ドイツ・フロイデンベルク①

2016/08/09 (7日目) 続き

11:30 フロイデンベルクに到着です。ヨーロッパの美しい村30選に選ばれるなど絶景の町として最近よく名前を聞くようになってきました。カラフルな町並みが多いヨーロッパには珍しいモノトーンの町です。歴史地区の端にあるインフォメーション前でバスを降ります。
心配していた天気はどこへやら、最後に晴れてくれました。

モノトーンの町フロイデンベルクのインフォメーション前


日程上は散策45分とありましたが、ここを出たら飛行機に間に合えばいいので、14:30集合とたっぷりの滞在となりました。オススメのレストランやスーパーなどの位置が書き込まれた地図をもらいます。小さな町だし、基本自由散策ですが、まずは皆で目の前の丘、クアパーク(Kurpark)へと上がります。

フロイデンベルクのクアパークへの道


丘の階段を上がります。ほんのちょっと上っただけでも、モノトーンの町並みがきれいに見えてきました。手前の建物が、インフォメーションのある建物で、無料のトイレもあります。ここで、かわいいフロイデンベルクのエコバック1.5ユーロを購入しました。

クアパークへ上がる階段から見たフロイデンベルクのインフォメーション


クアパークは小高い丘で、広々としたきれいな公園です。景色のいい所などにベンチなどもあり、ゆっくりするのに良さそうです。

フロイデンベルクの展望スポット、クアパーク


このクアパークはまさにフロイデンベルクの展望台、歴史地区のモノトーンの町並みを一望できます。ぎっしりと同じような家が並んでいます。1666年に火災でほとんどが焼け、その時建て直した町並みが現在まで保存されているそうです。

クアパークから見たフロイデンベルク旧市街


眺めがきれいで、とても気持ちのいい丘なので、後でここで食べようと、アルファ米おにぎりに水を仕込みます。しばらくのんびりしていたら、グループの皆は先に丘を下りて行きました。こうした小さくてきれいな町は他の観光客をできるだけ目にしないで散策したいものです。

少し時間をずらして丘を下ります。丘の上からは開放感がある景色ですが、途中からの高さの眺めもいいです。ちなみに、見えている範囲がちょうどこのフロイデンベルクの歴史地区で、この写真の外側は普通の町なので、モノトーンなのは本当に狭いエリアになります。

クアパークから下りる階段で見えるフロイデンベルク全景


たっぷり時間があるので、歴史地区のすべての道を歩きましょう。と言っても、なだらかな斜面にある2本の坂道の間を4本の横道が通っているだけの集落なので、その気になれば10分で見終わってしまいます。ゆっくり歩きます。狙い通り、視界には誰もいません。

フロイデンベルクの町の中


間近で見ると、黒い木組みに白い壁、屋根はグレーと建材はほぼみな一緒ですが、1軒1軒デザインは違います。家としては大きく、複数世帯で使っているのかも知れません。日本で言うと、おしゃれなペンションみたいな建物です。

フロイデンベルクのモノトーンの家々


横道を歩いたら、ひとつ上の通りへと両脇の坂を上ります。この辺りはレストランも多いようです。

フロイデンベルクの町並み


次の通りを歩きます。同じグループの人達や町の人はどこへ行っちゃった?というくらい静かです。天気が悪かったらゴーストタウン?と思うかも知れませんが、清々しい天気なので町並みがとても素敵に見えます。モノトーンに、空の青と木々の緑がよく合います。

フロイデンベルクの家並みはどこまでもモノトーン


縦方向へは家々の間にも小さな道があり、次の横道に簡単にアクセスすることもできます。しっかりした庭のスペースはなく、ちょっとした花壇などがあるだけですが、その少ない緑がちょうどいいと思う配色の町です。

上の道にも簡単に出られる


どの道も似たような感じです。道は屋根と同じような石畳です。なんだか、ぬり絵がしたくなるような町並みです。

石畳もきれいなフロイデンベルク


見慣れてきたら、木組みの模様などを観察します。それぞれ個性があって、品がありますね。

フロイデンベルクは木組みの家


こちら右手はレストラン、どんなメニューがあるのかなと見ようとしたら、中にいる人と目があいました。同じツアーの人たちの一部は町を一通り見て、ランチをここでとるようです。
小さな町なのに、誰にも遭わずなんか置いて行かれたような気分でしたが、なるほど建物の中にいたんですね。

フロイデンベルクの町の中にはレストランも数軒


時計を見たら12:30、皆ランチの時間なのでしょうか。ほとんど人に会わないまま町を一巡です。上の方はレストランやホテルになっている建物も多いようです。その割には観光客が少なく、まだまだ穴場な所かもしれません。

モノトーンの町フロイデンベルク


次回はフロイデンベルクの後半、この旅最後のレポートになります♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たしかにきれいですね・・
ゴミひとつ見当たらない、ここまでやると潔癖症ですか?と突っ込みを入れたくなります。
それと無電柱化がスッキリ感を倍増させてますね。

Re: No title

ドイツの田舎はきれいな所が多いですね。
ここは特に景観を守ることに力入れてるんでしょうけど。
電線、最近ないことに目がいかなくなりました。
逆に、日本に戻って、電線汚い、昭和の風景だって注目しちゃうくらいです。

No title

こんにちは!

日本でもみるような

白壁の街みたいな
これはいいですね

雪の季節に 見てみたい気がします
雪国?なのかな

Re: No title

こんにちは!

ここ、冬も人気あるそうですよ!
文字通りモノトーンになりますからね。
色のない世界、ちょっと見てみたいですね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR