コスタリカ・タバコン温泉~フォルトゥーナ

2016/11/22 (2日目) 続き

夜のタバコン温泉、ダンナと合流した後は一緒に一番奥までもう一度行き、上流の方から温泉に浸かりつつ、下流へと移動して行こうと思います。奥のスポット、この滝は天然かどうかわかりませんが、すごく景色もいいし、一通り見た中でこの滝つぼが一番気に入ったのでここでしばらく温泉気分を味わいます。誰もいない、貸切です。

タバコン温泉この滝つぼも浴場


次の段差の所から下流を眺めつつ、温泉を堪能します。足元どうなっているかわからないので、サンダルは履いたままです。川に橋も架かっているので、やはりここの道は複雑です。

流れる川の温泉タバコン・リゾート


私たちが浸かっていると、やがて次々と人がやってきました。いろんな国からの観光客が来ているようです。様々な言語が飛び交っています。

タバコン温泉を楽しむ旅行者たち


川にはあちこちに段差つまり滝ができていて、そこは川の中を移動することができないので、入った所からまた出て下の段へと移動しながら、いろんな場所で温泉を楽しみます。
中にはプールのような所もあったり、鯉が泳ぐ池もあります。どこが人が入っていいのか分かりにくいですが、手摺りがあったらそこが入口かな?道は密林の迷路のようです。

川沿いの小路


ほぼ全ての入浴スポットを入りながら下流へ来て、更衣室の前にあった滝の所へ戻ってきました。最後はここで時間調整です。同じツアーの日本人たちも集まっていました。この滝の下は椅子になっていて座って滝にうたれる事が可能です。そして、そのまま後ろへ倒れると、滝の裏に入ることもできます。深さもいろいろ、景色もいろいろ、ワクワクする温泉です。

裏見の滝まであるタバコン温泉


楽しい時間はあっという間に過ぎました。ふと持っていた防水カメラの時計を見たら19:30を過ぎたところでした。集合時間まで15分ない!慌てて皆で引き上げます。タバコン温泉、想像以上に楽しい所で1時間じゃ到底足りない温泉でした。個人的にはこの前に行ったアイスランドのブルーラグーンより気に入りました。天然の川に作られた高級リゾート温泉、素晴らしいです。リゾート内の地図はこんな感じですが、今見てもどこがどこだったのかピンと来ません。探検気分がより楽しさを増しているのかも知れませんね。

タバコン温泉の地図


19:50 少しというか集合時間から5分遅れてレストランへ行きます。ビュッフェで、バーベキューとかサラダとかいろいろあります。ビールは小瓶6ドル。コスタリカは他の中米諸国に比べると断然物価が高いです。

タバコン・リゾートのレストランのビュッフェ


小さなケーキやフルーツ、コーヒーも。結構おいしかったです。あまりおいしくないようなら食事をパスして温泉をもっと楽しみたかったですが、限られた時間だからこそ、より楽しめたという思いもあります。大満足の滞在でした。

タバコン・リゾートのレストランのデザート


20:45 タバコンリゾートを出発し、フォルトゥーナのホテルへと向かいます。外は小雨が降り出しました。

20:55 今夜のホテル、ラパスタコタルに到着です。大きな一つ屋根のレセプション兼レストランが入口にあります。まるで小さな南の島のホテルのようです。この屋根の下あたりのみWi-Fiが入ります。屋外と一緒で暗いし、人の気配もないのでWi-Fiは今夜は諦めることにします。

ラパスタコタルのエントランス兼レストラン


コテージ風の建物群の先にある宿泊棟に宿泊します。部屋の鍵が旧式のタイプで、空回りが多く、皆開けるのに難儀します。並びの部屋の方達は誰も自力で鍵を開けられず、コツをつかんで開けて周りました。部屋は広めで、ベッドのサイズも大きく、ちなみにバスタブも大きかったです。

ラパスタコタルのj部屋


夜、外では何か不明な生き物の鳴き声が聞こえます。クエッという大きい鳴き声が、次第に強くなる雨の音に混じって聞こえ、気になってよく眠れませんでした。


2016/11/23 (3日目)

6:30 電話がないのでモーニングノックが来ました。昨夜は真っ暗になってからホテルに着いたので周辺の景色がわかりませんでしたが、怪しい生き物の声が聞こえるのも頷けるような環境でした。ホテルの周囲は深い緑に囲まれています。

ラパスタコタル宿泊棟付近


7:00 朝食を入口のレストランまで食べに行きます。やっぱり南の島にいるとしか思えません。

ラパスタコタル入口付近


朝食、至って質素です。炭水化物とフルーツ、卵くらいですか。屋根しかない入口の建物を見た時からこんな予感はしていました。別に文句はありません。自然を堪能しに来たのですからむしろこれが普通なのです。

ラパスタコタルの朝食


朝は小雨がぱらつく程度です。このホテルにはコテージもたくさんあります。敷地内まで緑でいっぱいです。ここはアレナル火山の麓、あの雲がかかっているのがアレナル火山なのかな?
1968年の火山でタバコン村は壊滅的被害を受けたそうです。火山があるから温泉がある。コスタリカには15か所ほど温泉があるそうです。

ラパスタコタルから見た景色


8:00 バスでホテルを出発します。今日は北西のカーニョネグロへ行く予定でしたが、道も封鎖されているので、南のモンテベルデへと向かいます。なんと、コスタリカにハリケーンが来るのは178年ぶりとのこと。すごいタイミングで来てしまいました。何が起こるか、現地の人たちにも分からないというので、短期の旅行者には覚悟のしようもありません。段々外の雲行きは怪しくなっているものの、果たしてまだハリケーンの気配は肌では感じられません。

フォルトゥーナ近郊の車窓景色


次回は続きモンテベルデまでをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR