コスタリカ・サンヘラルドデドータ村でケツァール探し

2016/11/25 (5日目) 続き

10:55 バスを降りて、ケツァールを探しに行きます。ここがガイドブックのいう、ロス・ケツァーレス国立公園のようですが、地元のガイド先頭で、見られる可能性の高いスポットへと向かいます。いきなり人の家の温室のような所を横切ります。ガイドなしの見学は無理そうですね。

ケツァール探索は温室から?


そして、見通しの良い丘というか小山に登って行きます。森の中を歩くのかと想像していたので、あれれ山登りだったのかと不意打ちを食らいます。地元のガイドさんは60倍くらいの望遠鏡を背負ってサクサクと慣れた足取りです。

ケツァール探して山に登る


周囲の景色は一面緑、ここで緑色の鳥を見つけようというのは素人にはまず無理ですね。
その途中で地元のガイドさんがさっきちらっと見たとか言います。結構急な斜面で、健脚でない方は、平気な顔をしながらついてくるのは大変だったと思います。

ケツァールのいる谷


残念ながら周辺にはいないようだから、別の方向へ行ってみようと来た道を引き返すことになりました。下の道に下りる途中、道端にポットがあります。これはケツァールの好物リトルアボガドの種を植えたものだそうで、これを育てて山に植えるのだそうです。普通に落ちた実は発芽せず、ケツァールが食べて吐き出したのだけ発芽するとガイドさんは言います。

リトルアボガドの苗を育てるポット


道に下りたらかわいい鳥がいました。赤くてかわいいフウキンチョウです。見られないかもしれないケツァールよりかわいい鳥と思った人も多かったようですが、その鳥は後でランチの時に見られるから、と言われるとケツァール探しに集中します。

フウキンチョウ


道端に実がなっている木があったので、これがリトルアボガド?と誰かが聞きます。
外れ、こちらはトマトの木だそうです。

トマトの木


さて、その車も通れる道を歩いていた時の事、地元のガイドがケツァールいた、と言います。
どこだかさっぱりわかりません。ガイドが望遠鏡をセットしてくれてそれを覗くと確かに木々の間に止まっているようですが、自分のカメラをズームしても全然見つけられません。

もっと見やすいスポットへ移動すると言ってまた山を登ります。足元がぐちゃぐちゃしていて、足腰に自信のない人、靴がある程度ちゃんとしていない人は登れません。かなり登ってからやっとガイドさんにあそこと教えてもらい自分のカメラでも確認できました。車道からよくわかったねという距離です。

ケツァール発見


ガイドさんの望遠鏡をセットして何人かが覗いた時点で、飛んでいってしまいました。ガイドさんの後ろを歩いていた私は見れましたが、後から来る人は見逃しました。さらに飛んでいった先を探します。いましたいました。どの木にいるかわかっても、実際の距離は結構あるようで見つけるのは大変です。

自由の象徴ケツァール


緑の羽が光って見えます。とてもきれいな色合い、見たら幸せになれると言われているのがわかるような気がします。

美しい羽を持つケツァール


またどこかへ飛んでいってしまいました。その姿はとても美しかったので、録画をしなかったのを悔みます。飛んでいった場所までさらに山を登ります。この正面の大きなリトルアボガドの木にいるとガイドさんが言います。どこ~?

ケツァールはリトルアボガドの木にいる


いましたいました。場所をわかっていれば、ギリギリ肉眼でもなんとか見える距離です。
ケツァールの雌です。雄はもっと尾が長いんですね。さきほど見た後姿はもっと尾が長かったような気がしますが、同じ個体だったなら雌ですね。

ケツァールの雌


ケツァールも雌雄一緒にいることが多いですが、雄は姿を現しません。
リトルアボガドの木の枝をあちこちと移動します。目がかわいらしく、お腹の下の方は鮮やかな赤い色をしています。こうして見ると、モンテベルデで私が見つけた鳥はやっぱりとてもよく似ています。

かわいい顔したケツァール


この木でアボガドの実を食べているのかずっとこの木に滞在してくれています。葉の影に隠れがちですが、ちょくちょく姿を見せます。ガイドさんの望遠鏡で見るとこんな感じです。
高倍率のカメラや望遠鏡を持ってこなかった方は順番にガイドさんの望遠鏡を覗きます。

望遠鏡で見たケツァール


私のカメラはデジタル34倍、それでなんとかこのサイズです。バズーカ持ってこられた方、大変きれいな写真を撮っていらっしゃいました。ケツァールはリトルアボガドが好物で、熟した実を丸ごと呑み込み、3つくらい呑み込んだら、種を吐き出します。その後は消化するのに時間かかるので、10分以上は動かないそうです。まさに食後の休憩中ですね。顔がかわいいです。

かわいらしいケツァール


背中はきれいなエメラルドグリーン。肉眼では無理ですが、ガイドさんの望遠鏡で見ると、羽の細かい模様まで見れてとてもきれいです。

クジャクの羽のようにきれいな羽


そのうち雄が姿を現さないかと待ちますが、来る気配はないようです。他の観光客もやってきました。
ケツァールは一生ツガイは分かれないそうなので近くにいるのでしょうが、きっとお腹いっぱいなのでしょうね。雄の方が飾り羽が長くキレイだそうなので見たかったですが仕方ありません。

ケツァール探しに別の観光客も来た


次回続きからランチををレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!


鳥を撮るって むつかしいですよね

上手く撮れてますね  b
まずは最低条件 発見すること!だし
鳥がジートおとなしくしていてもらわないといけないし(笑)

望遠使うほどブレるし
三脚とかは使わないんですか?

フウキンチョウは雀に色を塗った感じですね^_^

Re: No title

こんにちは!

野鳥の写真をきれいに撮っている方のブログとかを見慣れているせいか
簡単に撮れるんだと思いこんでいましたが、いやぁ素人には写すだけでも大変ですね!
三脚とかいうより、カメラのオートで撮ってる時点でもうダメダメです。

フウキンチョウ、確かに色付きスズメです♪
(愛鳥家に怒られそう・・・)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR