コスタリカ・サラピキ観光(生き物観察)②

2016/11/22 (2日目) 続き

吊り橋を渡れず、最初の観光から無念です。同じく吊り橋苦手な3人と添乗員さんと橋を引き返します。橋の説明には最大12名までと書かれています。アメリカ人サイズを想定しているから日本人なら20名でも大丈夫とか言ってましたが、私の場合は100人乗っても大丈夫なくらい頑丈なものでなければ渡れそうにありません。

サラピキ川の対岸にはジャガーもいるとか、川の対岸は完全にオリジナルの密林のようです。
写真はダンナに撮ってもらったものです。(対岸にあたるのは写真左側です。)

サラピキ川


サラピキ川はいつもより水量が多いそうです。それが理由かわかりませんが、結局橋を渡り切らずに、奥まで行って皆引き返してきました。無理してあれ以上渡らなくて正解でした。
サラピキ川はボートクルーズも人気なようです。

セルバ・ベルデ・ロッジの敷地内にある吊り橋から見たサラピキ川


敷地内の散策は続きます。私も懸命に周囲の木の上などに目を凝らしますが、何らかの生き物を発見するのは素人には無理なようです。

セルバ・ベルデ・ロッジの敷地は天然の動物園


先ほど見たナマケモノの木の近くをまた通ります。相変わらずぴくりとも動いていません。
ズームで見てもこの通り、鳥の巣みたいに見えます。ほとんどエサも食べないらしいし、野生のナマケモノはこういうものだと思うほかありません。

木の上で微動だにしないナマケモノ


イグアナが木の上で休んでいるのを誰かが見つけました。ナマケモノ同様、言われてもなかなかどこにいるのかわかりません。この写真の中央付近に実はいます。

セルバ・ベルデ・ロッジの敷地内の景色


ズームすべき場所を特定するのも大変でした。どうやって見つけたのかな?
枝にぺったりとくっついて見事に擬態しているので、ちょっと遠いと全然わかりません。結構大きいので、近くにいたら怖いかも・・・。

木の上で休むイグアナ


次はイチゴヤドクガエルを見つけましょうとガイドさんがいいます。いや、見つけましょうって言って見つかるもの?そう思ったら、なんとダンナが発見しました。小さい上にすばしこくぴょんぴょん跳ね回るので、ピントが全然合いません。

イチゴヤドクガエル


毒がありますが、ガイドさんがなんとか1匹捕まえて近くに置いてくれました。赤い体にブルージーンズの足が特徴的です。手足を伸ばしても2㎝くらいかな?まぁ、大きさといい、カエルの中では可愛い方と言えるかも・・・。

ブルージーンズを履いたイチゴヤドクガエル


下には小川が流れ、鳥たちが水浴びをしています。やはり肉眼で見るのは無理がありますね。

セルバ・ベルデ・ロッジの敷地内を流れる小川


時々葉の影に赤い鳥がちらちらと見えます。黒い体に真っ赤な部分があるようですが、なかなか全身を見せてくれません。

コシアカフウキンチョウがちらちら


コシアカフウキンチョウ、だそうです。背中の辺りがきれいな赤です。川に下りてきましたが、手前の木が邪魔で写真はこれが精いっぱいでした。

コシアカフウキンチョウが水辺にいる


次はガイドさんがオオハシを発見しました。よく見ると何羽か群れで飛んでいます。群れをみたのは初めてだなぁ。葉の影に隠れたり、木から木へと飛んだりで、やっぱり写真は撮りにくいです。大きな嘴が下を向いている、わかりますか?

木の上にオオハシ


トレイル周辺では変わった植物なども結構見ることができます。私には何の仲間なのかすらわかりません。普段見ることがない植物を見るのもなかなか面白いです。

不気味な感じの植物


木の上に結構大きな鳥が止まっています。説明を聞き洩らしました。野生の生き物は動物園と違っていつどこに何が現れるかわかりません。説明を聞き、メモを取り、写真を撮る、その間に別の何かが出現するので忙しいです。

謎の鳥


散策は一時間ちょっとで終わりです。それほど歩き回ったわけでもないのにいろいろ見れた方かな?トイレに寄ってバスに帰りましょうということになり、皆急ぎ足でトイレの方へ行ってしまいました。私が一番最後に一人離れて歩いていると、途中で木の上で何かが動くのが見えました。誰もいないのでカメラのズームで動いたものの正体を探ります。

撮ったらイグアナでした。さき程見たのとは違う種類です。後でガイドさんに見てもらったら、イグアナイグアナと言われている種類だそうです。最後に自力で野生動物を見つけられてちょっぴり自己満足です。

自分で見つけたイグアナイグアナ


15:55 サラピキを出発です。

次回はタバコン温泉をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

吊橋からいきなり
無念ですか(苦笑)
それもまた記念でしょうか

動物見つけるのも
やはり
野生にかえらないと駄目なんでしょうかね
TVばっかみてると駄目なのかも

イグアナ間違えて掴んだりとかしたら
大変でしょうね~~(笑)

Re: No title

こんにちは!

目は悪くないんですけど、やっぱり動物見つけるのは慣れてないと
ダメですね~
イグアナ、実はものすごーく高い所にいるので、間違えて掴むことは
なさそうです~。でも近くにいたら動かないと分からないかもしれませんね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR