中国・北京動物園東区

2017/03/17 (1日目) 続き

15:50 最後に外にいるパンダ、古古さんの所を通ってパンダ館を出たいと思います。
外の運動場にはガラスなどがないので写真撮影は一番楽です。食べているのは人参かな?

北京動物園のパンダ古古さん


しばらくしたら丸太で作られた構造物の上へと行き休憩しようとします。
しかし、寝かせまいと容赦なく大声を張り上げるマナーの悪い入園客がいます。この古古さんは、入園客にいたずらされることで有名で、小石などを投げられる事もよくあるそうです。中国ではパンダは国宝と言われていますが、ひどい扱いです。

寝ようとする北京動物園パンダ古古さん


うるさくて休めずに台の上から降りてきました。動くパンダを撮る練習をしてとダンナにも宿題を与えます。私のような普通の人が撮るとこんな構図になりますが、ダンナの写真を見たら、ブレていない写真はどれもパンダのお腹だけとか、撮りたくても撮れない写真ばかりで笑えました。

ステップを下りる古古さん


なんだか悲し気な表情に見えました。マナーさえ改善されれば、中国の動物園は飼育環境としては悪くない方と思うので、なんとかして欲しいものです。少しでもいい環境になることを願い、古古さんに別れを告げます。

歩く古古さん


パンダの周りにはよくこの鳥がいました。羽の青がきれいです。鳥が飛び立つ一瞬がなぜか割ときれいに写っていました。動くパンダもこれくらいピントがあってくれるといいのですが、カメラ頼りの私としては、カメラの特性を知るより、オートに頼らない撮り方を覚える覚悟が必要かも知れません。

パンダに寄り添うように暮らす鳥


16:00 パンダ館を出た後は、動物園を出て市内中心部の観光スポットへ一か所くらい行こうと思っていました。何しろ初めての北京なのです。しかし、動物園の他のエリアの事がちょっと気になります。あの辺だけ見てみよう、と少し見てから出ることにしました。

北京動物園東区


まっすぐ行った突き当りには猿山がありました。広い囲われたエリアにたくさんの猿がいますが、赤ちゃん猿がいっぱいいてかわいいです。ガラス越しですが、ガラス面に子ザルが寄ってきてアピールしてきます。

北京動物園猿山


その原因は、中国動物園あるある、そう勝手な餌やりでした。
下面の網の隙間から、ポップコーン大のおやつを与えている人が何人もいます。動物のエサ用に売っているものではなく、自分が持ち込んだおやつです。日常茶飯事なので、動物が人間に寄ってくるわけです。

餌やりは禁止のはずですが


猿山の先にはオオカミがいました。カッコいい犬、と言った所です。犬の祖先ですからね、案内版がなかったらただの犬って思ってしまいそうです。

オオカミ


ここはガラスで覆われているので、妙なおやつをもらうことはありません。おやつをもらうようになったら本当にただの犬ですよね。狭めのエリアでストレスがありそうですが、おだやかな表情に見えました。

北京動物園の狼


もうちょっと大物はいないかな、とさらに先へと進みます。ちょっとだけ、がやっぱりという事になりそうです。白熊という表示があったので行ってみましたが、どうやら16:00で閉まってしまったようです。その隣に熊山がありました。

熊山


ブラウンベア、こうして見ると、パンダに似てますね。色違いといった感じです。
実際は、熊とパンダは遠ーい親戚、単なる色違いではありません。

ブラウンベア


タイヤの玩具で遊ぶ姿は、そうは言ってもパンダによく似ています。この種類の熊は結構かわいいかも。

タイヤで遊ぶ熊


熊山の裏手には、チーターがいました。まるで人間を品定めするかのように、人のいる所を行ったり来たりしています。見事なつやのある毛皮、美しい生き物ですね。
主にアフリカに住む動物ですが、本来の生態とはかけ離れた生活です。

チーター


動物園の東区と言われるエリアの東側をだいたい見れたと思います。
正門の方へ戻ろうかな?園内は公園ぽくもなっていて、のんびり一日過ごすのにも良さそうです。違う道を通って帰りましょう。

北京動物園の池のある遊歩道


次回は続き結局もうちょっと動物園をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

パンダに
小判鮫じゃなく
小判鳥がいるんですか___φ(゚ー゚*)フムフム(笑)

狼と犬どう違うんだろう?
人に馴染んでくれないのが狼なのかな?

Re: こんにちは!

こんにちは!

成都のパンダ基地でもパンダと鳥は共存関係築いているようですね。
パンダの食べこぼしとか狙っているみたい?
でも、元々は肉食のパンダなので、追いかけてガブってことも稀にあるようです。

犬は祖先は狼、大人しい個体が少しずつ人に慣れていったのでしょうね。
今ではかけ離れた姿形になってしまった犬も多いですが。

No title

動物園でのマナーの悪さ、そのように聞きますが、野性にいるのとはまた異なったストレスが動物にかかる、腹立たしい限りですね。
動物園自体もその動物の本来の生息場所とはかけ離れた環境で、思いっきり走ることもできないだろうし、パンダをはじめいろんな動物を見られるのは有り難いですが…実は複雑な気持ちになりますね。

Re: No title

多くの動物は人間より遥かに音などに敏感のはず、ものすごい騒音の中で暮らしているようなものですよね。
現代では野生の動物を観察したビデオなんかもたくさんあるのだし、本物の姿を不自然な形で見ることが
果たして何のためなのか疑問に思うことが多いです。
将来的には厳選された施設だけが残り、マナー教育をした上で見学できるようになってもらいたいものです。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR