コスタリカ・タルコレスでのランチ~サンホセ

2016/11/24(4日目) 続き

12:40 タルコレス川のボートクルーズが終わったら、ボート乗り場の脇にある野外レストランでランチです。南国ならでは、のスタイルですね。

タルコレスのランチ会場


食事を待っていると、ガサゴソっと音が聞こえました。鳥かな?カメラを持って近くへ行ってみるとリスでした。結構大きめのリスで尻尾など毛がフサフサしててかわいいです。何か手に持って食べています。

大きなリス


今度は足元で何かが動きました。トカゲでした。サイズは小さいものの、やたらと立体的です。何か大きな獲物をお腹にいれた所なのでしょうか。

お腹の大きなトカゲ


さて、私たちの食事も来ました。ジュースに、食べ物はワンプレート。パクチー入りサラダとアロース・コン・マリスコス、簡単に言うと海鮮炊き込みごはんです。ちょっとパエリアっぽい感じで、とてもおいしいです。お腹空いてたのもあり、完食しました。

アロース・コン・マリスコス


食後は皆さんがトイレやらお土産やら行っている間、駐車場の方のアーモンドの木の辺りでリスを見ながらおしゃべりしていました。リスやコンゴウインコはアーモンドの実が好きなのだそうです。先ほどと同じ種類のリスですが、何匹かこの周辺に顔を出します。

アーモンドが好きなリス


すると、後ろにあった巨木の辺りで、バサッという大きな何かが落ちる音がしました。「ヤシの実か何かじゃない?」と言いながらも確認に近付くと、そこにいたのはなんと立派なイグアナでした。木から寝ぼけて落ちたか、仲間と喧嘩して落とされたかはわかりません。

大木から落ちてきたイグアナ


イグアナこんなに近くで見るのは怖いですが、そうっと近寄ります。動いたらダッシュで逃げたくなるほどデカいです。サラピキで見たのは、かなり距離があったのでこんな迫力なかったのですが、何というか頭に王冠載せたくなるようなカッコよさです。

近くで観察イグアナ


というか、これ生きた恐竜って感じですね。でも、緑色がなんとも言えない色合いで不思議と見入ってしまいます。イグアナ、結構なスピードで動くので腰が引けます。

恐竜のようなイグアナ


イグアナはうろうろした後、元いた大木に登って行き、あっという間に見えなくなりました。
これも野生、観察ツアーで見たわけではないですが、今回の旅行で一番印象に残った生き物だったかも知れません。

木に登って行くイグアナ


13:35 バスに乗り、最終宿泊地サンホセへと移動します。
14:00 高速に乗ると休憩できないので、まだ走り出して間もないですがお土産屋で30分の休憩を取ります。品揃えは豊富ですが、お値段は高めです。南米でも見る何でも揃ってますお土産屋さんです。

コスタリカのお土産屋


お土産に興味がない私は駐車場で鳥など観察です。野生のリスもチョロチョロと木を渡り歩いています。
うるさく鳴く鳥はこれかな?

コスタリカで見た野鳥


もしくはこっちの鳥?カラスのように黒くてかわいくありません。
ハチドリみたいにかわいい鳥からフウキンチョウのような色のきれいな鳥、そしてサギ類やら、こうした名前のわからない鳥まで本当にコスタリカは鳥たちにとって楽園のようです。

コスタリカ見た野鳥


14:30 バスで出発です。しばし車窓景色はのどかな風景です。眠くなります。

コスタリカで見る車窓風景


やがてこんな感じに・・・。今まで見てきたコスタリカ、人口が少ないのか?
何もないからこそ、野生で暮らす生き物がたくさん残っているとも言えるのでしょう。

コスタリカ車窓風景


サンホセに近くなると急に人家が目につくようになります。
遠目に見ると、どこかのスラム街のような家並みです。まだ見ぬ首都がどんな所か想像がつかなくなってきました。

サンホセ郊外の家並み


次回はサンホセ散策をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

豊かな動植物の宝庫コスタリカ、その一端が感じられます。
グレーと茶のリスなんて珍しい。
様々な鳥類、ワニやイグアナ、こんな近くで見られるんですね。
コスタリカは環境保護が進んでいると言われていますが、間近でそのように見られること自体、行き届いた環境保護によるもの、ということでしょうか。

Re: No title

コスタリカはエコツーリズム先進国ですね。
国土の1/4が国立公園や自然保護区、誰でも簡単に行ける場所で
こうした生物が見られます。
大事な観光資源という認識は高いでしょうね、長い間海外からの
旅行者からはぼったくりとも言えるお金を取って来ましたし。
自然を保護しているというのもありますが、実は開発などにかける
お金もないというのが幸いしているとも思います。

No title

こんにちは!

リス身近に感じますけど
絵本とか子供の頃に読んだけど
未だに生で見たことがないです

ayaさん イグアナは抱っこしてあげなきゃ(⌒▽⌒)

No title

国情を考えれば、実際は進んだ環境保護というより開発するのに余裕がないからということの方が大きいかもしれませんね。

出発の空港から、ハリケーンに遭遇したり温泉に入ったりなど珍しく、いつの間にか私も旅行している気分に。

No title

こんにちは aya1103さん
わぁ リス好きにはたまりませんーー(∩´∀`)∩
初めて見る色あいです。 いいないいなー♪
イグアナがバサッと落ちて来たら
きっと私その場で気絶しちゃいますー( ̄▽ ̄;)
でも見たいっ でも怖いっ うふふ♪
いつも楽しませてくださってありがとうございまーす

Re: No title

tookueさん

リス見たことないですか?
日本にも結構いるし、っていっても北海道とかか。
アメリカとか、海外だとリスはその辺の公園にチョロチョロいたりして
あまり珍しく思わなくなってました。

イグアナね、抱っこしようと思ったんだけど、逃げられちゃったのです~
絶対そんな訳ないか(笑)

Re: No title

pandamukiさん

あまり開発されずに済んだ自然環境をちゃんとそのまま守っているようです。
自然を売りにした観光は大事な収入源ですし。
あまり人口が多くないのもいいんでしょうね。

一緒に旅行している気分になれるというのは、一番の褒め言葉、励みになります~。
最後までお付き合い下さいね♪

Re: No title

イヴままさん、こんにちは

リス好きでしたか~
ここのリス、私が今まで見た中でもでかかったですね。
割と近くで見てても逃げないし、かわいくお食事してる姿が一番かわいいですね。

イグアナが落ちてきた木は大きかったので、うっかり木の下にいたら
当たらないとも限りませんよね。そう思うとちょっと怖いかな?
えらくかっこよかったので、写真撮りたい一心でギリギリ近付きましたー。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR