コスタリカ・モンテベルデ(スカイウォーク①)

2016/11/23 (3日目) 続き

13:15 コーヒー農園のレストランを出発します。ハリケーンの襲来による緊急事態宣言発令で、モンテベルデの施設は全部クローズ、とのことでしたが、せっかく遠方から来たのでスカイウォークを1本だけ渡れるよう交渉したので行きましょう、ということになりました。え、吊り橋、もう渡らなくてよくなったと完全に気を抜いていましたが・・・。

13:40 吊り橋渡るの?動揺が収まらないままスカイアドベンチャーズのスカイウォークトレイル入口に到着です。アカメアマガエルが「君、渡れるの?」と言っているように見えます。

モンテベルデスカイアドベンチャーズのスカイウォーク入口


ハリケーンで雨風も強いので、希望者だけ行きましょうということになり、2,3人は行かないと残ることになりました。私はとりあえずチャレンジするつもりで準備します。私もゴアテックスジャケットの上に更にポンチョを着込み準備しますが、皆同じような恰好でもはやカメラを向けても誰が誰かわからりません。

ハリケーンの中を散策するため万全の準備


皆が準備できた所でトレイルへ向かいます。ガイドさんがトレイルマップの前で簡単に説明します。ここには元々6本のスカイウォークつまり吊り橋があるコースがありますが、このうち6番を渡って、せっかくだから5番を渡って帰りましょう、と。

スカイウォークのトレイルマップ


あれ、1本渡って戻ってくるって言ってたじゃないですか。それだったら渡れなくても問題ないやと思ってましたが、別の道を帰るならちょっと話が違うなぁ。どうしよう。でも行ってみないことには始まりません。だいたい今回の旅ではここの吊り橋を渡る!というミッションがあったのだから、せめてトライしないことには・・・。

まずは熱帯雲霧林のジャングルを歩きます。貧乏人の傘という葉っぱに出会います。標高が上がるにつれ、葉も大きくなるそうです。

貧乏人の傘の葉


モンテベルデは1950年代にクエーカー教の人達が移り住んで開発し、自給自足の生活をしていた場所です。前年、初代の移民の最後の一人が亡くなったそうで、現在は孫の世代が住んでいます。熱帯雲霧林は世界でも珍しく、年間平均湿度が90%以上、エクアドルやボルネオ、屋久島とか限られた場所にしかない独特のジャングルです。

モンテベルデのトレイルを歩く


こちらは絞め殺しの木。鳥が種を落とし、それが木の高い所に落ち、根を細く伸ばします。地面についた後は根が太くなっていって、元の木を絞め殺すかのようにからみつくのです。

絞め殺しの木


木々に囲まれているせいか、雨風をほとんど感じなくなりました。ハリケーンなのに森林浴を楽しんでいる気分です。この森は地面は50~60㎝しかないので、木々の根は太くなっていくそうです。

熱帯雲霧林散策


10分ほど森の中を歩き、1本目の吊り橋に到着しました。高さ15m、橋の長さは48m、思っていたよりはしっかりした吊り橋です。行けるかな?

モンテベルデのスカイウォーク


昨日一緒に吊り橋リタイアした人たちも行ってしまいました。気付いたらいつの間にかダンナもいません。私も一歩を踏み出してみましたが、やっぱり怖い~。皆が渡っている所を見ていたら揺れてるのがわかるし、どんどん怖くなって足が動かなくなってしまいました。

スカイウォーク


皆渡り切って見えなくなってしまいました。渡らないと、一人で森の中を戻らないと行けません。添乗員さんが残っていてくれたので、意を決してチャレンジすることにします。
そうっと忍び足で揺れないように渡ります。ずっと何かブツブツ言っていたと思います。

スカイウォーク


他に人がいないのでほとんど揺らさず渡れたことが勝因だったかも知れません。それに、足元まで結構木々が茂っているように見え、高さ自体はほとんど感じなかったのも何とか我慢できた要因です。網目も細かく、真ん中の線の上を歩くのがポイントです。とにかく1本渡ることができました!

スカイウォークは割としっかりしている


しかし、これで2本目を渡るか、今渡ったのをまた一人で渡って戻るかしないと帰れない事になりました。どうしよう?ひとまずグループを追いかけ森の中を歩きます。本来いろんな動植物を探しながら散策するはずでしたが、天候のせいもあって生き物の気配はありません。見たのはカタツムリくらいです。

モンテベルデの熱帯雲霧林


うっそうとする景色、ジャングルには着生植物が多く、これらは宿り木と違って木から養分は取りません。この後どうしようと考えているので、景色を楽しむ余裕は全然ありません。

木々には着生植物がたくさん見られる


やっと皆に追いつきました。こちらケツァールが巣を作っていたという木です。キツツキの開けた穴を利用して巣を作ったそうです。今はまだ繁殖期には早いし、そう簡単に見られる訳ありませんよね。だいたい天気のせいか鳥の鳴き声ひとつしません。

ケツァールの巣


次回モンテベルデのスカイウォーク後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

吊り橋、やっぱり怖い(笑)。
ただ、この吊り橋の下は川ではありませんよね。
よほど高かったり川が流れていたりしたら絶対無理ですが。

Re: No title

下は川じゃないと思います。もちろんたまたま川がある場合もあるかも知れませんが。
木々などに止まる鳥や動物を観察しやすいように作られたものですね。
吊り橋は、高さももちろんですが、強度と透け具合も渡れるかどうかの重要なファクターですね。
加えて精神的な何か、そう渡らないとならない切羽詰まった使命感とか緊急度みたいなものが
ないと高所恐怖症には無理です(笑)

No title

こんにちは!

アカメアマガエル
本物じゃないですよね(笑)

山登りとか
あるのであれば

靴類は
1つで
いるものは現地で調達ですか?

Re: No title

こんにちは!

カエルは昼間寝てるので、本物か置物か区別つきません~(笑)

山登りに見えるかも知れませんが、まぁスニーカーとかで大丈夫かな?
ちなみに、私は海外旅行に履いているのも含めて3~4足靴持っていきますね。
海外で調達はサイズ、デザイン的に厳しいし、新しい靴を履くのも靴擦れのもと。
ツアーなら荷物の量はあまり気にならないので、複数持っていきます。
履いて行く靴の他、ハイキングシューズ、サンダル、とか。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR