中国・北京動物園パンダ館②

2017/03/17 (1日目) 続き

15:25 次は奥のパンダ舎の方へ行きます。2008年の北京オリンピックの際にパンダがまたマスコットになったことからオリンピックパンダ館が増設されたそうです。
外の運動場の奥の方、パンダが歩いています。

北京動物園オリンピックパンダ館運動場


どうやらもう室内に帰りたいみたいで、扉が開くのを待っているようです。ずっと歩いているので写真が難しい・・・。新しいカメラはオートフォーカスにやや時間がかかりピンボケばかり、前から持っているカメラの方がピントが合うのが早いようです。カメラの特性を頭に入れておかなければなりません。こちらは萌二、2013年生まれの雄です。

運動場を歩く萌二


しばらくして萌二が帰宅してしまったので屋内の方へ入ります。ここの室内展示場は大きな広い部屋が1つです。北京オリンピックの際には臥龍からたくさんの子パンダを呼んだそうです。

北京動物園オリンピックパンダ館室内展示場


広い運動場でお食事中のパンダがいます。ここは屋内でガラス越し、そして起きているパンダがいるので撮影の練習にはぴったりですね。新しいカメラ、キャノンのPowerShot SX720の練習と、ダンナにもパンダ撮影の練習をしてもらいます。

笹を食べる萌大


新しいカメラは光学40倍、コンデジとしてはかなり望遠に長けたカメラです。もっと高倍率のはコンデジとして売っていても全然コンパクトなサイズではありません。もっとも動物園ではそんなに距離がないのでこのカメラは必要なかったかも知れません。

こちらのパンダは私が唯一その場で見分けが出来ました。萌大、2013年生まれの雄で、さきほど外にいた子と双子です。成都パンダ基地でこの子たちのママ萌萌と弟にあたる萌蘭にあっているので、似てるとすぐにわかりました。

まぁるい萌大


萌大がいろいろポーズ変えて、撮影の練習に付き合ってくれます。ママの萌萌はまんまるのぽっちゃりパンダ、そのかわいらしさを受け継いでいます。

萌大


野生の生息地である四川省にパンダを飼育・研究する組織がありますが、大きく2系統に分かれています。管轄する政府機関も異なり、成都系、臥龍系などと言われています(ちなみに上野と神戸のパンダは臥龍系、和歌山のパンダは成都系です)。随分張り合ってきた両組織ですが、近年は少しずつ交流を持つようになりました。ここ北京動物園は臥龍系ですが、萌萌は別系統の成都パンダ基地に行って繁殖に参加しているのです。萌大、萌二は成都で生まれ、1歳で所属する北京動物園に来ました。飼育パンダは母系社会、ママの所属が子の所属になります。

萌大


2階があるようなので上ってみると、パンダカフェなるものがありました。ダンナはカフェとか休憩という言葉が大好きです。パンダ見るのに早くも飽きてきたようですが、黙殺します。
休憩は時間が余ったら、といつも言い、そしていつも時間は余らないのを知っているので肩を落として見せられます。

北京動物園オリンピックパンダ館2階にあるパンダカフェ


奥に行ったら、先ほどの室内運動場が上からも見下ろせるようになっていました。
ちょうどパンダが隅っこに歩いて行く所です。

オリンピックパンダ館を2階から見下ろす


隅っこにはまって外を見ています。恐らく双子の萌二を探しているのでしょう。2人の交流ポイントなのかも知れません。でも萌二はバックヤードに帰ってしまってそこにはいません。まだ3歳なので、飼育下では一緒に生活させてもいいと思うのですが、既に別々に生活しているようです。

萌二を探す萌大


さて、北京動物園には他にもパンダがいるはずですが、年齢や体調で展示に出てないのか、はたまた繁殖のために別の施設に行っているか、で、会えるのは全部で5頭だけのようでした。

パンダの繁殖は専門知識や設備が必要なので、繁殖専門の施設で行われます。つまり動物園にいるパンダは繁殖年齢に達しないか、繁殖対象外のパンダなのです。なお、日本など海外のパンダは繁殖目的のための貸し出しのみになるので、子供が生まれれば繁殖年齢までに中国の施設に帰るのが基本ルールです。

オリンピックパンダ館にもお土産屋があります。もちろんパンダ尽くしです。

オリンピックパンダ館のお土産屋はパンダだらけ


萌大をたっぷり見た後は、もう一度アジア運動会パンダ館を一周します。
吉妮さんは相変わらずご満悦の顔でお食事です。この後、おやつももらって食べていました。
きっと昼間たっぷりお昼寝をした後だったのでしょう。

吉妮


先ほど寝ていた大地さん、起きて笹を食べていました。これで5頭のパンダ全員が起きている姿を見られました。午後の中途半端な時間帯、短い時間で起きている所を見られたのは、ラッキーな方かも知れません。

笹に埋もれる大地


大地さんは1992年生まれなので、もう24歳、雄パンダとしてはかなり高齢な方ですが、全然歳を感じさせない顔つきです。そう言えば妹の神戸の旦旦も年の割に童顔なので、そういう家系なのでしょうね。それにしても、ガラス越しの動くパンダ、なかなかピントが合いません・・・。

大地


しばらく食べたらお気に入りの寝場所なのか、先ほど寝ていた場所に行って、同じポーズで休憩し始めました。声には出さずにバイバイを言いますが、その横で大声出しながらガラスを叩く中国人・・・、どうにかならないものでしょうかね。

大地のお昼寝ポーズ


次回北京動物園の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

パンダの口の中
よく撮れてますね
なかなか見れない場所
歯が牙なんですね
竹が上手く食べれるもんだとおもいます
まだ砕く歯があるのかな?

Re: No title

こんにちは!

パンダファンはアップの写真好きですが、一般向けにはあまりアップじゃない方が
いいかなと思い、そこそこの写真を選んだつもりでしたが口の中見えちゃいましたか!

竹を砕くのは奥の方の平べったい歯のようですね。
しかし、パンダが竹を食べる姿は生で見るとちょっと不思議な感じがすると思いますよ。
すごーく上手にさっさと皮(緑の部分)剥くんですもの♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR