中国・成都パンダ基地月亮産室

2016/09/24 (4日目) 続き

14:55 成都パンダ基地の中で一番奥にある月亮産室に着きました。ここは太陽産室よりも規模の大きい産室で、2016年と2015年生まれの子パンダたちがたくさんいます。2016年の赤ちゃんパンダはまだあまり動かないので、ママパンダと暮らす2015年生まれの子パンダが一番人気のようです。入口付近には、萌萌(モンモン)ママと、萌欄(モンラン)、点点(ディェンディェン)がいてたくさんの観客を集めています。

成都パンダ基地月亮産室入口


パンダを見る前に、私たちはPandapiaの生放送の舞台裏を見学に行きます。靴カバーをして、月亮産室の通常立ち入り禁止区域に入ります。Pandapiaは、毎週土曜、8時間に渡りこの月亮産室の赤ちゃんパンダを中心に生放送をしているのです。パンダ舎の空スペースに機材がいろいろ並んでいます。今日は土曜、現在生中継中です。

パンダピア生中継舞台裏


現在放送中なのは、舞台裏のすぐ裏のエリアです。パンダは奥の方でお食事中。科琳(クーリン)ママと2015年生まれの啓啓(チチ)と晶奥(ジンオウ)がいます。科琳は先ほど二号別荘にいた奥林匹亜(オリンピア)と福娃(フーワー)のママ、啓啓は奥林匹亜たちと一緒にいた慶賀(チーフ―)ママの産んだ双子兄弟の兄、晶奥は晶晶(ジンジン)ママの産んだ双子兄弟の兄です。親子がシャッフルされています。

成都パンダ基地月亮産室パンダピア生中継の風景


中継の舞台裏は月の形をしたパンダ舎の内側にあたり、そこから先にはずらっとパンダの部屋が並んでいます。ここは飼育員さん用の通路で、右側にパンダが夜間過ごす部屋が並んでいます。

月亮産室の内側


さて舞台裏をゆっくり見学した後、パンダたちを見に行きます。まずは萌蘭と点点がいる所へ。萌蘭のパパは美蘭なので、私の好きな七喜(チーシー)の腹違いの弟にあたります。もっともパンダ界では家系は母系で語ることが多く、父親が公表されないことも多いです。手前の石の山の上にいるのは点点です。点点は中継エリアにいた啓啓と双子です。

成都パンダ基地月亮産室の萌蘭と点点


正面から見た点点。名前は公募したので、つい最近、1歳を過ぎてから公表されました。2015年この基地最後に生まれた双子です。日本のファンはおとうふと呼んでいます。白いし、アイパッチが小さめで顔の余白が多いからだと思いますが、何ということでしょう、下半身はズボンを履いたように灰色に染まって、全然白くありません。これじゃ胡麻豆腐です。

成都パンダ基地月亮産室の点点


その隣の庭には2016年生まれの赤ちゃんパンダが日光浴をしています。庭の奥に置かれているので、ちょっと肉眼で見るには遠いです。しかも歩けないし、ほとんど動かない・・・。ですので、人垣はそれほどできていません。

成都パンダ基地月亮産室の赤ちゃんパンダ日光浴


ズームしてみます。大小5頭ほどいます。この月亮産室には14頭の赤ちゃんパンダがいます。太陽産室には9頭、合わせて23頭が生存しています。今年は25頭生まれたという発表なので、愛浜の産んだ愛六の他にもう1頭生後間もなく亡くなったようですが、年々飼育パンダが産む赤ちゃんの生存率は上がっています。

月亮産室の赤ちゃんパンダの日光浴


まだ産毛というか・・・ぼわぼわとしていてかわいいです。月亮産室だけで14頭というのは過去最高の頭数なので、間違えないように赤ちゃんパンダたちにはマークが付けられています。例えば黒いマークがおしりの右にある子は、月亮産室で一番最初に生まれた星光(シングァン)です。

ぼわぼわの赤ちゃんパンダ


赤ちゃんは遠くて動かないので、他の見学客同様、隣の萌蘭たちの方に目が向きます。さっきまで寝ていた萌萌ママが起きて食事を始めました。萌蘭は起きたママにちょっと遊んでもらった後グダグダしています。

萌萌ママと萌蘭の母子


萌蘭も美蘭の子だけあって丸顔で女の子ぽい顔立ちですが、男の子です。昨年生まれた子のうち双子じゃなかったのは萌蘭だけで、残りは6組の双子です。萌蘭は萌萌の実子です。
ズームでよく見ると、萌蘭もかなり毛の先が汚れています。やんちゃな男の子になりました。

汚れ始めた萌蘭


おとうふこと点点も休んでいた人工の石の山から下りてきました。小さな池に浸かっています。これで土の上で遊んだら、増々黒くなってしまいそうです。

池に入るおとうふ(点点)


やがて、萌蘭と点点は食事中のママを追い回し、遊んでもらおうと誘います。ママは雌パンダにしてはかなりの重量級で丸々としています。食事をしながら子供の相手をします。

萌萌と萌蘭、点点


ここでフリータイムとなりました。17:20に基地の入口集合ということなので、みな好きなパンダを見に行ったりと散っていきます。私は残っていた他の人と、月亮産室を周ることにしました。パンダ舎の内側に入り、見学通路を進むと赤ちゃんパンダの通称営業部屋と言われる部屋があります。ここには3頭がいました。思っていたより部屋は小さいです。

成都パンダ基地月亮産室営業部屋の赤ちゃんパンダ


ここか先ほどの庭にいない子たちはママパンダの所にいる可能性が高いです。青いマークがあるのは園月(ユェンユェ)、歌姫のあだ名が付けられたかわいい女の子ですが、残念顔が見えません。赤い点で、ややグレーがかっているのは績美(ジーメイ)双子兄妹の兄です。

マークをつけられた赤ちゃんパンダたち


この営業部屋、ガラス越しの見学ですが、すぐ近くに赤ちゃんパンダを見ることができます。でも、人は多く、あまりにうるさく、フラッシュ禁止なのに頻繁にフラッシュが光ります。
警備が行き届いていないのも問題ですが、中国ではパンダファン以外には、見学マナーというものは存在すらしないようです。

次回も月亮産室を中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

あかちゃんパンダ
毛が生えてきてますね
雪が積もってるんじゃないんだ(笑)

生まれたてから見ると別人 いや別パンでしょうか(⌒▽⌒)

何ヶ月で普通の毛に生えそろうのかな?

Re: No title

こんにちは!

生後3か月くらいで揃う感じ?  
しばらくは毛が見たままやわらかいらしいですが。
徐々に固くなって、タワシみたいにゴワゴワになるらしいです。

生まれたてはピンクのヤモリ?みたいな感じですが
半年もするとすっかり小さなパンダになります♪
5か月くらい、木に登れるかどうか、くらいが個人的には一番かわいいと思います。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR