中国・成都パンダ基地幼年園(パンダ釣り)

2016/09/22 (2日目) 続き

12:37 幼年園のベテラン飼育員譚(たん)さんがパンダ釣りの準備をしてやってきました。Pandapiaスタッフがこの辺でお願いしますと私たちの所に誘導してくれます。Pandapiaはパンダ基地の協力の元、普段からパンダの撮影などを行っているので、今回のイベントのためにもいろいろと基地の協力を得てくれています。

ごーらーい(过来、おいでという意味)!大きな通る声で譚さんが叫びます。初めてこれを聞いた昨年、なんて大声で不謹慎なと思ったその呼び声です。そしてパンダの名前を呼びます。
待ってましたと七喜(チーシー)が最初に譚さんの前に座り、それを見て七巧(チーチャオ)もやって来ました。七喜はお座りして譚さんを見つめています。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りを待つ七喜と七巧


名前を何度呼んでも他の3頭のパンダが来ません。七巧・七喜は子犬がクンクン言うような鳴き声でしきりにアピールしています。パンダも2歳になると子供とはいえ危険な動物なので飼育員さんは直接庭に行っておやつをあげるような事はせず、釣りのようにしておやつをあげるのです。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りを待つ七姉妹


珍多(ジェンドゥ)と毛竹(マオジュー)、毛笋(マオスン)は何度呼んでも来ないので、七巧と七喜におやつをあげることにしました。長い竹棒の先に通称パンダケーキと呼ばれる穀類を使って焼いた月餅型の食べ物をあげます。先に七喜が取り、七巧が今口で加えようとしています。

成都パンダ基地幼年園パンダケーキをもらう七巧と先にもらって食べてる七喜


双子姉妹が仲良くパンダケーキを食べている所に、毛竹(マオジュー)が僕にも頂戴とやってきました。つい2日前に移動してしまった成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)がいた時は、おやつ争奪戦が激しかったのですが、今は他の子のを奪うことなく平和なおやつタイムです。

成都パンダ基地幼年園七姉妹のパンダ釣りに途中から加わった毛竹


パンダケーキを食べ終わると、次はみんなが大好きなりんごをもらえます。七喜、立ち上がってりんごをゲットです。このパンダ釣りはパンダの後ろ足の筋力トレーニングにもなってます。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りでりんごもらう七喜


もっと小さい頃はりんごも飼育員さんからの手渡しですが、七喜は幼年園に来る前はもらったりんごをほぼ毎日仲間に奪われていました。幼年園に来てから飼育員さんのうまい采配もあってあまり取られなくなりました。おいしいよーと叫んでいるかのようです。七巧はパンダケーキを食べるが遅いのでまだケーキを食べています。ケーキもおいしいよと言っているようです。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りでおやつを楽しむ七姉妹


七喜はりんごを満喫していますが、こうして手に持ったりんごを高々と持って食べるのが七喜の特徴です。ここに他の仲間がやってきた場合、簡単に奪うことができます。おいしそうにりんごを食べます。

成都パンダ基地幼年園りんごを堪能する七喜


パンダケーキを食べ終わった七巧と毛竹もりんごをもらいました。仲良く並んで食べています。真ん中の七喜はもう食べ終わったようですが、まだ口の中のりんごを味わっているようです。これが他の子なら先に食べ終わったら仲間を襲って奪おうとしますが、七喜はやさしい子なので他の子のりんごを取ったりすることはありません。

成都パンダ基地幼年園平和なパンダ釣り風景


そしてりんごの余韻を大事にします。胸元に落ちたりんごの破片や、手についた汁を丁寧に舐め続けるのです。毛竹は七巧のお腹に落ちている破片を拾い食いしています。

成都パンダ基地幼年園りんごの余韻を楽しむ子パンダだち


飼育員の譚さんは毛竹にりんごをあげた後、庭の奥の方へと現れなかったパンダを探しに移動しました。見物人たちも後に続いて行きます。このパンダ釣りは、大人のパンダにもやりますが、幼年園のパンダ釣りはとても人気があるのです。しばらく大好きな七喜が手を舐める姿を見た後私も後を追います。幼年園の一番奥、朝毛笋が寝ていた近くで丁度毛笋が釣られる所でした。

成都パンダ基地幼年園奥で一人で釣られる毛笋


しっかり立ってパンダケーキをキャッチしています。足腰が弱いと将来繁殖に参加できないのです。マオスンは雌ですが、特に雄は頑張らなければいけません。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りの毛笋


毛笋、邪魔する仲間もいないところで一人でパンダケーキを堪能します。残る珍多の名前をずっと呼んでいますが、どこにいるのか影も形も見当たりません。実は珍多はパンダケーキがあまり好きじゃないのかおやつに出てこない日が多いのです。

成都パンダ基地幼年園パンダケーキを食べる毛笋


毛笋、りんごもしっかりと立ってキャッチします。なかなか理想的な釣られ方です。
珍多は散々呼んだけど、結局出てこなかったのでおやつはなしです。目を凝らしてもどこにも見えませんでした。そういう意味ではパンダにはいい環境かも知れません。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りの毛笋


毛笋の釣りを見に行ってパンダ舎の近くへ戻ってみると、七喜たちはまだりんごの余韻に浸っていました。10分は同じ光景みたいですね。このまま放っておけば、七喜は30分くらいは手を舐めていると思います。

まだりんごの余韻に浸っている七喜たち


12:53 譚さんがタケノコを持ってきて、庭に投げ入れます。りんごの余韻時間の終わりです。

成都パンダ基地幼年園お昼のタケノコ追加


おいしそうにタケノコを食べ始めました。手元口元を見ずに、外側の皮を歯で抑えてすっと抜き、中身だけを食べていきます。細いタケノコなので食べる部分は少ないかも知れません。次から次へと口に運び、お腹の上には剥いだ皮が積もっていきます。

成都パンダ基地幼年園タケノコを食べる七姉妹と毛竹


次回はパンダカフェでランチ~浜家族巡り(14号別荘)をレポートの予定です♪
(コスタリカのサンホセからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、お邪魔します。
パンダの色んなしぐさがかわいいです。
なかなか見られない表情も観られました。

No title

こんばんは aya1103さん
七喜ちゃんが 喜んで
わーいわーいって言っているみたいですね。
たっち姿もいいですが
やっぱり てろんっと座っている姿に
癒しを感じます。
次のパンダカフェもわくわくでお待ちしています(*´▽`*)

Re: No title

ジャムさん、こんばんは。
子パンダならではの表情やしぐさが何ともいえないですよね~。
寝てばかりじゃないパンダ、間近で見れて感動でした!

Re: No title

イヴままさん、こんばんは♪

寝転んでる姿がなんとも言えないですよね~。イヴままさんも七喜の
ファンになっちゃいましたか?
次は白浜生まれのパンダたちが出てきますよ~。

パンダ釣り

はじめてコメント差し上げます。
タイトルがパンダ釣りとあったので、パンダのような大きな動物をどうやって釣るのかなと思ってしまいました。食べ物をさお先にぶら下げて与えるんですね。
それにしても、仰向けに横たわるなんて無防備なかぎりですね。敵に襲われたらどうするんでしょう。野生の動物では考えられないようなポーズですが、それが可愛いんですね。

Re: パンダ釣り

コメントありがとうございます♪
長い竹でエサをやる様子がまるでパンダを釣っているよう、それでパンダ釣りと
言われているのでしょうね。
仰向けポーズは本当に警戒心ないですよね。もう野生から何代にも渡って飼育パンダ
なので、こうなってしまったのでしょうか。
でも、ここにいる毛笋はいつも警戒しながら、下向いてお淑やかに食べてますね。
性格によるのかもしれません。可愛すぎるのも数が減った原因かも知れませんね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR