中国・成都パンダ基地社員食堂ランチ~一号別荘二号別荘

2016/09/24 (4日目) 続き

12:30 成都パンダ基地の一般の立ち入り禁止エリアにある社員食堂へとやってきました。
誰かの食券カードを借りて飼育員さんたちが食べるのと同じランチを頂きます。

成都パンダ基地社員食堂建物


ほとんどの飼育員さんたちは食べ終わってもう自分の職場に戻ったようで、食堂はもう空いています。トレーを持ってキッチン前に並びます。トレーにもパンダマーク、基地のものにはあらゆる所にこのマークが見られます。

成都パンダ基地社員食堂


メニューは1種類のみ、おかず3品、スープにごはん、りんごが今日のメニューです。次々に盛られますが、黙っているとすごい量を盛られます。思わずご飯は不要と言いました。何も言わないと超大盛になります。超大盛盛られた人から一口分けてもらいました。

成都パンダ基地社員食堂のランチ


食べ終わったら、残飯をバケツに捨て、軽くトレーを水で洗って返却します。
食後はパンダカフェへ行き、一休憩です。今日は天気がいいのでテラスで・・・。午前中だけでカメラの電池をかなり消耗したのでノートPCからUSBで充電しながら、パンダ雑談を楽しみます。

パンダカフェで食後の休憩


13:50 パンダカフェを出て午後は皆で、一号別荘、二号別荘、月亮産室と周る予定です。午前中のフリータイム中に周った人もいるようですが、私はこれらの場所は行ったことがないので楽しみです。幼年園や太陽産室からは少し離れていて坂を上る感じになります。途中パンダキッチンがありました。パンダケーキなどを作っている所です。

成都パンダ基地パンダキッチン


食後にはちょっとしんどい坂です。基地は広大な敷地があるので、普通の動物園のようにどこもかしこも飼育施設というわけではなく、敷地の中にポツポツと飼育施設が点在しているという感じです。この両脇は自然の山というか森というかそんなイメージです。

パンダ基地の奥へと続く坂道


14:02 一号別荘と呼ばれる飼育施設に到着です。ここは赤ちゃんパンダもいないし、入口から離れているので、見物客は少ないです。パンダはどこかな・・・?

一号別荘の51の庭


奥のパンダ舎の壁の所にいました。五一(ウーイー)です。このパンダは2006年、奇珍(チージェン)の生んだ雄パンダですが、生まれた時たったの51gしかなかったのですが、奇跡的に生き残りその出生体重からこんな名前になりました。幼年園の珍多(ジェンドゥ)のお兄さんです。世界で一番小さく生まれたパンダとして映画になったパンダです。

成都パンダ基地一号別荘の五一


その隣は、昭美(ザオメイ)、2014年に野生から保護された雌パンダですが姿が見当たりませんでした。木の上をチェックしなかったので本当はいたのかも知れませんが誰も気付きませんでした。痩せて真っ黒だったパンダも今では健康そうに暮らしていますが、元々野生だけあって警戒心が強いパンダさんで、姿を隠すのもお手の物です。

一号別荘には広い室内展示場があります。丸いパンダ舎の中へと入ります。

成都パンダ基地一号別荘パンダ舎


円形の広い室内には、双子の姉妹が暮らしています。2011年生まれの双欣(シュアンシン)、双喜(シュアンシー)です。最近改装されたばかりで、ちょっと色の濃い展示場です。見学者の声が響くのがあまりいい環境とは思えませんが、飼育下で育ったパンダたちはそれほど気にしてはいないようです。

成都パンダ基地一号別荘パンダ舎室内


双子の片割れは池のほとりで休憩中。もう片方はお食事中です。この双子姉妹は異常な程仲良しでいつもべったりしているので、このような光景の方が珍しいかも知れません。

成都パンダ基地一号別荘の双欣、双喜


14:28 少し離れた2号別荘に移動してきました。こちらは2001年、日本生まれの雄浜(ユウヒン)です。2004年に中国へ渡りましたが、海外生まれで初めてこの基地に帰国したパンダなのだそうです。雄浜は基地で勇勇(ヨンヨン)に次ぐモテパンダで、多くの子のパパになっています。

成都パンダ基地二号別荘の雄浜


この二号別荘には私が再会を楽しみにしているパンダたちがいます。2015年生まれの奥林匹亜(オリンピア)と福娃(フーワー)の双子姉妹です。昨年基地を訪れた際に最初に見たパンダ?というかその時は生後5日だったので、ピンクのパンダらしからぬ生き物でしたが・・・。あの赤ちゃんがどうなったかと調べたのがパンダにはまるきっかけでした。

現在は代理ママの慶賀(チンフー)と一緒に3頭で二号別荘に暮らしています。慶賀と一緒にタケノコ食べているのは福娃です。もうタケノコ食べられる程に成長したんですね。すっかりかわいい子パンダになっています。

成都パンダ基地二号別荘の慶賀ママと福娃


お姉さんの奥林匹亜は木に登っています。どこかわかりますか?右の方の奥の木の上にいます。結構広いお庭です。

成都パンダ基地二号別荘の慶賀と福娃とオリンピア


奥林匹亜、すごいキラキラネームです。だいたいパンダの名前と言えば漢字二文字が標準なのに、4文字というのも衝撃ですよね。もっとも飼育員さんたちには幼名で呼ばれていますが。
パンダは木の枝を噛み切ったりするのが好きなようで、庭の木はどんどんボロボロにされます。

木をいじめるオリンピア


少し遊んだら、まったりモードになった奥林匹亜。ここで寝るのかな?何をやってもかわいい年頃です。結構美人さんになりましたね。この二号別荘はライブカメラに映らないので、直接成長が確認できて大満足です。

まどろむオリンピア


次回は月亮産室をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

パンダ!

 本当に パンダがお好きですね!
 私にも 見分けられそうに思われてきます・・・
 あんなに小さく生まれて 丈夫に育つパンダ
 自然の不思議を感じています。

Re: パンダ!

すっかりパンダの魅力にはまってしまいました♪
野生のパンダでは生まれた赤ちゃんが無事に大人にまで育つ確率は
かなり低いようで、飼育下でもここまで生存率が上がるまでには
いろいろな苦労があったようです。
旅ができなくなったら、パンダレポーターになっちゃいそうです(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR