アイスランド・レイキャビク街歩き①

2016/10/01 (4日目) 続き

17:55 ブルーラグーンからバスで1時間弱、レイキャビクのセンターにあるその名もレストランレイキャビクというお店で夕食です。無料の現地マップにシーフードビュッフェの広告が出ているお店です。現地ガイドさんオススメのお店もこの周辺に何軒もあります。

レストランレイキャビク


ツアーの皆さんと食べる最後の食事です。今回のツアーは、36名もいたのに全く人数を感じさせない快適なものでした。添乗員さんが頼りなかったのが不安でしたが、それも影響がありませんでした。皆さんが出しゃばらず、干渉し過ぎず、それぞれ旅を楽しんでいたようです。食事もいつも見た目に美しく、ツアーで旅行しているのを忘れるような旅です。

レストランレイキャビクのメイン


デザートもいつもおしゃれでおいしく、コーヒー紅茶付きというのも良かったです。アイスランドはもっと観光化されていると思っていましたが、観光資源がある割にはまだまだのようです。安かろう悪かろうといったものが一切垣間見えません。

レストランレイキャビクのデザート


19:30 レストランを出てホテルへと向かいます。ここまで順調だった旅、最後によくないお知らせがあると添乗員さんが言うので、身構えます。曰く、最後の2連泊のヒルトンホテル、どうしてもダブルの部屋がある、とのこと。頭の中が?マークで一杯になります。その話のどこが悪い知らせ?と。多くは夫婦で参加しています。

ですが、ほとんどの人たちにとってこれはとんでもなく悪い知らせだったようです。バスの車内で険悪な空気が流れます。それまで模範的だった参加者の何人かが豹変しました。ダブルに当たったら文句を言う、何のために早めに申し込んだんだとか、そんなセリフが聞こえてきます。あり得ない、ツインじゃなきゃダメ、というのは夫婦双方の同意事項らしいです。

こういう人たちに限って、長時間フライトで隣の席じゃないと怒るんでしょうね・・・。
そもそも、ダブルの場合もありますって元々書いてあるし、早い者勝ちじゃないし。シニア中心の団体ツアーあるある話です。まぁ、イビキで寝れないとか旅行中は体調管理上深刻な問題かも知れませんが・・・。

19:40 ヒルトンレイキャビクノルディカに到着です。フロントでいろいろ交渉している添乗員さん、私たちはダブルでいいのでと申し出ました。

ヒルトンレイキャビクノルディカ


結局その他のダブルの部屋にはエキストラベッドを入れるということで皆さん納得されました。エキストラベッドを入れられない部屋を私たちが引き受けたことで、皆さんからも感謝されました。ヒルトンならツインのベッドもシングルサイズって事はないんでしょうが、今までのホテルはシングルだったので、ダブルの方が私には有難いです。部屋に入ってなるほど、変な所に柱があってエキストラベッドを入れられない理由がわかりました。バスタブ、空の冷蔵庫有。Wi-Fi無料。

ヒルトンレイキャビクノルディカの部屋


2016/10/02 (5日目)

この日は終日自由行動です。希望者は添乗員が町案内や夕食に連れて行ってくれるそうです。OPは西部アイスランド観光でしたが集客が悪くキャンセルになっています。
8:30朝食に行きます。やっぱりヒルトン、朝食がとてもおいしいです。

ヒルトンレイキャビクノルディカの朝食


生憎天気は曇り時々雨といった感じです。日曜なのでお店も開くの遅いので部屋でのんびりします。というのも、昨日ブルーラグーンで怪我した足が痛くて、まともに靴も履けないからです。そうは言っても、勿体ないので11:00街歩きにお出かけします。ホテルから町の中心までは2㎞くらいです。

ヒルトンレイキャビクノルディカ外観


バスがありますが、現金がないのでバスに乗るならレイキャビクシティカードなるものを買おうか悩みました。バス乗り放題、博物館や温泉などに入れる24時間カードが3500クローナというものです。ホテルで買えますが、これを買うと元を取ろうと博物館めぐりとかになってしまうので、今日はそういう気分じゃないし、アクティブにあちこち行ける状態じゃないので止めました。

ということで歩いて中心部へと向かいます。ホテル前の広い通りを真っ直ぐに西に歩きます。ロイガヴェーグル通りというレイキャビクのメインストリートです。
1㎞も歩くと、段々かわいらしい町並みになってきました。

ロイガヴェーグル通り


ひたすらロイガヴェーグル通りを歩きますが、実はその一歩一歩が泣きそうに痛いのを堪えています。足の小指の爪が首の皮一枚みたいな感じにくっついているのを絆創膏で3重にとめて厚い靴下にゆとりのあるブーツを履いているとは言え、靴の内側に小指が触れるだけで激痛なのです。タクシーを捕まえてホテルに帰りたいのを我慢し、ゆっくりと歩を進めます。

レイキャビクのメインストリートロイガヴェーグル通り


南北に交差する道を覗くと、海が見えます。元気だったら、シティカード使って島にも渡ってみたかったなと悔しく思います。

ロイガヴェーグル通りから海を見る


段々メインストリートらしくなってきました。お土産屋さんが何軒もあって、それらのほとんどは日曜昼前かろうじて開いています。他のお店は大抵閉まっています。

ロイガヴェーグル通り


このメインストリートにはスーパーマーケットもあります。日曜なので、12:00から開店です。帰りに寄ることにしましょう。

ロイガヴェーグル通りにあるスーパーマーケット


しかしアイスランドの物価が高いのには本当に購買意欲が低下します。お土産屋さんにはド定番のお土産物が売っていますが、例えばTシャツ、1枚4000円くらいします。元々物欲がないので、見るだけに留めます。町並みが段々華やいできましたが、足が痛くてテンションが全然上がりません。

ロイガヴェーグル通り


次回レイキャビク街歩きの続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ツアーとなると
団体行動

やはり
いい旅になるお客たちでよかったですね

ダブルになると
そんなに嫌なんでしょうか?


Re: No title

こんにちは!

文句言ったり、問題起こしたり、干渉する人がいなかったのは幸いです。

そうそう、ダブル問題、笑えますよね。当の本人たちには大問題らしいですが。
そんなに嫌ならいっそシングルルーム2つ取ればいいのにね。ダブルベッドの場合もありますって
ちゃんと書いてあるのに。

No title

夫婦でダブルがだめって、そんなにいるんですか??
驚きです。そんなこと言ったら、欧州の地方には行けないですね。ダブル普通ですから。

とはいえ、我が家も家内がツインの方がベターという人です。
欧州のダブルって、世界チェーンホテル(ベストウエスタンを除く)でないと本当に日本でいうダブルベッド(幅140cm)なんですよね。狭いです。

Re: No title

シニアの夫婦で海外ツアー参加者は9割以上がダブルダメなんじゃないでしょうかね?いびきの問題?
旅行会社は一生懸命ツインを抑えているようなので、ツアーの場合、ダブルになることは滅多にないですね・・・。
ツインが足りない場合は、エキストラベッドを入れるか、最後はくじ引きです。でも。ダブルになるかもと言って烈火のごとく怒るってのも大人気ないです。

クルーズの場合も。狭いキャビンで、わざわざベッド離してくださいとお願いする紙とか用意しますよ、ツアー(笑)

ヨーロッパは国にもよりますが、あの体格でベッドが確かに狭いですよね。
きっと寝相がいいんでしょうね?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR