アイスランド・レイキャビク(ハトルグリムスキルキャ教会)

2016/09/29 (2日目) 続き

ハトルグリムスキルキャ教会、まず塔に上がるチケットを買ったら早速入口にあるエレベータで8階まで上がります。エレベータ降りたら階段を上がります。教会の塔にありがちな「階段」のキーワードは時として私に恐怖をもたらしますが、通常のビル内の階段のようなものでほっとします。

ハトルグリムスキルキャ教会の塔の階段


教会は高台に建っていて、他に高い建物がない中で、74.5mの高さがあります。ですので、この塔の上はレイキャビクの一番の展望スポットと言えるでしょう。しっかり首の高さまで塀があり、踏み台に乗って窓から外を眺められます。北西のHARPAの方面、レイキャビクで一番賑やかな辺りです。なんてかわいい町でしょう。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たレイキャビク中心部


正方形のような展望台には各辺にいくつかの窓があるので、一通り覗きながら景色を楽しみます。こちらは北東ホフジハウスの方面です。見えている範囲がほぼレイキャビク中心部、歩いて周れるほどの小さな首都です。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たホフジハウス方面


今度は海と反対の南東の方です。中央やや右に温泉タンク、ペルトランが見えます。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン方面


ズームします。巨大なタンクですね。いろんな施設に温水を供給しているそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン


そしてこちらは南西方面、チョルトニン湖と呼ばれる池があります。この左手に国内線用のレイキャビク空港があり時折小さな飛行機が離発着する様子が見られます。
私はこの方面の景色がとても気に入りました。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見た池方面


少しだけズームすると、家々がとてもカラフルなことがわかります。積み木を並べたようなおもちゃみたいな町です。アイスランドらしさ、として印象に残る町並みです。

カラフルなレイキャビクの街並み


住むなら池の周辺がいいかな?かわいらしい色の屋根に紅葉した木々、裕福そうな人が住んでいそうな気配が漂う素敵な風景です。町全体を見渡すのにちょうどいい場所に建っているこの教会、塔のチケットは高いですが、他にこの景色を見るチャンスもないのでオススメです。

レイキャビクの街並み


塔から降りたら残り時間は教会内部を見学します。内部はとてもシンプルです。
装飾も何もない現代的な空間です。1945年から約40年かけて建てられたまだ新しい教会です。

ハトルグリムスキルキャ教会内部


その中での見所は入口側にある5575本のパイプオルガン、ドイツから贈られたもので15mもあります。きれいな音色が流れています。

ハトルグリムスキルキャ教会のパイプオルガン


このモノトーンのガラス製のものはチェコからの洗礼盤だそうです。上のガラスの部分がやさしい花びら型に彫られています。

ハトルグリムスキルキャ教会の洗礼盤


最後に外に出て外観をチェックします。正面から見るとまるでスペースシャトルのような独特な形をしています。これがマグマが流れて固まった様子、なのだそうです。教会前に建つのは、レイフ・エリクソンの像、コロンブスよりも500年も早くアメリカ大陸を発見した最初のヨーロッパ人で、アメリカから贈られた像だそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会正面の独特のフォルム


教会前からはなだらかな坂道がHARPAの方面へ向かって伸びています。この辺りは観光の中心地、おしゃれなレストランなどがたくさんあります。

ハトルグリムスキルキャ教会前の町角


塔の上から見た家並み、地上で見ると全然違うものに見えます。清潔感を感じる町並みです。

ハトルグリムスキルキャ教会前の街並み


10:10 ハトルグリムスキルキャ教会を出て、バスでレイキャビクを出発しゴールデンサークル観光へと向かいます。レイキャビクを出て東に向かいますが、天気がよくなってきました。車窓に見えるのはテーブルマウンテンのエーシャ山です。

エーシャ山


次回はシンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR