を追います。トレイに入った水はこぼしてしまってほとんど入っていないようです。

お水を飲みに来た七喜


七喜が私をロックオンしました。まっすぐこっちへ歩いてきます。やっぱりかわいい。
ガラス面の下は2重の網になっているのですが、息遣いがよく聞こえます。

七喜だよ


そして私に挨拶すると残飯漁りに行きました。ガラス越しなので角度によっては写真が撮りずらいです。食事はこの時期にはちょっと早いタケノコが与えられているようです。内モンゴルには竹とかなさそうなので、餌は成都などから運んでいるのかも知れません。

食べ残しを漁る七喜


次回続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

パンダ
って
黒猫じゃなくて(笑)
熊猫・・て書くんですね___φ(゚ー゚*)フムフム初耳

シロクマと熊を足して2で割るかんじですが 熊猫なんだ~

双子出産がおおいんでしたよね
兄弟はやっぱ仲が良いのでしょうか
自然だと 兄弟の中で強いものがお乳を飲める?
でしたかね

Re: No title

こんにちは!

ジャイアントパンダは大熊猫ですが、日本でもパンダと言ったらジャイアントパンダ
のように略されています。元々はレッサーパンダの名称が先で、レッサーパンダなら熊猫
の名がつくのもなんか納得ですね。レッサーパンダは小熊猫と今では呼ばれています。
レッサー(劣っている)よりは小の方がいいですね。

パンダは双子の確率は50%程度と言われていますね。
野生では元々生存率がすごく低いので、双子の場合は一方は見捨てられてしまいます。
ベテランのママになると、両方育てる事もあるようですが・・・。
ウィーンの動物園のパンダは、生後数日たってから双子を抱いていた事がわかった
という実例もありますよ!

No title

こんにちは aya1103さん。
どこから見ても可愛いですね。
七喜ちゃんはきっとaya1103さんのことを
憶えていたのでしょう。
ご挨拶に来てくれて嬉しいですね。

Re: No title

こんにちは!

もちろん七喜は私の事を覚えてたに違いありません!
ってそんな事はないですが、いつも来るお客さんとは違う
自分のファンだって気付いたかも知れません。
この広い動物園でパンダ館にたどり着く人たちはみんな既に疲れてるし
ちらっと見たらはい次~って去って行ってしまう人ばかり。
ずっと張り付いている人は滅多にいないですからね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰しています

ご連絡ありがとうございます!メールします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR