コスタリカ・タルコレス川ボートクルーズ①

2016/11/24(4日目) 続き

8:00 風雨の中、モンテベルデをバスで出発、ハリケーンが近付いているので急いで山を下ります。カリブ海側への道は閉鎖され、私たちも無事にサンホセ方面へ脱出できるかすらわかりません。途中、小さな土砂崩れや倒木もあり、ヒヤヒヤしましたが、無事に1号線へ出ることができたようです。

9:40 一安心した所でトイレ休憩です。ここはレストランや売店が併設されています。私たちはコスタリカの通貨コロンを両替してないので持っていませんが、観光客も立ち寄るこうしたお店では米ドルが使用できます。色のドギツイお菓子などいっぱい売っています。

コスタリカの売店のお菓子


10:00 再び出発します。しばらくすると太平洋が見えてきました。
カルデラビーチという海岸です。雨は小雨になり、太平洋側はハリケーンの影響は全くありません。今日はコスタリカ人の多くは自宅待機しているからか道はガラガラです。

コスタリカのカルデラビーチ


バスはタルコレス川へ向かうことになりました。昨日予定されていたカーニョネグロ保護区でのボートツアーの代替として、その川でクルーズできるように手配してくれたようです。
ガイドブックにはカラーラ国立公園と紹介されている場所のようです。

11:00 ボートクルーズの場所につきました。まずトイレへ寄ってからボート乗り場に向かいます。今日はサンホセに移動するだけで観光は無理だろうと思っていたので、何となく得した気分です。観光できる所があってよかった。探してくれた現地ガイドさんにも感謝です。

タルコレス川のボートクルーズ発着所


11:10 このボートクルーズで見ることができる鳥などの写真が乗った紙を貰い、白いボートに乗り込みます。ちょうど雨もあがったようです。

タルコレス川ボートクルーズ


ボートは結構きれいで、貸切です。人数的に十分な席数なので、全員が一人ずつ座れます。
上に救命胴衣がセットされていますが、乗船中はつけなくていいみたいです。

ボートクルーズのボート


さぁ出発です。まず上流へと向かいます。何が見れるかな?野鳥がたくさん見られるらしいですが、これは双眼鏡が必要な距離ですかね。
ボートの周りはたくさんのツバメが飛んでいます。速すぎて写真には写ってもらえません。

タルコレス川


最初に現れたのはシロサギです。
ボートが近付いても全く気にする様子もありません。

タルコレス川にいるシロサギ


この川は野鳥以外に、アメリカワニが住んでいる事で有名だそうです。上流の橋からはワニの群れが見えるとガイドブックにも書いてあります。さっそく、ワニが、とガイドさんが言いますが、どこですか~。

アメリカワニがいるタルコレス川


あ、いました。川に刺さったような流木?にぴったりとくっついています。
じっとして動きませんが、かなり大きいです。2mはあるかな。

休んでいるアメリカワニ


次に現れたのはヒメアカクロサギです。
結構川沿いにいっぱい鳥がいるのはびっくりです。

タルコレス川のヒメアカクロサギ


正面から見るとちょっとおとぼけ顔ですね。

正面から見たヒメアカクロサギ


次は右手にバジリスクバジリスクというでっかいトカゲみたいなイグアナ科の動物です。
体長50㎝くらいかな?

バジリスクバジリスク


背中のシルエットが特徴的です。カリブ海側にはこれの緑バージョンのグリーンバジリスクというのがいて、カーニョネグロ保護区ではそちらを見るチャンスがあったのですが・・・。鮮やかな緑色らしいので、ちょっと楽しみにしていましたが、まぁ茶色いのもなかなか格好いいかな。

バジリスクバジリスク


どんどんと上流へと向かいます。ちょっとアジアの景色と雰囲気が似ています。
緑豊かな川岸、素人には鳥がどこにいるかは近付くまでわかりません。

タルコレス川


私にも判別できるのは川岸のバナナの木くらいです。
コスタリカではバナナは料理にも使われています。生で食べるのと、料理用は別ものみたいです。

タルコレス川の川辺のバナナの木


よくよく見るとワニはあちこちにいました。この川は遊泳禁止の看板が立っています。落ちないように気を付けないとね・・・。

アメリカワニ


次回もタルコレス川クルーズの続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

太平洋が見えて
日本は見えませんでしたか(笑)

救命具あってつけてても
ワニがいるなんてΣ( ̄□ ̄; !
意味ないようなきがしますが(苦笑)

救命具より
鎧甲でしょうか・・沈んでしまいますけど(⌒▽⌒)

Re: こんにちは!

太平洋、見えたとして、方向的にはガラパゴス諸島ですね~

ワニがですね、ちょっと衝撃的な大きさで、うようよいると思うと
確かに救命胴衣は意味がなさそうですね~。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR